それでも世界が続くなら

それでも世界が続くなら

それでも世界が続くなら、
オリジナルメンバー復活ワンマンの
ドキュメンタリー映像を無料公開
&篠塚の配信ライブも同時開催

ダウナー・ロックバンド、それでも世界が続くならが、9月1日にワンマンライブ『Re:habilitation』千葉公演のドキュメンタリー映像をYoutubeに無料公開。また、ボーカル篠塚による配信ワンマン『9月1日』を緊急同時開催することを発表した。

それでも世界が続くならは2011年に結成、友人の藤井健氏と共にMV「シーソーと消えない歌」「水色の反撃」を公開し話題に。2012年にはタワーレコード全店チャート1位を獲得、2013年のメジャーデビュー以降、VIVA LA ROCK、RedioCrazy、ARABAKI ROCK FEST等の数々のフェスに出演、ボーカルの篠塚将行氏は著書『君の嫌いな世界』やBiSHモモコグミカンパニー氏や春名風花氏との対談など、哲学家・執筆家などとしても多岐にわたる活動を行っている。

このドキュメンタリー映像は、コロナ禍で延期となったワンマンライブ『Re:habilitation』千葉公演に、2019年に脱退したドラマー栗原則雄をサポートメンバーに迎え、一夜限りのオリジナルメンバー復活ワンマンを行った際の模様を収めたものとなっている。映像を手掛けたのは、それでも世界が続くならMUSIC VIDEO「参加賞」「水色の反撃」等を手掛けた藤井健監督、また藤井監督の後輩映像作家の河野真紀氏。藤井健氏が、それでも世界が続くならの映像作品に参加するのは、約5年ぶりとなる。

また、1年で一番自殺者が増えるといわれる“9月1日問題”の当日でもあるこの日。篠塚による自宅配信ワンマン『9月1日』も必見だ。

それでも世界が続くなら ONE-MAN LIVE
『Re: habilitation / documentary』

【それでも世界が続くなら ONE-MAN LIVE『Re: habilitation / documentary』】

監督・撮影:藤井健 / 河野真妃

1、魔王とバッドエンド
2、イツカの戦争
3、水色の反撃
4、狐と葡萄
5、 (新曲)
6、チルの街
7、誰も知らない
8、一般意味論とアリストテレス
9、正常
10、SNSとオフライン
11、(新曲) ※アドリブ
12、人間の屑

【篠塚将行・自宅配信ワンマン公演「9月1日」】

配信URL:https://ssl.twitcasting.tv/sino_sstn/shopcart/22343

※それでも世界が続くなら篠塚将行の自宅から配信されるツイキャスプレミア配信ワンマンライブです。
※高音質での音声のみのラジオ配信となります。
※コメントに返信しつつ行われる参加型ワンマンライブです。セットリスト等はありません。
※通常のライブハウスでのワンマンライブ同様に、リアルタイムでの公演となります。
※1時間半程度の配信を予定しています。

それでも世界が続くなら

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。