【BIGMAMA】『「We Don’t Need a T
ime Machine」 DAY3』2013年11月4日
at 赤坂BLITZ

取材:池田スカオ和宏

 過去がしっかりと今につながり、未来へと続くことを立証した一夜であった。『We Don't Need a Time Machine』と題されたBIGMAMAの3デイズライヴが赤坂BLITZにて行なわれた。

 同ライヴは彼らの過去曲を余すところなく演奏する趣旨のもの。2年振り3度目の開催となった。貴重なナンバーや久々な楽曲が飛び出す期待値も含め、チケットは早期完売。各イントロが現れる度に、嬌声や歓声、驚喜が普段以上に鳴り響いたこの日。加え、彼らのメロディック~クラシックとロックの融合~幅広い音楽性を擁し出した時期~スケールの大きい懐の深いバンドへの成長や遍歴、移り変わりを至るところで感じることができた。この日は3rdアルバムからの3曲からスタート。続いて4thアルバムへと、彼らがメロディックから幅広いロックへの移行時代の曲が序盤を盛り上げる。間には、オリジナルからこぼれながらも重要な3曲も特別披露された。中でも彼らの一時のテーマであった、“クラシックmeetsロック”を体現する「走れエロス」、Jamiroquaiの「Virtual Insanity」のカバーはとても印象深い。中盤は1stから2ndと初期のナンバーが会場にモッシュやクラウドサーフを誘う。そして、彼らの最新とも言える5thアルバムからの楽曲が会場をひとつにしていった。

 この日は過去を振り返るだけでなく、キチンと未来も見せてくれた。特にアンコールで披露された新曲「Sweet dreams」は、前へ未来へと悠然と進む彼らの姿とオーバーラップ。一緒にハミングできる箇所も含め今後のアンセムを確信させた。全23曲を放った彼ら。後ろを振り返りながらも、顔は前を向いている、そんな姿が終始逞しく映った一夜であった。

セットリスト

  1. Overture
  2. かくれんぼ
  3. No Way Out
  4. beautiful lie, beautiful smile
  5. #DIV/0!
  6. 最後の一口
  7. Today
  8. Neverland
  9. CPX
  10. 走れエロス
  11. look at me
  12. Virtual Insanity(カバー)
  13. Paper-craft
  14. 『それはきっと天使が長く勤まらない理由』
  15. The Game is Over
  16. 君想う、故に我在り
  17. 春は風のように
  18. ライフ・イズ・ミルフィーユ
  19. <ENCORE1>
  20. Sweet dreams
  21. I Don't Need a Time Machine
  22. alongside
  23. <ENCORE2>
  24. until the blouse is buttoned up
  25. 荒狂曲"シンセカイ"
BIGMAMA プロフィール

ビッグママ:2002年結成。メンバーチェンジを経て07年、現体制となる。数々のフェスに出演し、自身のツアーでは軒並みソールドアウトが続出。全作詞を手掛ける金井のリアルな言葉と、その独特でユーモラスな世界観で多くのファンから絶大な支持を得ている。そして、現メンバーとなって10周年となった17年9月にキャリア初となるベストアルバム『BESTMAMA』を発売し、10月に開催した初の日本武道館公演はソールドアウトに。さらに翌18年3月にはシングル「Strawberry Feels」でメジャーデビューを果たした。BIGMAMA オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。