L→R ヤガミ・トール(Dr)、今井 寿(Gu)、櫻井敦司(Vo)、樋口 豊(Ba)、星野英彦(Gu)

L→R ヤガミ・トール(Dr)、今井 寿(Gu)、櫻井敦司(Vo)、樋口 豊(Ba)、星野英彦(Gu)

【BUCK-TICK リコメンド】
この環境下で
生まれるべくして生まれた
不幸を振り払うお守りのような作品

“アブラカダブラ”は
疫病退散の呪文の言葉

 アルバムタイトルについて曲が出揃った頃の今井からは“まったく何も思いついてない”と聞いていたが、「ユリイカ」で櫻井が綴った歌詞の中から、今井自身が“ABRACADABRA”に決めたという。その真意はまだ今井本人に訊けてはいないが、この「ユリイカ」はコロナ禍による自粛期間中、モヤモヤとしてきた気持ちをぶっ飛ばしたくなった今井が急遽最後に作った曲。この曲も櫻井と今井とのかけ合いが高揚感を煽るツインヴォーカル曲で、詞もふたりによる共作だ。その中で、櫻井は“疫病退散”の呪文であると知った上で、この“アブラカダブラ”という言葉を歌詞に用いた。レコーディング自体はコロナが蔓延する以前に7割方完成していたし、櫻井自身も創作において“コロナの影響を受けたくなかった”と語っていたが、このタイトルが掲げられたことで、やはり今作はこの環境下で生まれるべくして生まれた作品だと言える。
 デビュー33年目のBUCK-TICKが放つ22枚目のオリジナルアルバム『ABRACADABRA』は世界にも通用する魔法の言葉で不幸を振り払ってくれる、お守りのような作品になることだろう。ちなみに偶然重なったゾロ目が気になったのでスピリチュアルカウンセラーの友人に尋ねたところ、数秘術でいうところの“33”の数字を持つものは“宇宙規模のスケールで愛のムーブメントを巻き起こす”存在であり、“22”という数字は“限りなく多くの人に対して役立つことを考える、見えない世界を形にするカリスマ”を表すのだそうだ。今のBUCK-TICKと、その最新作『ABRACADABRA』をずばりと言い当てているような気がするし、この言葉通りになってほしいとも思う。

 そんな今作の発売日の9月21日には無観客生配信ライヴ『ABRACADABRA LIVE ON THE NET』の開催が決定している。配信では貴重なメンバーインタビュー動画も交えるなど、普段のコンサートとは趣のことなるスペシャルな内容となる。また、9月26日の東京・立川ステージガーデンを皮切りに全国23会場でフィルムコンサートツアー『TOUR2020 ABRACADABRA ON SCREEN』も実施。このフィルムコンサートツアーでは通常のコンサートツアーで使用する音響機材を使って、映像だからこそできるパフォーマンスや演出で魅せてくれる。本来ならば生の演奏で新曲群を聴きたいところだが、その楽しみはこの『ABRACADABRA』の呪文が効いた頃までとっておこう。まずはこのツアーでBUCK-TICKの最新形を堪能したい。

文:大窪由香

アルバム『ABRACADABRA』2020年9月21日発売 Lingua Sounda/Getting Better Records
    • 【完全生産限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
    • VIZL-1787
    • ¥5,500(税抜)
    • 【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
    • VIZL-1788
    • ¥5,000(税抜)
    • 【通常盤】(SHM-CD)
    • VICL-70244
    • ¥3,000(税抜)
    • 【完全生産限定アナログ盤】
    • VIJL-60228〜9
    • ¥4,500(税抜)
    • ※2LP
    • 【完全生産限定カセットテープ】
    • VITL-70244
    • ¥2,800(税抜)

ライヴ情報

『ABRACADABRA LIVE ON THE NET』
9/21(月) 無観客生配信ライヴ
OPEN 配信プラットフォームにより異なります  START 19:00
<視聴チケット料金>
■FanStream
・一般視聴チケット:¥5,000(税込)
・FC会員/モバイル会員向けチケット:4,500円(税込)
・グッズ付きチケット(一般向け)12,000円(税込)送料別
・グッズ付きチケット(FC会員/モバイル会員向け):¥11,500円(税込)送料別
・視聴ページ:https://tixplus.jp/feature/bucktick_200921/  
※アーカイヴ配信:2020年9月23日(水)18:00〜2020年9月29日(火)23:59まで
■ニコニコ生放送
・通常価格:5,000ポイント(税込¥5,000)
・ニコニコプレミアム会員価格:4,400ポイント(税込¥4,400)
・視聴ページ:https://live.nicovideo.jp/watch/lv327784570
※タイムシフト配信:2020年9月28日(月)23時59分まで
■ZAIKO
・通常価格:¥5,000(税込) 
※チケット購入時、別途ZAIKO購入手数料がかかります
・視聴ページ:https://buck-tick.zaiko.io.
※アーカイヴ配信:2020年9月28日(月)23時59分まで
■PIA LIVE STREAM
・通常価格:¥5,000(税込)
・視聴ページ:https://w.pia.jp/t/bucktick-pls/
※アーカイヴ配信: 2020年9月28日(月)23時59分まで

◎特設サイト:https://buck-tick.com/feature/livestreaming_202009

『TOUR2020 ABRACADABRA ON SCREEN』
9/26(土) 東京・立川ステージガーデン
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
10/03(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
10/04(日) 広島・広島上野学園ホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
10/09(金) 群馬・高崎芸術劇場 大劇場
1回目:OPEN11:30 START12:30
2回目:OPEN17:30 START18:30
10/11(日) 栃木・宇都宮市文化会館 大ホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
10/18(日) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
10/24(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
10/25(日) 東京・昭和女子大学 人見記念講堂
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
10/31(土) 宮城・仙台サンプラザホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
11/01(日) 東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
11/03(火・祝) 京都・ロームシアター京都(京都会館) メインホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
11/07(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール (旧:名古屋市民会館)
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
11/08(日) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
11/12(木) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
OPEN17:30 START18:30
11/21(土) 岡山・倉敷市民会館
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
11/22(日) 香川・サンポートホール高松 大ホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
11/27(金) 東京・中野サンプラザホール
1回目:OPEN12:30 START13:30
2回目:OPEN17:30 START18:30
11/28(土) 東京・中野サンプラザホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
11/29(日) 千葉・千葉県文化会館 大ホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
12/04(金) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
OPEN17:30 START18:30
12/06(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
12/11(金) 長野・ホクト文化ホール 中ホール(長野県県民文化会館)
OPEN17:30 START18:30
12/12(土) 石川・本多の森ホール
1回目:OPEN12:00 START13:00
2回目:OPEN17:00 START18:00
12/19(土) 大阪・グランキューブ大阪 メインホール
OPEN17:00 START18:00
12/20(日) 大阪・グランキューブ大阪 メインホール
OPEN17:00 START18:00
12/26(土) 大阪・グランキューブ大阪 メインホール
OPEN17:00 START18:00

BUCK-TICK プロフィール

バクチク:1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続ける。不動であり孤高であるその姿は、後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。89年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。BUCK-TICK オフィシャルHP
Lingua Sounda LABEL SITE
BUCK-TICK オフィシャルYouTubeチャンネル
『ABRACADABRA』スペシャルサイト

「MOONLIGHT ESCAPE」MV

『ABRACADABRA』先行視聴トレーラー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着