9月28日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之

9月28日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之

真心ブラザーズ 、
30周年記念ライブツアーが開幕

今年デビュー30周年を迎えた真心ブラザーズが9月27&28日、東京・日本青年館2デイズから、ツアー『トランタン』をスタートさせた。30周年を記念して、過去のレパートリーの中からファン投票で曲を選び、東京スカパラダイスオーケストラやサンボマスター、奥田民生等のゲストと共にセルフカバーしたベストアルバム『トランタン』のリリース・ツアーであるこのツアーは、公演ごとに「Low Down Roulettes Z」「EMOTIONAL ROCKERS」「CRAZY BUFFALOES」「MB's」の四つのバンドのいずれかがサポートを務める、という趣向になっている。この日本青年館は、1日目は「Low Down Roulettes Z」、2日目は「MB's」が、YO-KING&桜井秀俊と共にステージに上がった。

1日目の「Low Down Roulettes Z」は、ここ数年メインで真心のバックを務めているドラム伊藤大地&ベース岡部晴彦の「Low Down Roulettes」に、キーボード野村卓史とコーラスうつみようこが加わった編成。YO-KINGがイントロや間奏でハープを聴かせる「空にまいあがれ」でライブはスタート。バンドのコンディションも会場の空気も最高と、感じたらしく、YO-KING、最初のMCで「ありがとう、今日も俺を気分よくしてくれて! ああー、気持ちいい!!」と叫び、拍手を浴びる。

『トランタン』の収録曲を中心に、『トランタン』には入っていないがライブでおなじみの代表曲の数々、そして桜井が歌う、普段なかなか演奏されないレア曲も披露(シングルのカップリング曲でアルバム未収録曲)。ラジオで共演したサンボマスター近藤洋一がこの曲を激賞したのがきっかけでYO-KINGがライブでやりたがるようになった、という桜井の説明付きで、初期の某「隠れた名曲」も歌われた。

中盤の、超初期のアコースティックな楽曲が並んだブロックでは、彼らが出会った早稲田大の軽音サークル「GEC」の部室にあったという「部室ギター」を桜井が弾く。弦が5本しかなく、結成のきっかけとなったフジテレビ『パラダイスGoGo!!』の『勝ち抜きフォーク合戦』にもこのギターで出たが、誰にもそのことを気づかれなかった、というMCも。
また、YO-KINGは、事前にインスタグラムで予告したとおり、デビューの頃に愛用していたテレキャスターを、アンコールで弾いた。

2日目は結成20年をゆうに超える、ホーン隊を含む10人編成のMB's。最近は、年に一回中野サンプラザでワンマンをやるのが恒例になっていて、それ以外でライブを観られるのは貴重な機会である。1曲目「拝啓、ジョン・レノン」から10人フルメンバーでスタート、8曲目「素晴らしきこの世界」からひとりずつ減っていき、12・13曲目ではYO-KINGと桜井のふたりだけになって「うみ」と「待ち合わせ」を弾き語りで歌い、14曲目の「突風」からフルメンバーに戻る、という構成。6曲目「JUMP」では、演奏する前に「MB'sで録音して『トランタン』に収録した曲です」という説明が付け加えられた。イントロでサックスの首藤晃志が前に出てソロを吹くのは、20年以上にわたって真心ファンが慣れ親しんできたシーンである。17曲目「愛」のイントロで、ホーン隊の4人がフロントで吹きまくるのも、後半のピークの始まりを伝えるおなじみの光景だ。

前半のMCで、四つのバンドで全国を回る前代未聞のツアーである、ということを桜井が説明すると、キーボードの奥野真哉が「ぶっちゃけ、四つのうちでどれがいちばん楽しいですか?」と質問。YO-KING、「ぶっちゃけ、俺は、桜井とふたりがいちばん楽しいです」と答え、爆笑と大拍手に日本青年館が包まれる。桜井、「この2日のうちでいちばん盛り上がった!」。また、アンコールでは桜井が、地元神奈川への恩返しとして、2020年1月18日に横浜・関内ホールで『Welcome back,KANAGAWAN! 2020』を、菅原卓郎(9mm Parabellum, Bullet)・関取花等を迎えて開催することを発表。その間YO-KINGは黙ってニヤニヤしている、という、これもとても真心らしい光景だった。アンコールは「どか~ん」「空にまいあがれ」、そして最後の1曲はMB'sはこの曲じゃなきゃ終われない、というほどに定着した「RELAX~OPEN~ENJOY」で、感動的に締めくくられた。

なお、この2デイズでは、真心で初めて「この曲の間は撮影してアップしてもOK」というコーナーが設けられた。1日目は「サティスファクション」、2日目はアンコール1曲目の「どか~ん」。さらに、アンコールを終えた去り際に、メンバー全員でポーズを取り、そこでも撮影が許可され、満員の日本青年館にシャッター音が響き渡った。

このツアーは11月20日マイナビBLITZ赤坂で東京へ戻って来たあとも続き、12月13日DRUM Be-1と14日イムズホールの福岡2デイズでファイナルを迎える。BLITZと福岡1日目はグレートマエカワ&サンコンJr.の「CRAZY BUFFALOES」が、福岡2日目は「Low Down Roulettes Z」がバックを務める。ベース柏原譲・ドラム茂木欣一・キーボード沖祐市の「EMOTIONAL ROCKERS」と共に演奏するのは、11月2日広島クラブクアトロと、11月3日高松festhalleの2本。

photo by 木村泰之
text by 兵庫慎司

■真心ブラザーズ結成30周年特設サイト 
http://www.magokorobros.com/30th_anniversary/

『真心ブラザーズ30周年記念ライブ・ツアー「トランタン」 』

10月20日(日)  愛知・名古屋ダイアモンドホール
バンド:Low Down Roulettes Z
11月02日(土)  広島・CLUB QUATTRO
バンド:EMOTIONAL ROCKERS
11月03日(日) 香川・高松 festahalle
バンド:EMOTIONAL ROCKERS
11月13日(水)  愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
バンド:CRAZY BUFFALOES
11月14日(木)  京都・磔磔
バンド:CRAZY BUFFALOES
11月20日(水)  東京・マイナビBLITZ赤坂
バンド:CRAZY BUFFALOES
11月24日(日)  宮城・仙台Rensa
バンド:Low Down Roulettes Z
12月06日(金)  北海道・札幌Zepp Sapporo
バンド:Low Down Roulettes Z
12月08日(日)  大阪・なんばHatch
バンド:Low Down Roulettes Z
12月13日(金)  福岡・DRUM Be-1
バンド:CRAZY BUFFALOES
12月14日(土)  福岡・イムズホール
バンド:Low Down Roulettes Z

【バンドメンバー】
■Low Down Roulettes Z
Drs.伊藤大地
Ba.岡部晴彦
Key.野村卓史
Cho.うつみようこ
■CRAZY BUFFALOES
Drs.サンコンJr.(ウルフルズ)
Ba.グレートマエカワ(Flower Companyz)
■EMOTIONAL ROCKERS
Drs.茂木欣一(東京スカパラダイスオーケストラ/フィッシュマンズ)
Ba.柏原 譲(フィッシュマンズ/Polaris)
Key.沖 祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)

9月28日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月28日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月28日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月28日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月28日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月27日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月27日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月27日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月27日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月27日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之
9月27日@東京・日本青年館 photo by 木村泰之

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着