Aesop Boy feat. 関口シンゴ , WONK
, Yatto_Aetaneが彩る日常

この時代だからこそ生まれた一曲

インストゥルメンタルプロジェクト・
の3rdシングルとしてリリースされた『Origami wo Kimi ni』。コロナ禍で活動するアーティストへ楽曲を無償提供する「origami Home Sessions」より
氏のトラックをベースに、気分よく踊るようなメロディが乗る耳馴染みの良い一曲に仕上がっている。
当楽曲の中では、同じくフリー提供されている
Small Things』のボーカルトラックも素材として使用されており、この時代だからこそ生まれた音楽だとも言えるだろう。だからだろうか、『Origami wo Kimi ni』は今の私たちの暮らしのどんなシーンにもマッチし寄り添って、すこしだけ肩の荷を下ろしてくれるような柔らかな空気を纏っている。久しぶりに街を歩くとき聞けばきっとその足取りは軽くなるし、一人で過ごす暗い部屋の中で流せば思わず体が揺れてしまうはずだ。
また、
が担当している人懐っこいアートワークにも注目してほしい。

Aesop Boy アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着