L→R 飯田祐馬(Ba)、谷口 鮪(Vo&Gu)、小泉貴裕(Dr)、古賀隼斗(Gu)

L→R 飯田祐馬(Ba)、谷口 鮪(Vo&Gu)、小泉貴裕(Dr)、古賀隼斗(Gu)

【KANA-BOON】楽しませたいし、楽し
んでいきたい

最新シングルのタイトル曲「Fighter」は、テレビアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のオープニングテーマ。エネルギッシュなサウンドが印象的なこの曲が生まれた背景とは? メンバーに語ってもらった。
取材:田中 大

「Fighter」は『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のオープニングテーマとして書き下ろしたものですか?

谷口
そうです。サウンドに関してはソリッドさと重さみたいなことを出したいと思っていました。ドラマチックさも作りたかったので、アレンジをかなり練りましたね。
古賀
ギターも頑張りました。聴いた人が“このギターソロ、弾きたくなる”というものにもしたかったので、そんなところにも注目してもらえたら嬉しいです。
小泉
去年のアルバムの『Origin』はパワー感のある音を目指して作ったんですけど、あの感じも出ていると思います。前に引っ張っていく感じですし、後半に向かって広がりの出るイメージのドラムになっています。
飯田
ギラっとした音がいいなと思って、エフェクターを使ってベースの音を歪ませたりもしています。きれいな感じのものを録るのは、この曲に合わないなというのがありました。

端的に言うと力強いマッチョな部分が出ている曲ですね。

谷口
そうなんです。今、KANA-BOONのマッチョ化計画が進んでいるところですからね。
古賀
食事は、ささみ、スルメ、卵白。ひたすら運動をしたあとにプロテインという感じやな?
飯田
そして、“エイドリアーン!”と叫ぶ。
谷口
それ、完全に映画の『ロッキー』や!(笑) でも、『Origin』に取りかかった頃からバンドとして逞しくなっていきたいというのがあって、今回の「Fighter」もそういう部分が出ていますね。歌詞に関してはアニメと自分たちのリンクする部分を表現したいと思っていました。

闘っている人の輝きを描いた歌詞ですね。

谷口
はい。僕らも闘いながら音楽をやっていきたいですから。これ以上はない!っていう完璧なものを作るのが理想なんでしょうけど、そういうことは、まぁないじゃないですか。だから、この闘いは一生続くんだと思います。
古賀
ギターもずっと追求していきたいです。いいテイクが録れるとすごく嬉しいんですよ。“いいテイク録れたぁ~”って、ひとりでいる時もずっと言ったりしていますから。
小泉
ドラムも奥が深いですからね。気候とか場所によって音が変わりますし、フレーズもいろんな可能性があるので、自分なりに見極めていけるようになりたいです。
飯田
他のバンドとかを聴いて、“こういうの思い付くんや!?”って刺激を受けたりもしています。今までだったら気付かなかったようなことに気付くことが最近増えているんですよね。
谷口
最近、しっかりした向上心を全員で改めて持つことができているんです。バンドにとってのいい流れだと思います。

『ガンダム』って日本の男の子にとっての永遠の憧れですし、そういう点でも今回、4人で“いい曲にするぞ!”っていう気持ちを共有できたのでは?

谷口
そうですね。『ガンダム』はいろんなシリーズを観ていました。ガンプラも作っていましたし。
古賀
僕、この前、キャンプに行った時に作りました!

キャンプでガンプラ?

古賀
はい。去年、メンバー全員で2泊3日のキャンプに行ったんですよ。そこで何かひとつ目標を達成したくて、今やっているシリーズのバルバトスを作りました。
飯田
寝ずに作ってましたからね(笑)。
谷口
思っていた以上にキャンプは楽しかったな。
小泉
うん。カレーを作ったりして。
飯田
作ったのは鮪やけど(笑)。
谷口
何か分からんけど、普段入らんスイッチが入って、風呂掃除して、飯作りたくなったんですよ。
古賀
で、僕はガンプラを作ってました(笑)。こいちゃん(小泉)と飯田はカードゲーム。鮪は家事。そんなキャンプでした。

そもそもなぜキャンプに行ったのですか?

谷口
去年、夏フェスとツアーも終わってひと区切りするタイミングがあったので、“これからまた頑張っていくためにも、4人だけで過ごす時間も必要なんじゃない?”って事務所から言われて、キャンプに行くことにしたんですよ。突っ込んだ真面目な話もできたので、ほんと行って良かったです。

どんな内容の話をしました?

谷口
“自分たちの現状はどうなんだ?”とか。“改めてここからまた頑張ろう”とか“1位を獲りたいよな?”とかですね。それぞれ思っていたことを言葉にして交わし合って、共有することができたんです。そのことによって具体的にどう変わったかは自分たちでは分からないですけど、キャンプの前と後では確実に何かが変わりましたね。

良い変化でしょうね。カップリングの「スーパームーン」と「君を浮かべて」もすごくいい曲ですし、バンドの理想的な状態を感じるのが今回のシングルですから。

谷口
ありがとうございます。ここからまたさらに楽しませたいですし、楽しんでいきたいと思っています。

そう言えば、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのトリビュートアルバム『AKG TRIBUTE』で、「君という花」をカバーしましたよね。

谷口
はい。これはほんま夢のようですね。
古賀
高校時代、ずっとやってたもんな。
小泉
うん。めっちゃやってた。
谷口
学祭でもやったよな?
古賀
え? 学祭ではやってない。
小泉
学祭は「ループ&ループ」やな。
谷口
そうやった(笑)。まぁ、今回カバーさせていただいたのもそうですけど、2017年はトピックが多くなりそうなんです。KANA-BOONがここからまた頑張っていこうとしているのが伝わると思うので期待していてください。
「Fighter」2017年03月01日発売Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL-2867~8 1944円
    • 【通常盤】
    • KSCL-2869 1400円
    • 【期間生産限定盤】
    • KSCL-2870 1258円
    • ※『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』描き下ろし絵柄デジパック仕様
KANA-BOON プロフィール

カナブーン:大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催された『キューン20イヤーズオーディション』にて4,000組の応募者の中から見事優勝し、13年9月に1stシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。14年8月には地元大阪で野外凱旋ライヴを行ない、デビューから1年足らずでありながら16,000人超を動員。16年2月には3rdアルバム『Origin』をリリースし、初の海外公演を含む全21公演の全国ツアーを敢行し大成功を収めた。KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON オフィシャルTwitter
谷口 鮪 オフィシャル Twitter
古賀隼斗 オフィシャル Twitter
飯田祐馬 オフィシャル Twitter
小泉貴裕 オフィシャル Twitter
谷口 鮪 オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント