Creepy Nuts「堕天」歌詞の意味を考察!夜の世界に魅入られた少年の愛の歌

Creepy Nuts「堕天」歌詞の意味を考察!夜の世界に魅入られた少年の愛の歌

Creepy Nuts「堕天」歌詞の意味を考
察!夜の世界に魅入られた少年の愛の

TVアニメ「よふかしのうた」OP主題歌は失楽園がモチーフ

Creepy Nutsの『堕天』は、2022年7月より放送のTVアニメ『よふかしのうた』のオープニング主題歌として書き下ろされた楽曲です。
アニメ『よふかしのうた』はコトヤマによる同名漫画が原作。
不眠症を患う主人公・コウが夜の街で吸血鬼の七草ナズナと出会ったことから吸血鬼に憧れ、「吸血鬼に恋をする」という条件を満たして吸血鬼になろうとする“夜更かし”ラブコメディです。
作品タイトルはCreepy Nutsの楽曲から取られたということで、タイトルのもととなった『よふかしのうた』がエンディングに、『堕天』がオープニングに起用されました。
『堕天』はエネルギッシュなサウンドと印象的な歌詞に引き込まれます。
フジテレビ系ドラマ『パリピ孔明』にて、上白石萌歌演じるヒロイン・月見英子が歌う劇中歌にも選曲されており、さらに注目を集めています。
▲Creepy Nuts - 『堕天』【OfficialMusicVideo】
どのようなメッセージをっているのか、歌詞の意味を考察していきましょう。
堕天 歌詞 「Creepy Nuts」
https://utaten.com/lyric/ky22062239
1番の歌詞を見ると、旧約聖書の「創世記」に記されている挿話「失楽園」をモチーフにしていることが読み取れます。
「失楽園」は、最初の人間であるアダムとイブが悪魔の策略にはまって禁じられた木の実を食べたことにより、神の怒りを買いエデンの園と呼ばれる楽園を追放された様子を描いています。
歌詞でもまさにその情景が表現されており、アダムの視点でストーリーが進んでいることが分かるでしょう。
楽園から追い出されて初めて失敗に気づき、受け入れられずに自分をそそのかした「君のせいにした」と語っていて、恋が自分の判断を狂わせたことを言い表しています。
そして2人は禁じられた木の実を食べたことで自分が裸であることが恥ずかしくなり、「イチジクの葉」で体を覆いました。
2人が並んで楽園の外を当てもなく歩く姿が想像できます。
堕天 歌詞 「Creepy Nuts」
https://utaten.com/lyric/ky22062239
タイトルの「堕天」はキリスト教で神に背いた天使を堕天使と呼ぶことから来ており、アダムとイブは人間なので「堕天」と表現されていると解釈できるでしょう。
境界線を踏み越えた時、眠りから「目が醒める」かのように正気に戻った感覚がしたようです。
しかしすぐに天使が「空に落ちて行く」ように、人として闇に堕ちていくのを実感します。
それでも「もうひと齧り」という言葉から、堕ちる感覚が病みつきになっていることも見えてきます。
堕ちた先で見つける新しい生き方
堕天 歌詞 「Creepy Nuts」
https://utaten.com/lyric/ky22062239
螺旋状に回りながら深いところまで堕ちていく2人。
幕切れを示す「カーテンコール」にも気づかず身を任せていれば、「いつの間にか傷が埋まってく」のを感じます。
楽園からの追放という大きな傷を負ったはずなのに、2人でいるから心の傷が埋まっていくように感じていると解釈できそうです。
これはアニメの中でコウがナズナと距離を縮めていき、次第に心も体も癒されていく様子を表現しているように思えます。
堕天 歌詞 「Creepy Nuts」
https://utaten.com/lyric/ky22062239
楽園から離れて新しく住みついた場所では「何から何までごった煮」。
「鬼も仏もおんなじ目」というフレーズから、善悪の境界がないことがイメージできるでしょう。
主人公は周囲の常識を振りほどき、「大真面目に」自分の思うがまま生きていきます。
後ろ指を指されてもそれすら「むしろ追い風だ」と、逆境の中でこそ輝く自分を見出したようです。
「徒花」とは咲いても実を結ばない花のことで、転じて見かけは華やかでも内容や結果を伴わない物事を指して用いられる言葉です。
蛇の姿をした悪魔に睨まれ、最初の人間として華々しく生まれたにも関わらず何も成し得ないまま楽園を追い出された自分を「歴史の徒花」と表現したのでしょう。
自嘲的に言いながらも、その生き方を受け入れているようです。
「エデンにはまだ「空室あり」」のフレーズは自分たちが楽園にいないことを、ホテルに空室があることに例えていると思われます。
これはコウとナズナの関係がまだ恋に達していないことを表している言葉とも考えられます。
Creepy Nutsの音楽への想いも重ねている?
堕天 歌詞 「Creepy Nuts」
https://utaten.com/lyric/ky22062239
悪に染められるのはあっという間で、それなのに高まった熱が過ぎていくのもあっという間です。
しかし禁じられた実の蜜をまだ求めるように、甘美な悪から離れられません。
この歌詞をアニメのストーリーと照らし合わせると、恋と血のダブルミーニングになっていると考察できますね。
堕天 歌詞 「Creepy Nuts」
https://utaten.com/lyric/ky22062239
ここで出てくる「血」は文字通りの意味と共に、自分の中に沸き立つ想いのこととも捉えられます。
吸血鬼として血を飲むように昂る感情を受け入れて、今の自分を認めようとしているのかもしれません。
「取り留めない出会い」も、見方を変えれば鮮やかに色づいた価値のあるものになるはずです。
だから目が醒めて今の自分が恥ずかしくなってしまう前に、その感情をもっと自分の中に取り込んで当たり前のものにしようとしているのではないでしょうか。
歌詞全体を振り返ると、アダムとイブ、コウとナズナの関係にCreepy Nutsの2人と音楽の関係を重ねているようにも思えます。
2人とも学校を中退し、世間的に見れば落第生として大人たちからの風当たりの強い環境にいたことでしょう。
しかしHIP-HOPというジャンルの音楽と出会い、その素晴らしさに気づいたことにより音楽界で確かな地位を築くことができました。
受け入れられやすい王道ジャンルではないHIP-HOPで高みを目指すのは、まるで「狭い空」を突き抜けるかのようです。
それでも「蜜の味」にハマった2人は、自分が良いと思うものを突き詰める決意をしました。
周囲が何と言おうと自分が魅了されたものを信じて追いかけようとする姿が、アニメ『よふかしのうた』とCreepy Nutsとの間に通じている気がします。
心の中にある熱い想いを感じさせる歌詞が秀逸!
Creepy Nutsの『堕天』は闇の世界に魅入られた人々の様々な形の愛が描かれたラブソングです。
歌詞の中に「堕天」というフレーズは登場しませんが、同じ韻を踏む単語をふんだんに使用してタイトルを連想させているところが流石です。
恋と音楽に宿る熱を巧みな言葉選びとメロディで表現した『堕天』のストーリーを、アニメとのリンクを感じながら楽しんでくださいね。

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

新着