L→R カイ、ユーキ、リョウガ、タクヤ、タカシ

L→R カイ、ユーキ、リョウガ、タクヤ、タカシ

【超特急 インタビュー】
激動の2020年に遂げた進化を
3種のライヴで表した映像作品

原点であるフリーライヴでの想いを
ストーリーの頭に入れ込みたかった

2日目は“超特急のキズナ物語”をテーマに、デビュー曲「TRAIN」での幕開けとなりましたが、それで衣装も当時をオマージュしたものにしようと?

タクヤ
はい。打ち合わせに行って、セットリストを見たら「TRAIN」ってあったので、最初だけはすぐに決まりましたね。新規の8号車は“これがデビューの衣装なんだ!”って新鮮な気持ちになれるだろうし、ずっと応援してくれている方々は懐かしい気持ちになるのと同時に、その成長過程も感じられると思ったので。曲を耳で聴くだけじゃなく、衣装を目で見ることでも、はっきりとストーリーを伝えられるものにしたかったんですよね。
カイ
そう言えば、実は登場前の“We Are The BULLET TRAIN!”っていう全員でのかけ声も録音じゃなく生声なんですよ。

そこまで臨場感を大事にしたということは、2曲目の「gr8est journey」でユーキさんが“超特急という名前だけでも覚えて帰ってください!”と煽っていたり、次の「Burn!」でカイさんが“超特急を初めて知った方も一緒に踊って!”と言っていたのも、超特急の始まりを再現していたんでしょうか?

ユーキ
そうです。「gr8est journey」に乗せて、僕たちのワクワクする旅がこれから始まるよってことを伝えながら、結成当初のフリーライヴで通りすぎる人たちにいつも言っていた言葉を入れたんですよね。フリーライヴは僕たちの原点だから、その時の想いをストーリーの頭に入れ込みたかったんです。
カイ
で、「Burn!」はフェスで強くなった曲なんで、フェスでやっていた煽りを入れました。
タクヤ
いやぁ、そこまで考えているなんて、うちには天才がいますね!

「Burn!」に「バッタマン」と超特急の奇抜な個性を確立した曲が続き、「need you」以降の中盤にはピンクのドレスを着た女性が登場しますが、ここで象徴しているのは8号車との出会い?

ユーキ
そう取ってもいいですし、人それぞれの解釈によりますよね。「refrain」とか「Snow break」といった切ない系のセットリストに超特急の歴史を照らし合わしてもらえれば。
タカシ
そこは考察し甲斐のあるところですね。

とはいえ、ドレスの女性が振り向いたらリョウガさんだったというオチが衝撃的で! 8号車の驚きと喜びようもかなりのものでしたが。

リョウガ
まぁ、ある意味で観せ場でもありますからね。いいんですよ、8号車が喜んでくれれば、僕は何を犠牲にしても。
タクヤ
このストーリーの中でもひとりひとりをフューチャーする場面があって、リョウガなら女装と「Snow break」のソロダンス、僕とユーキが「Beautiful Chaser」のバトルで、カイは「小さな光」の冒頭ソロ。その曲の後半はタカシがひとりで歌うって、ちゃんと考えられているんです。
カイ
「Snow break」から「Beautiful Chaser」、さらに「小さな光」ってアップダウンが激しすぎて、どういう気持ちでいればいいのか分かんない!
ユーキ
歴代で一番情緒不安定なセットリストって8号車には言われているからね。

まさに「Beautiful Chaser」で地獄に落ちた魂が炎の中で争い、「小さな光」で浄化されて天国へと昇るようなドラマチックな展開に、本当に目が釘づけになりましたよ。

ユーキ
はい。一度落ちた闇からひとつの光を見出して、再びメンバーが決意を固めていくという流れですね。
カイ
センターステージを囲んで炎がバンバンあがる演出は無観客だからできたと思う。有観客だったら8号車のタオルとかちょっと燃えてたかもしれないくらい、今まででダントツに熱かったですね。初日の「PAPAPAPA JUMPERS」は、逆にドライアイスの煙で凍えそうだったのに!
タカシ
間奏の時とか、ヴォーカルはじっとしてなきゃいけないからヤバかった。もう、レザーの上で焼肉が焼けるかと!
リョウガ
生地も生地だし、衣装が溶けるかと思ったよね。 
タクヤ
衣装はちょっと失敗しましたね…。フェイクレザーなんで、熱を外に逃がせないんですよ。ちなみに僕とユーキのバトルは『NARUTO』のナルトとサスケです。絶対に僕がサスケです!

いや、あの決戦はアツかったです。そこに差し込んだひと筋の光をカイさんが触れて、「小さな光」が始まりますが、超特急ライヴでの披露は初めてでは?

タカシ
そうです。今まで僕のソロライヴでしかやったことがなかったので、メンバーみんなのパフォーマンスを観て歌えるのは、やっぱり気持ち良かったですね。
カイ
ただ、僕らへの振り入れは急に始まったんですよ。何の前触れもなくリハ中に“カイのソロからいきまーす!」って言われ、“…え?”って。あれはヤバかった!
タクヤ
パンクだよね(笑)。
ユーキ
そんな超特急のストーリーも14曲目の「Asayake」で終わって、そのあとは冬を味わいつつ、ライヴを楽しむっていう雰囲気に切り替えています。「超ネバギバDANCE」は初のオリコン1位曲という意味もありますけど、カイがずっとやりたいって言っていたので。
カイ
「ネバギバ」推しなんです!(笑)

その後「超えてアバンチュール」に、前日にお披露目された「キズナアルゴリズム」と、新旧のハイテンションライヴチューンが並んだのもファンとしては嬉しい展開でしたね。

ユーキ
「キズナアルゴリズム」も変顔がないだけでカオスですからね。上下運動が多いので大変ではあるんですけど、遊びもいっぱいあるし、やっていて楽しいです。
カイ
でも、さすがに“ここで「キズナ」か~!”ってなったなぁ。
タクヤ
「超えてアバンチュール」は毎回やりすぎなんですよね。だから、「キズナアルゴリズム」はそうならないでほしい。
カイ
まぁ、やっても序盤かな?

毎回この流れはキツいかもしれませんね。でも、3日ともやった曲は最新シングルの「Asayake」と、そのカップリングの「What’s up!?」と合わせて3曲だけですから、「超えてアバンチュール」の強さは相当ですよ。

タクヤ
完全に超特急ライヴの定番曲になっちゃってますよね。
ユーキ
ちなみに「What’s up!?」はこんな時期だからこそ、みんなに元気を与えられる曲をやりたいってことで入れていました。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着