JUN(from U-KISS)、初のソロライブ
でSOLIDEMO、宮脇詩音とコラボ

U-KISSの末っ子・JUNが4月8日、自身初のソロイベント<JUN(from U-KISS)1st Event 2019 〜Phenomenal World〜>最終公演を東京・SHIBUYA TSUTAYA O-EASTで開催した。
同イベントは、4月10日に発売されるソロデビューシングル「Phenomenal World」を引っ提げて行われたもので、4月6日には松下IMPホール(大阪)でも開催された。一部と二部で構成が異なり、一部はトークを中心にゲームやミニライブでファンを楽しませ、二部はアンコール含め全15曲のライブパフォーマンスでJUNの魅力を余すことなく披露した。
U-KISSのセクシーなダンスナンバー「All of Tonight」で二部のライブを勢いよくスタートさせると、続けて2014年にJUNがU-KISSに合流した時のナンバー「Love On U」を成長した姿で披露し、ソロデビューシングルのカップリング曲「Never too late」を優しく軽やかに歌いあげ、会場を一気にJUNの世界へと誘った。さらに、自身のお気に入りの楽曲として、「Happiness」(シェネル)、「存在証明」(ReN)をカバーするなど、JUNにとって初の挑戦も。
最終公演となる東京公演二部のみ、楽曲のコラボレーションでも親交のあるSOLIDEMOの佐々木和也、手島章斗、そして歌手の宮脇詩音をスペシャルゲストとして迎え、コラボレーションを実現させた。宮脇詩音が登場すると、アメリカのラッパー・AKと3人でコラボレーションしたグローバルソング「Don’t Know Why」をJUNとともに披露。さらにU-KISSのキソプが作曲した「Ready for U」を日本語バージョンで歌い上げ、二人の絶妙なハーモニーが会場を包み込んだ。
ダンサーが登場しソロデビューシングルのタイトル曲「Phenomenal World」をキレのあるパフォーマンスで披露すると、続けて佐々木和也、手島章斗が登場し、コラボレーション曲「ABSTRACT」と、JUN&イライのユニット曲「Face Off」を3人で力強く歌い上げると会場のボルテージは最高潮に。

自身初のソロライブにJUNは「一人でやることに不安もありましたが、皆さんのおかげで今日この日を迎えられて、絶対に忘れられない思い出になりました。ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べた。JUNは7月6日に韓国で初となるソロファンミーティングの開催することも決定している。
写真◎田中聖太郎写真事務所

JUN(from U-KISS)ソロデビューシング
ル「Phenomenal World」

2019年4月10日発売

[CD+DVD] AVCD-94389/B ¥1,944(税込)
[CD only] AVCD-94390 ¥1,080(税込)
[イベント・mu-mo盤] AVC1-94278 ¥3,240(税込)フォトブック付き・ピクチャーレーベル仕様

収録曲:「Phenomenal World」、「Never too late」

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。