【04 Limited Sazabys】『AIM tour
2016 “FINAL”』2016年7月9日 at 豊
洲PIT

撮影:Viola Kam(V'z Twinkle Photography)/取材:フジジュン

 6月にリリースしたシングル「AIM」を掲げて、さまざまな対バンを迎えての全国ツアーを行なった04 Limited Sazabys。初の東京でのファイナル&今年初のワンマンということで、バンドの気合いも観客の期待も十分! 「AIM」収録の新曲「climb」でライヴが始まると、前のめりな演奏と拳をあげて応える観客の気持ちがぶつかり合い、会場に強烈な熱が広がる。《もっともっと行ってみる?》と止まらない勢いを持つ現在の彼らの葛藤と覚悟を歌った曲に、今夜どこまでも連れて行ってくれるような期待が高まる中、「monolith」「escape」と疾走感ある楽曲を次々と投下。KOUHEI(Dr)の激しいビートに合わせて、HIROKAZ(Gu)がフロントに立ってギターソロを魅せ、RYU-TA(Gu)がステージを駆け回り、GEN(Vo&Ba)が気持ち良さそうにハイトーンを響かせてと、4人がとにかく楽しそうに演奏していたのが印象的だった前半戦。スピード感ある展開で観客をリードすると、“生で一緒にいいとこいきましょう!”と会場中を巻き込み、“今、飛び立てよ”とばかりにさらなる高みを目指す。“生でしか分からない感覚、空気が変わる瞬間を伝えたい”と、ギターに乗せてGENが心震わせる美しい歌声を聴かせた「Buster call」で始まった後半戦は、“ツアーを経て身体に馴染んできた”と語る新曲「cubic」「fog」を息の合った力強い演奏で披露。本編ラスト、“みんなの闇を討ち、希望の光が差しますように”と願いを込めて全身全霊で届けた「swim」は鳥肌が立つほど素晴らしく、充実したツアーのエンディングに相応しいものだった。

セットリスト

  1. climb
  2. monolith
  3. escape
  4. Remember
  5. nem…
  6. medley
  7. Chicken race
  8. Now here, No where
  9. labyrinth
  10. teleport
  11. me?
  12. Buster call
  13. knife
  14. fiction
  15. cubic
  16. fog
  17. Letter
  18. compact karma
  19. milk
  20. hello
  21. Terminal
  22. swim
  23. <ENCORE>
  24. midnight cruising
  25. Give me
04 Limited Sazabys プロフィール

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。17年2月11日には初の日本武道館ワンマンライヴを即日完売と大成功を収めた。バンド結成10周年を迎える18年、4月7日&8日には地元・名古屋にて3回目となる自身主催の野外イベント『YON FES 2018』、4月から5月にかけてはバンド初の東名阪アリーナツアーを開催した。04 Limited Sazabys オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント