L→R 大橋隼平(新宿SAMURAI 店長)、義村智秋(下北沢SHELTER 店長)

    L→R 大橋隼平(新宿SAMURAI 店長)、義村智秋(下北沢SHELTER 店長)

    下北沢SHELTER×新宿SAMURAIによる合同トライアウト企画出演者募集!

    【下北沢SHELTER×新宿SAMURAIインタビュー】

    新人のバンドを受け入れられる機会がほしかった

    ——合同トライアウト企画は下北沢SHELTER店長の義村さんから新宿SAMURAI店長の大橋さんに声を掛けたとのことで。下北沢SHELTERは歴史の深いライヴハウス、新宿SAMURAIは昨年6月にオープンしたばかりのライヴハウスですが、義村さんの中では一緒にどういったことをしたいと思っていたのですか?

    義村:新宿SAMURAIはできたばかりのライヴハウスというところが強みだなと思ったんです。スタッフのことも知っていたし、変なわだかまりもないというか(笑)。県外の若手のバンドをよく招聘しているのもすごくいいなと思い、相談してみました。地方から東京にきたバンドがうちに音源を持ってきてくれたり、他にもいっぱい音源をいただく機会はあるんですけど、呼べるタイミングがなかなか作れずにいて。そういうところから、新人のバンドを受け入れられる機会がほしくて企画を始めたんです。

    ——新宿SAMURAIの店長の大橋さんは、声を掛けられた時はどうでした?

    大橋:同業他社ということで障壁は高いと思ったんですけど、うちは系列店がなかったり独自でやっている部分が多く、フットワークも軽く動けるのでふたつ返事で“ぜひお願いします”と(笑)。もともと、新宿SAMURAIの店長を始める前に下北沢SHELTERを使わせていただいていたこともありますし、新宿SAMURAIから下北沢SHELTERでワンマンができるようなバンドを育てたいという思いもありました。なので、新宿SAMURAIだけで完結しない機会をいただけたのが嬉しかった。

    ——下北沢と新宿といった別々のエリアのライヴハウスが組んでやっているというのも特徴だと思うのですが、それぞれシーンの違いはありますか?

    義村:下北沢はそれぞれのライヴハウスがちゃんと色を持ってやっているように思います。ライヴハウスのイメージとリンクするようなバンドが出てきていますね。

    大橋:僕が知らないだけで新宿にもシーンはもちろんあると思いますが、新宿に拠点を構えてやっているバンドが多くいる印象はないですね。

    義村:シーンとか、音楽が土着している感じはあまりないかもしれないね。

    大橋:ないからこそ、『CONNECT 歌舞伎町 MUSIC FESTIVAL』とか、再提案していこうみたいな企画にも協力しています。ライヴハウスとしては、新宿SAMURAIはできてからまだ1年だから“ここに出たい”じゃなくて“この人に誘われたから出よう”だけど、下北沢SHELTERは“下北沢SHELTERに出たい”って目指してきてる子が多い。だから本当に真逆の場所ですね(笑)。

    義村:どちらかというと地方のほうがシーンが分かりやすいですね。熱を帯びているし、そういうバンドこそ上がってきてほしいんだけど、呼ぶこともなかなか難しくて。そういうバンドをフックアップしてあげたいという思いも理由のひとつにあります。

    大橋:そうですね。東京のバンドにも、こういった同条件の場でもっと頑張ってほしい。地方では、ライヴがなくてもバンドマンがライヴハウスに遊びにきたりとかもあるんですけど、東京には音楽は音楽で留めている子が多い。

    ——地方のバンドに機会を与えつつ、東京のバンドにも刺激を与えたいということですね。

    大橋:そうですね。義村さんは横浜の出身で、僕もSAMURAIで働き始めるまで10年近く横浜に住んでいました。義村さんと初めて会ったのも鎌倉なんですよ(笑)。だからいつかは横浜のライヴハウスも巻き込みたい。

    義村:全国区でできたらいいですね。あと、ライヴハウスの権威的な部分の底上げをしたいという気持ちもあります。俺らの頃は“あのバンドがこのライヴハウスに出てたから自分たちも出たい!”っていう憧れから“怖いけどデモテープを持って行ってみよう”っていうことも多かったんです。ただ、今はバンドのほうが強くなっていて、好条件というところでライヴハウスを選んでいる感じがするんです。ですが、トライアウトではひとつの基準として、いわゆるノルマを設けて行なうことにしています。
    0コメント