クリープハイプ

33505 views

    クリープハイプクリープハイプ

    クリープハイプ:2001年、3ピースバンドとして結成。下北沢を中心にライヴ活動を行なう。幾度かのメンバーチェンジを経て、09年に現メンバーで活動開始。12年4月にアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビューを果たす。14年4月には、自身初となる日本武道館公演を2デイズに渡り開催。その後も精力的な活動を続け、CM、映画、アニメなどの数々のタイアップをはじめ、16年6月には尾崎が初の小説『祐介』を発表し大きな反響を呼ぶ。着実に活躍の場を広げている中、同年9月7日に4thアルバム『世界観』をリリース。

    クリープハイプのニュース

    クリープハイプのインタビュー

    クリープハイプのライヴレポート

    クリープハイプの連載コラム

    曲・アルバム

    • Ito - Single

      2017年04月26日リリース
      アルバム・3曲

      • 1 君が猫で僕が犬
      • 2 月の逆襲
      • 3 イト

      Ito - Single

      菅田将暉が主演する映画『帝一の國』に主題歌として提供した表題曲は、ディスコビートとホーンも使ってブラックミュージックにアプローチしながらも彼ららしいポップなナンバー。運命の糸と他人の意図に翻弄されるさまを描いた歌詞を、そういう曲調に乗せるところも彼ららしい。カップリングに「月の逆襲」「君が猫で僕が犬」を収め、初回限定盤は今年3月の新木場 STUDIO COAST公演からの11曲を収録したライヴCD付き。 (山口智男)

    • Mousugu Tsukukara Mattetene - EP

      2017年02月22日リリース
      アルバム・5曲

      • 1 陽
      • 2 校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな
      • 3 陽
      • 4 は?
      • 5 ただ

      Mousugu Tsukukara Mattetene - EP

      谷口鮪(KANA-BOON)をゲストに迎えた東京メトロのCMソング「陽」を含む全5曲。その「陽」は軽やかに鳴るクラビネットをはじめ、黒っぽいニュアンスを加えたクリープハイプ流のシティポップ。「校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな」以外はラブソング。ガレージロックの「は?」は歌詞がエロい。それぞれに違うカラーを持った5曲は、クリープハイプらしさとは?と改めてリスナーに問いかけているようだ。 (山口智男)

    • Sekaikan

      2016年09月07日リリース
      アルバム・14曲

      • 1 アイニー
      • 2 キャンバスライフ
      • 3 5%
      • 4 破花
      • 5 けだものだもの
      • 6 僕は君の答えになりたいな
      • 7 テレビサイズ
      • 8 手
      • 9 バンド
      • 10 TRUE LOVE
      • 11 愛の点滅
      • 12 誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる
      • 13 鬼
      • 14 リバーシブルー

      Sekaikan

    • Oni - Single

      2016年08月10日リリース
      アルバム・3曲

      • 1 鬼
      • 2 炭、酸々
      • 3 買いもの

      Oni - Single

    • Hakka - Single

      2016年03月23日リリース
      アルバム・3曲

      • 1 破花
      • 2 answer
      • 3 サウジアラビア

      Hakka - Single

    • Reversiblue - Single

      2015年09月30日リリース
      アルバム・3曲

      • 1 リバーシブルー
      • 2 わすれもの
      • 3 カップリング

      Reversiblue - Single

    • Neguse - Single

      2014年05月14日リリース
      アルバム・3曲

      • 1 寝癖
      • 2 ねがいり
      • 3 ホテルのベッドに飛び込んだらもう一瞬で朝だ

      Neguse - Single

    クリープハイプの動画

    クリープハイプの画像