【アルディアス】『Aldious Japan T
our 2015〜2016』2016年4月10日 at
TSUTAYA O-EAST

撮影:Fumi Kobayashi/取材:舟見佳子

 ロングツアーを回るというのは、こんなにもバンドを成長させるのだろうか。昨年12月から始まった22本の全国ツアーのファイナル。アルディアスの5人は現在のバンドの勢いとポテンシャルを余すところなく見せつけてくれた。

 ニューアルバム『Radiant A』と同じく「Re:fire」で怒涛のスタートを切ったこの日のライヴ、蓋を開けてみれば同アルバムから実に10曲が披露され、まさに最新のアルディアスがここに。「die for you」ではハッピーなサビで観客たちが拳をあげて一体となり、「Sweet Temptation」ではYoshi(Gu)とトキ(Gu)がツイン・ライトハンドを華やかにキメてみせる。カラフルなアルバムのイメージをさらに増幅するように、ある曲ではキュートに、またある曲では激しくと、彼女たちの魅力が次々と表情を変えていく。

 圧巻だったのは中盤のインストで、叙情的なギターから始まったミディアムが一気にテンポアップしたかと思うと、ふたりの速弾きギターソロ→ライトハンドも駆使したベースソロ→3バスドラ(!)をフィーチャーした迫力のドラムソロと、凄まじい超絶プレイの応酬。そんじょそこらのバンドは到底敵いっこないその演奏力に、なぜか観ているこっちまで誇らしい気分に(笑)。

 また、後半のMCでRe:NO(Vo)は“メンバー脱退や事務所移籍など、一時はライヴもできない、CDも出せないかもという危機だった”と語り、“奇跡的に新ドラマーMarinaが加入し、CD制作やツアーも叶った。今後、壁にぶつかっても何があっても突き進んでいくので、これからもよろしくお願いします”と感謝を述べた。そして、演奏されたのは「Believe myself」と「Dearly」。どちらも現体制アルディアスの第一弾として発表された楽曲だが、こうしてライヴで聴くと“不安な状況の中で彼女たちが、いかに現状を乗り越えようとしていたか、仲間とともに未来を目指そうとしていたか”が、明確に伝わってくるし、彼女たちは描いた未来をこのツアーで現実のものにしていったと言える。その手応えと自信が5人の笑顔をより輝かせていたように思う。

 このファイナル後には、5月から(すぐじゃん!)全16本の次のツアーもスタートするが、これほどのハイペースなライヴで鍛えられた彼女たちが、今後どれほどの体力を身につけていくのか。今から楽しみである。

セットリスト

  1. Re:fire
  2. THE END
  3. Scrash
  4. die for you
  5. One Way
  6. Sweet Temptation
  7. 胡蝶ノ夢
  8. Mermaid
  9. Inst
  10. Dominator
  11. Raise Your Fist
  12. Believe Myself
  13. Dearly
  14. Luft
  15. Moment
  16. <ENCORE1>
  17. I Don’t Like Me
  18. STEP
  19. 夜桜
  20. <ENCORE2>
  21. Ultimate Melodious
Aldious プロフィール

アルディアス:2008年に大阪で結成。ガールズメタル界の頂点に立つ5人組。“Ultimate Melodious(究極の旋律)”からの造語だというバンド名が示す通り、アグレッシブな演奏とメロディアスな楽曲が魅力。激しいパフォーマンスと一体感のあるライヴにも定評があり、17年は『Summer Sonic Shanghai 2017』や、2年連続となる『LOUD PARK 17』にも出演を果たした。Aldious オフィシャルHP

アルディアス プロフィール

アルディアス:2008年に大阪で結成。ガールズメタル界の頂点に立つ5人組。“Ultimate Melodious(究極の旋律)”からの造語だというバンド名が示す通り、アグレッシブな演奏とメロディアスな楽曲が魅力。激しいパフォーマンスと一体感のあるライヴにも定評がある。アルディアス オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント