写真上段左より時計回りに、一宮彩夏、神楽胡音、坂東 遥、保科 凜、小波もも、豊田あさ、津代美月、成瀬みるあ、柚木ひるね

写真上段左より時計回りに、一宮彩夏、神楽胡音、坂東 遥、保科 凜、小波もも、豊田あさ、津代美月、成瀬みるあ、柚木ひるね

【Jams Collection インタビュー】
いろんな夏を詰め込んだ
ジャムズの1stシングル

大阪での初ワンマンで
この夏一番の思い出を作りたい

今回のシングルはType-AからCまでの3種類あって、それぞれカップリング曲が違うということで、それらの曲についてもお願いします。まずはType-Aの「アオフィルム」から。

坂東
すごくさわやかな曲だと思いました。明るい歌詞ではなく、切ない感じなんですが、曲調はアツいので、そういう意味ではこの曲も夏にぴったりだなって。
豊田
これまでもしっとり系の曲はいろいろ披露してきましたが、それらとも違うタイプだなって。切ないけど、アツく語れるというか。
神楽
この曲は野外で歌いたいと思いましたね。ファンの人たちと一緒に手をあげたりしながら。
豊田
うんうん。絶対に外でのライヴに合うと思う!

Type-Bの「これっきりサマー」はタイトルからして切ない系だと分かる曲ですね。

神楽
《Just Friend》と《Best Friend》と歌詞の中にあって、その意味を調べたんです。“Just Friend”はただの友達で、“Best Friend“は親友とかのもっと親密な関係で。なんか切ないような、どこかもどかしいような感じの歌詞なんです。でも、どの年齢の方も共感しやすい曲なのかなと思います。
豊田
私は恋愛でもあるけど、アイドルとファンの方でも当てはまる歌詞なんじゃないかなって。ファンの方との出会いにもいろんなパターンがあって、夏フェスとかで出会える人がいたりもするし。
坂東
そう! 私もそう感じました。夏の3カ月ってあっと言う間に感じたりするし、毎年違うので、その年だからこその夏を過ごせるのは特別なことだと思ったり。
豊田
うんうん。この曲も歌詞が良すぎます! レッスンの時でも泣きそうになるくらい入り込める(笑)。落ち着いている系のメロディーだけど、サビでは盛り上がれて楽しいです。特にジーンと染みる歌詞が魅力なので、じっくりと聴いてもらいたいですね。

そして、Type-Cの「コイハナビ」。

坂東
昨年の夏もライヴで披露している曲で、リリックビデオはありますけど、ずっと音源化されていなかったから、ファンの方も“やっと音源化されるんだ”と楽しみにしてくれていると思います。学生時代を思い出すような歌詞だし、“学生の時ってこういう感情だったなぁ”って感じですね。少女漫画みたいな歌詞なのでキュンキュンします(笑)。
豊田
こういう夏を経験してみたかったです(笑)。「アオフィルム」や「これっきりサマー」だと遠回しな表現をしていたりするんですけど、「コイハナビ」は大好きな気持ちをはっきりと言っていて、それがこの曲の良さだと思うんです。《主役は君だよ》とか可愛い…こんなの、学生時代しか言えないですから(笑)。
神楽
この曲の歌い出しがはるちゃんなんです。昨年から歌わせていただいてる曲ですけど、はるちゃんがお休みしている期間はライヴで披露しませんでした。最近の単独ライヴとかでは「コイハナビ」がセットリストに入っていたりするので、はるちゃんがいて、9人でこの曲を披露できるのがすごく嬉しくて! このシングルで音源化されたことで、さらに特別感のある曲になりました。

この夏曲満載のシングルをリリースしたあとは、8月21日に大阪での初ワンマンライヴとなる『4thワンマンLIVE「夏ジャ!!!!!!!!!〜大阪城の変〜」』が決定していて。

豊田
はい! 今回のシングルのリリースイベントとかも含めて、ほぼ毎月のように関西には行かせてもらっていて、大阪のファンの方もすごくアツいんですね。とはいえ、大阪での初のワンマンライヴで、しかも大阪城野外音楽堂ですからね。“ライヴに行ってみたい!”と思ってもらうことって簡単なことではないから…もうすぐですけど、たくさんの方に来てもらえるようにいろいろ頑張りたいと思っています。この夏一番の思い出を作りたいので、“ちゃんと楽しい日にするよ”と言い切れるぐらいの準備をしておきます!

さらに、来年1月にはTOKYO DOME CITY HALLでの『5thワンマンLIVE「ヤバジャ!!!!!!!!!」』も決定していますね。

神楽
私はTOKYO DOME CITY HALLに行ったことがないので調べてみたら、“何階まであるの!?”っていうぐらい大きな会場で。そこがジャムズのファンの方で埋まってたらすごい景色だろうなと思いながらも、まだそこに立っている姿を想像できないし、正直言って不安もあります。ここからの半年、今までとは比べものにならないくらい頑張らないといけないって気持ちが引き締まる感じです。

8月の大阪、来年1月の東京と大きな目標があることで、きっと大きく成長すると思っています。

坂東
ありがとうございます。ファンの方の後押しや運営さんが持ち上げてくださったおかげで、デビューからずっと勢いをキープできていると思っています。ただ、ここからも自分たちがもっとレベルアップして、パフォーマンスを観てもらって“すごい!”と思ってもらいたいですし、今の恵まれた環境に甘えず、自分たちが納得できるパフォーマンスをお観せできるように頑張りたいです!

取材:田中隆信

シングル「キケンなサンサンSummer!/ノーヒットノーラブ」2022年7月13日発売 徳間ジャパンコミュニケーションズ
    • 【Type-A】
    • TKCA-75081
    • ¥1,200(税込)
    • 【Type-B】
    • TKCA-75082
    • ¥1,200(税込)
    • 【Type-C】
    • TKCA-75083
    • ¥1,200(税込)

ライヴ情報

『4thワンマン LIVE 「夏ジャ!!!!!!!!!〜大阪城の変〜」』
8/21(日) 大阪・大阪城野外音楽堂

『5thワンマン LIVE 「ヤバジャ!!!!!!!!!」』
<2023年>
1/15(日) 東京・TOKYO DOME CITY HALL

Jams Collection プロフィール

ジャムズコレクション:人気アイドルグループが多数所属するRIZE PRODUCTIONとLIVE PLANETの2社共同プロジェクトとして、2021年3月3日にステージデビューを果たし、渋谷、原宿系を軸に、大好きな人、可愛い、カッコ良い…とみんなの大好きなものが多く詰め込まれ、男女問わず幅広く愛されるグループをを目指して立ち上げられた9人組のアイドルグループ。単独ワンマンライヴや全国ツアー等も精力的に行なう中、お披露目からわずか7カ月で夏の『@JAM』や『TOKYO IDOL FESTIVAL』等大型アイドルフェスでメインステージに立ち、22年2月にメジャー第一弾となるミニアルバム『JamMode』をリリース。Jams Collection オフィシャルHP

「キケンなサンサンSummer!」MV

「キケンなサンサンSummer! 」
【LIVE映像】-2022/6/5-豊洲PIT

「恋とテストと缶ジュース 」
【LIVE映像】-2022/6/5-豊洲PIT

「アオフィルム 」【LIVE映像】
-2022/6/5-豊洲PIT

「スニーカーヒーロー」【LIVE映像】
-2022/6/5-豊洲PIT

「絶対必勝ラブゲーム」【LIVE映像】
-2022/6/5-豊洲PIT

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着