vistlip、1年越しのZepp Tokyoワンマ
ン開催 14周年をファンとともに祝う
七夕の夜

vistlip「14th Anniversary LIVE BJ」 2021.07.07 Zepp Tokyo
毎年七夕の日にはZepp Tokyoでライブを開催してきたvistlip。コロナ禍に阻まれ開催できなかった昨年の雪辱を果たすべく、2021年7月7日に、14周年を祝うワンマンライブが開催された。
vistlipのファンにとって「七夕」と言えば「Zepp Tokyo」である。2009年から「-OZONE-」の歌詞にある「約束をした待ち合わせ場所」になぞらえて、毎年Zepp Tokyoで周年ライブを開催しているのだ。七夕には必ず、歌声を聴かせてやる…そんな約束が、ファンとvistlipの間にはあったように思う。
2020年、コロナ禍に阻まれて中止となってしまったvistlipの13周年ワンマンライブ。2011年以降vistlipが七夕にライブを行えなかった初めての年が2020年になった。奇しくも4度目の緊急事態宣言が発出される直前というタイミングで開催された2021年7月7日のライブ、来たくても来れなかったという人もいたことだろう。そんな人のためにも、できるだけ詳細にレポートをしていければと思う。
ライブエンターテインメント業界では恒例になっているかもしれないが、ライブ前のアナウンスで「どこまでの応援行為が可能です」というレギュレーションが示される。この日は「ヘドバンするなら髪の毛をくくってから」「声援はダメだけど、手拍子で応援してください」「ジャンプもOK」といった注意事項がアナウンスされた。ヴィジュアル系は特に激しい振り付けなども多いため、会場によってどれくらいの行為が許されるのか、事前にレギュレーションが公開されていることが多い。暗転した会場に虹色のレーザーが散りばめられ、SEが流れ始めた際には、ファンもしっかりレギュレーションを守り拍手でお迎え。
1曲目の「John Doe」が鳴り始めると、手をヒラヒラさせる手扇子でステージへの熱を伝えていた。「EDY」ではYuh(Gt)が早速フライングVに持ち替えてギターソロを披露。たくさんのキッズの手が挙がり、プレイに釘付けに。彼のギターヒーローぶりを体現した形になった。
Yuh(vistlip)
「CRACK & MARBLE CITY」では智(Vo)が客席にマイクを向け、拍手を煽るシーンも見られた。「Act」「Antique」と続き「Sara」ではメンバーもステージ前に出てきて情熱的なステージング。客席も折りたたみで応戦した。
間に挟まれたMCでは「今日は雨が降ってないね! 毎年必ず雨なのに(笑)」と智が話す。vistlipの七夕ライブではここ数年必ず雨か曇、晴れだったことは数えるほどだったと記憶している。この日は珍しく晴天。1年ぶりのライブに誰かが気を利かせてくれたのか?と思いたくなるような天候だった。「去年分も愛し合おうぜ」という智の煽りから「Pavé au chocolat」へ。「後ろまで見えてるからな!」とアピールするステージに、客席も大きくジャンプ。「Dead Cherry」「Hameln」といった定番の曲たちも演奏され、声の出せないライブに少し固さが見られた客席も徐々にボルテージが上がってきた様子だ。
海(vistlip)
この日のライブは全席指定の席あり形式だった。今までのvistlipのZepp Tokyoライブで座席を作ったことはなかったはずなので、この日初めて見る客席の様子に新鮮そうなメンバーたちの様子も見られ、智から客席に「たまには座って観てみる?」との提案。かくして『ミミックの残骸』から着席スタイルでのライブ観戦となったわけだが、これはこれで落ちついて観られていいな、と思った人も少なくないのではないだろうか? 瑠伊(Ba)からも「客席があるの初めてだけど、すごく新鮮でいいね!」と喜びのコメントがあった。
瑠伊(vistlip)
ちなみに、この曲で歌い出しをトチった智がお詫びのサービスで1フレーズアカペラで歌い上げたことをここに記しておこう(笑)。「TELESCOPE CYLINDER」「chapter:ask」と演奏して、着席タイムを満喫したら「いつまで座ってんだよー!」と煽られる。周年ライブという目一杯カッコつけるステージでも、こうした自然体を見せられるのはvistlipの良いところだと筆者は思う。
途中、MCタイムにYuhから「悪いけど、スマホのWi-Fi設定を【設定画面】から切っておいてくれる? ギターの電波に干渉するから…」とお願いがあった。アンプやイヤモニに影響するブツブツ音がずっと気になっていたというYuhからのお願いで、客席全員スマホ操作タイムとなり、無事機材トラブルは解消した様子。海(Gt)のギターには影響がなかったらしいが、ステージに最大限のパフォーマンスを出してもらうために、やはり電源は開演前に切っておくべきだと再認識したエピソードだった。
機材トラブルも解消され、ライブは後半に入りボルテージを上げ暴れ曲の定番「FIVE BARKIN ANIMALS」へ。「DANCE IN THE DARK」ではお立ち台で踊る智やTohya(Dr)に向かい合ってプレイする瑠伊など、ステージも暴れ倒す。「Timer」「星一つ灯らないこんな夜に。」とアップテンポの曲目を立て続けに演奏し、ステージも客席もボルテージは最高潮に。声援こそ送れないものの、その分全身で応援を送る客席の様子に、智も「“暴れたがり”が多いからね」と笑っていた。
智は「このコロナ禍で、音楽業界の失ったものも大きいと思う。でも、そんな中で俺たちがvistlipという看板を背負わせてもらっているのは、俺たちが…というよりも、看板背負わせてくれる、応援してくれてるみんなに感謝したいんだ」と話す。
智(vistlip)
コロナ禍のさまざまな影響で潰れていったバンドがたくさんあることは、誰もが認識するところだろう。「不要不急」と呼ばれ、クラスターも出ていないのに感染拡大の場としてライブハウスを目の敵にされ…ライブエンターテインメントの場がさまざまな逆境にあってなお、いろいろな方法でバンドを支えようとしてくれるファンがいるからこそ、バンドは安心してライブができる。
ファンへの想いを綴った「GLOSTER IMAGE」で「逃げも隠れもしないさ 歩ける足が在るなら ここまで会いにおいで」と呼びかけ「Heart Ch.」では「お前らの好きなバンド、かっこいいだろ!?」と叫んでみせた。そして「LION HEART」の海のマイクタイムで大暴れし、本編は幕を閉じた。
Tohya(vistlip)
余談だが、ファンにとっても、vistlipにとっても、この日のワンマンライブはとても大切な節目になるものだった。なぜかというと、Zepp Tokyoという会場が2022年にはお台場の再開発によってなくなってしまうと噂されているからだ。10年間毎年同じ会場で欠かさず過ごしてきた七夕が、もうZepp Tokyoでできなくなってしまうのか…。そんな思いはきっとバンド側もファンも同じく持っていて、だからこそこの日のライブをとても大切に思っていた。
アンコール1曲目はそんな万感の想いのこもった「-OZONE-」。「Zepp Tokyoはバンドにとって、夢の第一段階みたいな場所。俺たちは、この場所に毎年立たせてもらう権利をファンのみんなにもらっている。幸せだと思うよ」そう智は語る。
vistlip
「vistlipは危ういバンドなんだと思う。こんなバンドに何年もついてくるの、ファンのみんなも大変だったと思うんだ。でも、みんなが会いたいって思ってくれるバンドでい続けられるように、俺たちも頑張るから。これからもたくさん、支えてください」
そして本当のラストソングである「July VIIth」へ。青いペンライト、サイリウムが客席で次々と灯り、幻想的な景色が広がる。毎年変わらないこの景色を、次の七夕はどこで観られるのか。少し気が早いが、2022年の七夕にはvistlipも15周年だ。節目のライブをどこで開催するのか、今から期待しておきたい。
また、ライブ後にファンに朗報も告知された。2020年コロナ禍で中止になった“幻の13周年ライブ”が、10月17日にZepp Tokyoでリベンジ開催されることが決定したのだ。おそらくZepp Tokyoにvistlipが立てるのは最後になるだろうか? それだけに、どんなライブになるのか期待が高まる。10月のZepp Tokyoで再びvistlipの姿が見られるのを、楽しみに待っていることにしよう。

取材・文=戸崎友莉 撮影=nonseptic

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着