【連載インタビュー】gibkiy gibkiy
gibkiy、aieが語る「一緒に血を流す
人」

kazuma(Vo)、aie(G)、kazu(B)、sakura(Dr)といったメンバーからなるgibkiy gibkiy gibkiyが8月9日、2ndアルバム『In incontinence』をリリースする。1stフルアルバム『不条理種劇』より約1年半ぶり、1stシングル「I LOVE YOU」より約1年ぶりとなる渾身の『In incontinence』は、全国ツアーや数々の大型イべント出演を経て進化と深化を遂げた彼らの最新作となるもの。リーダーのsakura曰く「ある意味においては、これが4人の1stアルバム」だという濃厚なサウンドが渦を巻く。BARKSは錚々たるメンバーの音楽背景に迫りつつ、枠に収まり切らない刺激と精度の高さといった相反するサウンドが共存した『In incontinence』を解き明かすべく、4週連続パーソナルインタビューをお届けする。初回のkazumaに続き、その第二弾はギタリストのaie。
kazumaと組んだhighfashionparalyze。このヴォーカルとギターのみの編成から、4ピースになったロックバンドがgibkiy gibkiy gibkiyだ。現在、the god and death stars、KEEL、THE MADCAP LAUGHSというバンドを併行するaieは、gibkiy gibkiy gibkiyを「ビジネスではない」と語る。彼の表現者としての表情の変化を読み解いていきたい。
   ◆   ◆   ◆
■野蛮というか野性的というか
■出しているのは本能です
──2ndアルバム『In incontinence』収録全10曲の原曲はaieさんですか?
aie:僕とkazumaさんが2人で作って、それをメンバーに投げて、と言う感じです。
──aieさんの中ではkazumaさんと一緒に作る時に、何かテーマのようなものはありますか? 他のバンドでも曲作りをしていますが、gibkiy gibkiy gibkiyならではの意識って?
aie:kazumaさんの好きそうな感じっていうか、コード進行は意識してるかも。僕が歌うなら全然違う曲になるけど、kazumaさんが歌うし、一緒に何年かやっててどういうのが好きかも分かるから。それ用の曲を作って、kazumaさんに、“コレどうですか?”って聞いてノッてきたらそれが曲になっていく。“じゃあこういう展開にしましょう”ってザックリ決めて、それをkazuさんとsakuraさんに渡す感じですかね。
──そこからスタジオで合わせながら曲になっていくわけですね。じゃあ、kazumaさんありきの曲作り?
aie:かなぁ? 例えば他のバンドだとギターで弾き語り状態にしてるんですけど、その歌がないバージョンの1個前というか。“もしかしたらkazumaさんはここは歌わないかもしれない”とか、“この曲自体「歌わない」って言うかもしれない”とか。それで枝分かれ出来るようなプロトタイプっていうか。
──原曲というよりもっと前?
aie:原液というか……kazumaさんと2人でやってるhighfashionparalyzeの状態を作っておいて投げる。
──なるほど。highfashionparalyzeを言葉で説明するならどんな音楽ですか?
aie:やっている側の気持ちとしては、バンドとあんまり変わらない。kazumaさんも変わらないって言ってるんだけど、俯瞰で見ると普通ではないじゃないですか。アヴァンギャルドではあるとは思うんですけどね。
──今回の『In incontinence』は、どんなアルバムになったと思いますか?
aie:highfashionparalyzeは2人だからお互いが目立ちますけど、50%50%じゃないなと思っていて。例えばkazumaさんが血を流す人だとしたら、僕はそれを拭く布っていう感じなんです。でも、gibkiy gibkiy gibkiyだと一緒に血を流す人になってるのかな? 感覚としてそういう違いがある。
──拭く布から一緒に血を流すっていうものに変わってきた?
aie:そうだなぁ。kazumaさんが野生的なものだとしたら、それをキレイに見せるための檻でなきゃいけないのかもしれないですけど、わりと同レベルで野蛮かな? 最近ライヴをやってて自分もそう感じますね。野蛮というか野性的というか本能っていうか。「難解なことやってるね」って言われるんですけど、そうでもなくて。その場でsakuraさんのビートが変わったら、それに合わせて即興じゃないですけど合わせていく。身体が反応するだけで毎回同じライヴではない感じになってて。やってて楽しいんですよね。出しているのは本能ですね。
──その本能での表現が詰まっているアルバムが『In incontinence』という感じなんですか?
aie:そうですね、たぶん今回は。前作もそうですけど、僕も幾つかバンドをやっていて、このバンドのお金だけで生活しているわけじゃないので、媚びなくていいっていうか。迎合しなくていいっていうか、こんなのが聴きたいんでしょ?っていうのに合わせなくていい。「gibkiy gibkiy gibkiyが好き」って言ってくれる人のために曲を作ることはないし、「嫌い」って言われたとしても、「どうぞ、こっちは好きでやってるので」と。
──ビジネスではない?
aie:そうですね。ビジネスじゃないですね。
──趣味っていうレベルではないと思うのんですけど、創作集団?
aie:画家でいえばゴッホみたいな。死ぬまで絵は描いてるけど、結局誰も見向きもしない。だけど、命をかけて絵を描いているじゃないですか? そういう感じかな?
──耳を落として?
aie:そうそう、まさにゴッホかも。ピカソみたいに生きてる時から認められちゃってるのもいいと思うんですけど、それにも憧れるし。
──病んでない? 大丈夫?
aie:全然病んでないです(笑)! gibkiy gibkiy gibkiyのこと嫌いでもかまわないし。売れないから辞めようってバンドでもない。
──売れてる/売れてないは関係なしに、今、aieさんがgibkiy gibkiy gibkiyに感じている魅力って何ですか?
aie:カッコいいなって思ってますね、音楽も佇まいも、ロックバンドとして。シルエットすらカッコいい。さっきの迎合しないって話と同じになるけど、空気読まない感じっていうのがカッコいいなって。そういうロックバンドが多かった街に生まれて、そういうシーンでやってきましたけど、その原点かな。
──なるほど。
aie:こういうバンドがやりたい、こういうバンドがカッコいいなと思って、どんどん……。それこそ当時は人に合わせたり、会社に合わせたり、“ポカリのCMっぽい曲を作ってくれ”と言われて、どんどんそういうふうになっていたのが、我に返ったっていうかね。
■ギターを聴け!じゃなくて
■音っていうか存在っていうか
──aieさんの音楽ルーツを教えてください。こんな前衛的なことをやってるのに、CHAGE and ASKAが好き(※BARKS内“the god and death starsインタビュー”参照)という意外性を伝えたいんです。
aie:チャゲアスのアルバムは全部聴いてますけど、ASKAさんはクレイジーな人だと思うんですよ。歌詞もメロディもコード進行も。
──ギターヒーローは? 布袋寅泰さんじゃないですよね。
aie:布袋はkazuさんですよ! 僕が圧倒的な影響受けているのは、曲やギター全てで言えば高野哲さんですかね。
──具体的にどんなところに惹かれるの?
aie:カート・コバーンもそうなんですけど、難しいことをやらない。例えばギターの弦1本弾くだけをずっとやってるんだけど、それだけで成立してて、真似出来ないっていうか。今日ギターを始めた人でも弾けるんだけど……僕のギターはほぼそうなんですよ。大体1日あれば全部覚えられるくらいのギターしかやってないですけど、でも出来ないでしょ?っていう感じ。そういう人に憧れるっていうか。
──高野哲さんが自分のやりたいことを形にしている?
aie:そうだなぁ、例えばX JAPANを見て、俺もバンドやりたいって思った瞬間に似てるっていうか。哲さんのギターを聴いた時に、コレだ!って思った。
──哲さんがギター&ヴォーカルになる前にaieさんはギターを持ってますよね? その時にはギターヒーローっていなかったの?
aie:その時は、カート・コバーンとレッチリとか、ベタにそういう人たち。やっぱりギタリストっていうよりは、ギタリストじゃない人が弾くギターが好きだった。ヴォーカリストが弾くギターの音とかフレーズとか。
──ギタリストではなくて、ヴォーカリストが弾くギター?
aie:音っていうか存在っていうか。ギターを聴け!じゃなくて、歌があってのギター。だからずっと……最近は違いますけど、deadmanとかthe studsまでは僕、ほぼギターソロって弾いてないんです。要らないと思ってて。
──たまにちょっとあると、凄く照れくさそうに弾いてますよね。
aie:元々は歌の邪魔にならないギターが好き。3ピースのバンドのギターの音が好きだったり。
──要するにヘヴィメタル的なギタリストではない?
aie:そこも通ってきましたけどね。ギター雑誌『ヤングギター』も買ってたりしてましたから。
──今、改めてソロを弾くようになったのは?
aie:gibkiy gibkiy gibkiyでL'Arc-en-CielのKenさんのイベント<PARTY ZOO>に出て、あらゆるギタリストたちがギターの話をしてるのに参加して、すげー刺激を受けました。その辺からですよ、俺がギターソロ弾くようになったの(笑)。ギターを始めてバンドやろう!って高校生が一番最初に覚えるスケールってあるんですよ。それを俺は去年やっと覚えたんです、本当に。なので、この1年間はそれひとつで凌いでますね。the god and death starsもKEELもgibkiy gibkiy gibkiyもそうなんですけど、俺ギターソロ全部一緒ですからね。そのスケールひとつしか、今、覚えてないから(笑)!
▲<PARTY ZOO ~Ken Entwines Naughty stars~>2016年9月〜10月
──いいですね。ギタリストに触発されて、ギターソロって。
aie:カッコいいなって思ったし、そこでDuran(Made in Asia稲葉浩志のツアーにも参加)ってギタリストと知り合ったんですけど、去年知り合った人の中で一番影響を受けたと思う。ドキューン!と。わぁ、こんなカッコいいギタリストいるんだって。DuranのYouTubeチャンネルを観て、ギターを弾いたり。それから練習するようになりましたね。その映像の中に“Duranはどういう練習をしているの?”みたいなのがあって、俺もやろう!と思って(笑)。
──そういうのがgibkiy gibkiy gibkiyの新しいアルバムにも反映されているってことですね?
aie:……されてないかな?
──あ、それは違うの? それが反映されているのはKEEL?
aie:the god and death starsかも。gibkiy gibkiy gibkiyではそういうことを気にしないかも。もっと原始的に体が動くことがメインなので。俺、ギターソロは事前に用意しておかないと出来ないタイプだから(笑)。ちゃんとギターソロを考えているっていうのでは、the god and death starsかな。
──gibkiy gibkiy gibkiyの楽曲を形にしていく中で今回、ギタリストとしてのこだわりが詰まっているとか、チャレンジしてみたとかはありますか?
aie:今回は自分のキャリアの中でもギターでいろんなことをやったなっていうアルバムになってると思うんですよね。ギタリストっぽいっていうか。4〜5本のギターが入ってる曲もあるし。でも、やり口としてはあんまり変わってないかな?
──「だらりと垂れる」はギターの音がいろいろ入っているような気がしたんですけど?
aie:そう聞こえるだけで、実は1本で弾いてます。メインはほぼ1本ですね。「だらりと垂れる」は僕の中ではNIRVANAとかグランジっていうか、その要素と自分の元々持っているものと、kazumaさんのグチャっていう感じが綺麗に合わさったなって思います。
──「淫乱分子」のイントロとか「夢中夢」のイントロは、highfashionparalyzeの雰囲気を色濃く残しているような。
aie:ああ、そうですね。「淫乱分子」がこの中では一番新曲で。だからかもしれないけど、一番僕の曲っぽいなと思うんですよ。いかにもっていうか。
──いかにも?
aie:変なふうに言っちゃうと、「淫乱分子」の原曲は、僕がいくつかやっているどのバンドでも出来ると思うんです。他の曲はどれもgibkiy gibkiy gibkiyでしか出来ない。
──なるほど。じゃあ、よくギタリストのインタビューで、「この曲はこの音色とフレーズにこだわりました」とかありますけど、そういうのは?
aie:全くないですね。「早く帰りてぇな~」って思いながらギター弾いてましたから(笑)。
──コーラスはaieさんが入れてるの?
aie:いや、全部kazumaさん。コーラスはやりたくないんですよね。自分の前にマイクスタンドを置きたくないんです、邪魔なので。マイクスタンドって、棒1本なんですけど、モニターとお客さんのちょっと前にあるじゃないですか? アレがあるかないかで、壁感がね。マイクスタンドがあるとそこがバリケードになってるというか。自分の中でそう思っている節があって。
──マイクスタンドがないとフリーダムなスペースになる?
aie:そうそう! もう何をやってもいい。だからgibkiy gibkiy gibkiyに関してはコーラスしたくないなって思うんですよね。
──それでステージ上で派手に動き始めたのがgibkiy gibkiy gibkiyだったんですね。
aie:マイクスタンドがないと凄く気持ちが変わるっていうか。ギタリストには、“歌わないんだけどマイクを置く”人って結構いて、“ないと恥ずかしい”みたいで。それぐらいあの1本が、弾く側にとってはあるとないとで違う。
──精神面で違うんだ。gibkiy gibkiy gibkiyのギタリストaieさんにとっては、ないほうが自由。
aie:うん、楽しいですね。遊んでるっていったらおかしいですけど。
■最後のライヴになるかもしれない
■死ぬ気でやろうとは、毎回思ってます
──話をギターに戻しますけど、相変わらず、ギタリストとして“これを聴いて”とかはないんですね?
aie:別にギターじゃなくてもいいかもなって思うんですよ。例えばステージに俺がいて、金属を叩いてるだけとか、鍵盤弾いたりとか、テルミンやったりでもいいんだけど。でも、それよりも俺はまだギターのほうが好きだからギターを弾いてるって感じで。肩書きがギタリストっていうのもちょっと照れますからね。いやそれほどでもーって(笑)。
──ははは。あの(笑)。
aie:こんだけやってますけど、目の前にギターを出されて「何か弾いて」って言われても、俺は弾けないですもん。それこそ<PARTY ZOO>のオフィシャルブック撮影の時にギターもアンプも用意してあったんです。写真撮影なんだけど、Kenさんが、「aieくん何かちょっと弾いてよ」ってギターを渡されたんですけど、俺、出来ないんですよ。あんまり弾けないっていうか。楽器屋で弾いている人いるじゃないですか? ああいうことが出来ないっていうか。
──恥ずかしいの?
aie:いや、そういうスキルを持ってない。ギター1本で、“おお!この人ギター上手いね”って言わせる技術がないっていうか。
──そういうものなの? 普通に弾けばいいだけの話じゃないの?
aie:ジャラーンなんですよ。ジャラン派っていうか。
──確かに、単音でソロ弾きまくる派じゃないですものね。
aie:じゃないですね。すげー緊張しながらやったんです(笑)。次にDuranにギターを渡したら、まぁカッコ良かったですよ、彼のギターが! 同じギターなのに、“こんないい音が出るんだ”って。また見てくれもカッコ良くて、そこで俺、ドキュン!って。友達になりたい!って(笑)。だからギタリストって言われるのは、ちょっとなって思うんです。
──Duran大好きインタビューになりましたが(笑)、ツアー< “In incontinence” release tour “dyeing”>についての意気込みを聞かせて下さい。
aie:去年のツアー(<TOUR 2016「the dark side of the monochrome」>)もやってる時は“地獄かな?”って思うような、この20年近くのキャリアの中で、まだこんな過酷なツアーをやらなきゃいけないんだ、自分!って思ってたんですけど。終わってみると記憶って変わってるんですよ。“すげー楽しかったな、あのツアー”みたいな(笑)。
──ははは。怖いです、そのすり替えられた記憶が(笑)。
aie:あの時、俺、楽しいって思ってたっけなー?ってくらい(笑)。だから今、ツアーが楽しみなんですけど。
──福岡DRUM SONの階段を機材持って登るのが凄く大変だったんでしょ?
aie:記憶ないですからね(笑)。あれは撤収が23時とかで、次の日の出発が朝6時で、急いで帰っても風呂入って寝て5時間しか寝られないじゃないですか? さらには次の日は演る曲が違ったから、これから覚えなきゃいけないって。飯を食ってる時間がなかったんですよ。博多ですよ! 博多までわざわざ行って、からあげクンと一平ちゃん食いながら、次の日の曲を覚えるっていう。ストイックにもほどがありますよね。聞いたことないですよね。
──はい、凄く切ないんですけど(笑)。たしか、藤田幸也エレクトリック!とKöziとの3マンツアーで、藤田幸也エレクトリック!の演奏もaieさん、kazuさん、sakuraさんが務めたんですよね。
aie:そうそう。お湯がホテルの各フロアのエレベーターの前にあって、お湯を入れにいくとメンバーに会うっていう。あぁ、みんな大変なんだなって(笑)。涙なしには語れないツアーでしたね。
──博多といったら、もつ鍋とか。
aie:食いたかったですよ! ただ、不思議ですよね。嫌なことは忘れますからね。スケジュールはパっと見、今年も余裕かなって思ってますけど。
──初めて行く場所はあるの?
aie:茨城かな。アルバムの出来が凄く良いので、そういう意味では早く演りたいなとか、楽しみだなっていうのはあります。ただ、意気込みって……自分の人生で感じたことあるのかな……あんまりないかも。でもちゃんとやってますよ。ここ3〜4年くらいは、本当に死ぬ気でやろうとは毎回思ってますね。僕もそうだし、観ている人が、もしかしたら明日、アメリカに行かなきゃいけないかもしれないし、明日死んじゃうかもしれないって思うと、この人が観る最後のライヴになるかもしれない。そうと思うと責任重大じゃないですか。そういうのは意識して、ここ何年かライヴしてますね。急にそういうふうに思ってきたんですよ。昔はもっとテキトーで、二日酔いでやってたりもしましたけど。そういうのはちょっと大人になったなって。真面目になりましたね。
取材・文◎荒川れいこ (zoisite)
■2ndアルバム『In incontinence』
2017年8月9日‬発売
PMGG-004 3,000円(税抜)
01.無中無
02.血と宙の完結
03.愛という、変態
04.とある澄んだ春の朝に
05.告白
06.だらりと垂れる
07.頭蓋、紛い
08.straitjacket
09.suspend
10.淫乱分子
■全国ツアー<2nd album “In incontinence” release tour “ dyeing ”>
8月08日(火) 東京・池袋 手刀
※cast : ZIZ / gibkiy gibkiy gibkiy
8月09日(水) 東京・池袋 手刀
※cast : 黒百合と影 / gibkiy gibkiy gibkiy
8月24日(木) 愛知・名古屋 HeartLand
※ワンマン<avantgarde barbarian III>
8月25日(金) 神奈川・川崎 CLUB CITTA’
※<CHAIN THE ROCK FES.2017>
8月28日(月) 茨城・水戸 LIGHT HOUSE
※cast : 黒百合と影 / gibkiy gibkiy gibkiy
8月30日(水) 宮城・仙台 LIVE HOUSE enn 3rd
※cast : 黒百合と影 / gibkiy gibkiy gibkiy
9月01日(金) 北海道・札幌 DUCE
※cast : 黒百合と影 / gibkiy gibkiy gibkiy
9月08日(金) 大阪・梅田 Zeela
※cast : ZIZ / revenge my LOST / gibkiy gibkiy gibkiy
9月12日(火) 福岡・福岡 DRUM SON
※cast : ZIZ / 黒百合と影 / gibkiy gibkiy gibkiy
9月13日(水) 広島・広島 SECOND CRUTCH
※cast : ZIZ / 黒百合と影 / gibkiy gibkiy gibkiy
9月15日(金) 石川・金沢 vanvanV4
※cast : ZIZ / 黒百合と影 / gibkiy gibkiy gibkiy
9月16日(土) 新潟・新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
※cast : ZIZ / 黒百合と影 / gibkiy gibkiy gibkiy
(問)gibkiy.com
■<dyeing tour final one-man “avantgarde barbarian IV”>
2017年9月26日(火) 渋谷Glad
開場 19:00 開演 19:30
▼チケット
前売 ¥4,500 当日¥5,300(税込/D別)
一般発売:8月26日(土)10:00~発売
(問)Glad 03-5458-2551
【ツアー会場先行販売 (A)】
8月8日 池袋 手刀 公演終了後〜各ツアー会場物販 (整理番号シャッフル)
【e+プレオーダー (B)】
プレオーダー受付期間:8/10(木)12:00~8/12(土)18:00
プレオーダー入金期間:8/15(火)13:00~8/17(木)21:00
※入場順:ツアー会場先行販売分(A)→e+プレオーダー(B)→e+一般(c)

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着