写真上段左より時計回りに、一宮彩夏、神楽胡音、坂東 遥、保科 凜、小波もも、豊田あさ、津代美月、成瀬みるあ、柚木ひるね

写真上段左より時計回りに、一宮彩夏、神楽胡音、坂東 遥、保科 凜、小波もも、豊田あさ、津代美月、成瀬みるあ、柚木ひるね

【Jams Collection インタビュー】
いろんな夏を詰め込んだ
ジャムズの1stシングル

“ジャムズ”ことJams Collectionの1stシングルは、モダンレトロ調で癖の強い「キケンなサンサンSummer!」と青春ラブソング「ノーヒットノーラブ」を表題に掲げたダブルAサイド。カップリング曲の「アオフィルム」「これっきりサマー」「コイハナビ」も含め、全曲“夏”がテーマになっている。それぞれの楽曲に込めた想いなどを、坂東 遥、豊田あさ、神楽胡音の3人に語ってもらった。

今までのジャムズになかった曲で
歌詞の内容も攻めている

まるごと“夏”という感じのシングルになりましたが、表題曲のひとつ、「キケンなサンサンSummer!」はインパクトの強い曲ですね。

坂東
音源をいただいて聴いた時、イントロからめちゃくちゃ衝撃を受けました。癖が強くて…特にイントロのフレーズとか、その日は寝るまでずっと頭の中で鳴っていました(笑)。レトロな感じの曲調で、今までのジャムズになかったタイプの曲ですし、新しい一面を感じてもらえるんじゃないかと思います。歌詞の内容も結構攻めています!
豊田
私も最初に聴いた時は“この曲をジャムズでやるんだ!?”って思いました(笑)。ジャムズに限らず、私が生きてきた中でこういうタイプの曲調って聴いたことがなかったから頭に残りましたし、聴いてくれた方の頭の中にも残りそうだなって。はるちゃん(坂東 遥の愛称)が言ってたように歌詞が攻め攻めで、しかも振り付けもセクシーなので、私も“新しいジャムズを見せられる!”って思いました。
神楽
昨年5月にMVを公開した「サマサマサマーはアゲアゲで!」(2021年7月発表のデジタルアルバム『ジャムズセレクション』収録曲)は楽しくてポップな感じの夏曲なんですけど、そこから一年経ったからこそ表現できた曲なのかなって。レベルアップしていて、成長を感じてもらえると思います。

確かに「サマサマサマーはアゲアゲで!」とはまた違うタイプの曲になっていますね。

神楽
《余裕っしょ》とかこれまでのジャムズにはなかった言葉遣いがあって…ジャムズはおとなしいというか、きれいな言葉を歌詞で使ってきたイメージなので、ちょっとやんちゃな感じで面白いと思いますし、かなりハジけていますね。私は歌い出しの部分を担当しているんですけど、イベントやライヴで披露する時は結構気合を入れています(笑)。
豊田
《イケナイ夏》や《ちょっと悪い子になりたい気分》とか、“そんなこと言っていいの!?”って歌詞を見た時に思いました(笑)。

MVも楽曲のインパクトに負けないぐらい個性的で。

神楽
水着と衣装に加えて、私服っぽい衣装も着て、いろんな場所で撮ったりしているのでMVもすごく楽しい作品になりました。4日ぐらいかけて撮影したんですよ。
豊田
「サマサマサマーはアゲアゲで!」と同じく沖縄で撮影したんですけど、その時は“楽しい! 夏、最高!”って感じだったのが、今回はセクシーな振り付けになっていて、全然違う雰囲気になりましたね。“ヨガのポーズをしてください”や“モデル歩きをしてください”とか撮影中にいろんな指示があって、曲を流しながら撮ってはいたんですが、“どんなふうに使われるのかな?”って仕上がりが想像できなかったので、完成したものを観て“あっ、こんな感じなんだ!”って理解しました(笑)。
坂東
A&Wというハンバーガーのお店だったり、アメリカンヴィレッジだったり、ジャムズではお馴染みのウミカジテラスっていう場所だったり、ホテルのプールだったり、前回よりも撮影場所が増えていて、それに合わせて衣装も髪型も変えていたりするし、本当に盛りだくさんって感じです。“この夏、ジャムズ攻めます!”っていう気持ちが映像にも表れているので、たくさん観てもらえたら嬉しいです。

そして、もうひとつの表題曲「ノーヒットノーラブ」。こちらはさわやかな曲になっていますね。

坂東
カキーン!ってボールを打った音が入っていたり、野球用語が入っていたりして、この曲もジャムズとしては新しいタイプの曲になっています。振り付けにバットを振る感じとか、ボールを投げる感じとかが入っているので、ライヴとかでファンの方と一緒に盛り上がりたいですね。
豊田
野球って9人ですよね? ジャムズも9人だから野球なのかなって(笑)。この曲はとにかく歌詞が可愛いんです! 《振らなきゃ始まらないロマンス》とか“誰がこんな歌詞を考えたの!?”っていうぐらい可愛くて(笑)。《9回ツーアウトサヨナラ逆転》と野球にかけて恋愛のことを書いてくれていたりするし!
神楽
3rdワンマン『燃えジャ!!!!!!!!!』(2022年6月5日@豊洲PIT)でこの曲を披露したんですけど、試合開始のサイレンが鳴って、みんなが登場して、曲が始まって、“〇番〇〜”と選手紹介のアナウンスをメンバー全員分やっていく演出もすごく楽しかったです。私、高校の時にチアをやっていて野球部の応援もしていたので、その頃のことを思い出したりしましたね。

この曲も夏のライヴやイベントで盛り上がりそうですね。

神楽
はい!(笑)
写真上段左より時計回りに、一宮彩夏、神楽胡音、坂東 遥、保科 凜、小波もも、豊田あさ、津代美月、成瀬みるあ、柚木ひるね
シングル「キケンなサンサンSummer!/ノーヒットノーラブ」【Type-A】
シングル「キケンなサンサンSummer!/ノーヒットノーラブ」【Type-B】
シングル「キケンなサンサンSummer!/ノーヒットノーラブ」【Type-C】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着