【フレデリック】『フレデリズムツア
    ー2015』2015年12月22日 at 恵比寿L
    IQUIDROOM

    撮影:上飯坂 一/取材:荒金良介

     新体制となったフレデリックの熱血ぶりと決意漲るパフォーマンスに心底シビれた。“オシャレでポップな踊れる曲”を創出するバンドであることは間違いないが、その奥底にはメラメラと炎が燃えている。初の全国10カ所に及ぶワンマンツアー『フレデリズムツアー2015』のファイナル公演。今回はツアー全公演ソールドを果たし、バンドへの期待値の高さを裏付けるかたちになった。とはいえ、今年9月にkaz.(Dr)が脱退し、サポートにAnyの高橋 武(Dr)を迎え、3ピースでの新たな船出だ。うねるような三原康司(Ba&Cho)のベースが印象的な「SPAM生活」で始まると、満杯のフロアーは興奮状態だ。続いて「DNAです」「オドループ」と畳み掛け、観客も歌えや騒げのお祭り騒ぎの盛り上がり。それから奇妙なメロが癖になる「ふしだらフラミンゴ」、大量のスモークを散布する演出に驚いた「うわさのケムリの女の子」と、ワンマンらしい仕掛けにニヤリ。“後半戦、踊る曲しか残ってない!”と三原健司(Vo&Gu)が力強く煽り、「さよならカーテン」「ディスコプール」「プロレスごっこのフラフープ」「幸せっていう怪物」の4連打の流れは圧巻。アンコールで、健司はkaz.が脱退し、すごく不安になったと吐露する。そして、“東京ドームでやるまで、“東京ー!”って言わへん”と宣言する場面もあり、“フレデリックを愛してください!”と言った後、ラスト曲「ハローグッバイ」を披露。出会いと別れが交差する人生の機微を越え、エモーショナルに解き放たれた情熱の塊のごときメロディーに激しく胸を打たれた。

    セットリスト

    1. SPAM生活
    2. DNAです
    3. オドループ
    4. WARP
    5. FOR YOU UFO
    6. 真っ赤なCAR
    7. ふしだらフラミンゴ
    8. もう帰る汽船
    9. ほねのふね
    10. うわさのケムリの女の子
    11. さよならカーテン
    12. ディスコプール
    13. プロレスごっこのフラフープ
    14. 幸せっていう怪物
    15. トウメイニンゲン
    16. 愛の迷惑
    17. オワラセナイト
    18. <ENCORE>
    19. ハローグッバイ
    フレデリック プロフィール

    フレデリック:双子の三原健司&康司を中心として結成された神戸出身の4ピースバンド。そのユーモアと幅広い音楽的背景から生みだされる、“忘れさせてくれない楽曲群”とアッパーなライヴパフォーマンスに中毒者が続出中。14年9月24日にミニアルバム『oddloop』でA-Sketchよりメジャーデビュー。フレデリック オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント