加藤和樹

加藤和樹

【加藤和樹 インタビュー】
全て一発録りで聴かせる
15周年記念アルバム

俳優として多くのミュージカルに出演し、アーティストとしてもコンスタントに歌い続けてきた加藤和樹が、アーティストデビュー15周年を記念したアルバム『K.KベストセラーズII』をリリースした。DISC1はこれまでの楽曲から今届けたいものをセレクトし、DISC2にはカバーを収録する本作について語ってもらおう。

CDを聴いているというより
ライヴを観ている感覚

今作はデビュー15周年記念のアルバムとなりますが、これまでの歴史がギュッと詰まった作品になりましたね。

実はレコーディングは全て一発録りのライヴレコーディングだったので、どんな仕上がりになるのか、正直なところ分からなかったんです。でも、実際に完成したものを聴いてみたら、CDを聴いているというよりもライヴを観ているような感覚がありました。

全曲一発録りというのは大変だったのでは?

バンドメンバーは大変だったと思います。でも、僕自身はみんなと一緒にレコーディングができたことがすごく嬉しかったですね。いつもレコーディングは別々に録るから、かなり孤独な作業で、そういう意味ではライヴ感を失わずに歌うことができて、僕にとってかなりプラスになったと思います。

選曲はファンのみなさんからのリクエストも参考にされたんですよね。

はい。リクエストとともに、その曲に対する想いも読ませていただきました。残念ながらアーティストとしてデビューする前のものだったので、この作品に入れることはできなかったんですが、以前に僕が出ていたミュージカルの曲を挙げてくれた方もいらっしゃったんですよ。その頃から自分の歌を知ってくれている嬉しさもありましたし、音楽をやるにあたり、リリースしてきた楽曲だけでなく、僕が演じてきたキャラクターの音楽もしっかり聴いてくれていたことに感動しました。

15年という月日が経ったからこそ変化した曲もあったのでは?

そうですね。デビュー当時に歌っていた「WARNING」(2006年4月発表のミニアルバム『Rough Diamond』収録曲)という曲は、アプローチの仕方が今と全然違うんです。歌を始めたばかりの頃はまともに発声ができていませんでしたし、高音がギリギリで出ていたりと、歌うことに必死だったんですよね。それに、若いという意味だけではなく、とにかく声が細いんですよ。それはまだ歌い手としての楽器ではなくて、必死に出している音だからなんですよね。その後、ミュージカルをやることで発声法を意識するようになり、ケアする方法も含めて、今の自分が出来上がっているので、そんな歴史を感じるすごく大事な曲となりました。

その曲がDISC1の1曲目というのは感慨深いですよね。

この曲は絶対に1曲目だなと思っていて。やはり15年の始まりの曲でもあるので、この曲順はすぐに決まりました。

加藤さんは歌詞も手がけていますが、この15年で言葉の使い方の変化もあったのではないでしょうか?

ありましたね。その時々で感じたことを歌詞にしているので、今読み返すと恥ずかしいこともあるんです(笑)。でも、時間を経ても今の時代に通じる言葉や想いがあるのは大事なことだと思っていて。時代が変わってもそこにある想いが受け継がれていく、時代を超えて人に響いていくものになるというのはすごいことですよね。
加藤和樹
アルバム『K.K ベストセラーズⅡ』【初回限定盤】(2CD+60Pフォトブック)
アルバム『K.K ベストセラーズⅡ』【通常盤】(2CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着