エドガー・サリヴァン 佐々木 萌『東京文化びと探訪』

エドガー・サリヴァン 佐々木 萌『東京文化びと探訪』

エドガー・サリヴァン 佐々木 萌
『東京文化びと探訪』
- 第三回『東京あるきの先生』
古川日出男さん -

お上りさんの私が、これから素敵な文化びとになるべく
毎月、これまで出会った尊敬すべき文化人たちに触れていきます。

私が東京へ上京する前。
その頃は漠然とした都会への憧れ、故郷へのコンプレックスではなく、
そこに根付く文化や人間への純粋な未知がありました。

まさに東京小説、と名付けたい古川作品の数々において
登場人物の視点は街の中にいてもどこか外部から全てを観察しているようだったり
慣れてしまえば見落としてしまうような道路標識、街の区分け、人のクセを
生まれて初めて見るもののように描いていました。
音楽みたいで素敵で運命的な出会いだ、そう感じたタイミングで
当時熱中していたミュージシャンがラジオのレコメンド本のコーナーで
最新刊というわけでもない、古川さんの小説を紹介したのです!

そこで自分が誰にもヒントを得ず求めたアートたちの、
点が線で繋がる感覚を初体験しました。
それまで輪郭が曖昧だった自分の嗅覚みたいなものを
好きになるきっかけにもなった出来事でした。

追記* 
『LOVE』という小説にインスパイアされ、のちにエドガー・サリヴァン
「らぶ」という曲を出すことになりました。聴いてみてください。
エドガー・サリヴァン プロフィール

エドガー・サリヴァン:それぞれ違うフィールドで音楽活動をしてきた3人が、東京は“江戸川橋”で出会い、お互いの音楽性に惹かれ合い、2015年4月に渋谷で活動を開始。3人がそれぞれ詞曲を担当、打ち込みサウンドを多用する一方、坂本のオルタナティブなサウンド、高木のブラックミュージックを基調とするアグレッシブなプレイ、そして佐々木の憂いを帯びた声と独自のメロディーセンスはこれまでにない新たな音楽を提示する。エドガー・サリヴァン オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • 臼井孝のヒット曲探検隊-アーティスト別ベストヒット20
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • G-NEXT POWER PUSH

ギャラリー

  • Rei / 「Cutting Days」
  • Tsubasa Shimada(PrizmaX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 夜の本気ダンス / 「鈴鹿秋斗の絵とビート!」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • WEBER / 「ハヤトノセカイ」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • フレンズ / 「続・ゾンビ探求日誌」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • ジュリアナの祟り / 「こどもちゃんだっていろいろ」