WONK、ニュー・アルバム『EYES』6月
リリース テーマは「高度情報化社会
における多様な価値観と宇宙」

WONKがニュー・アルバム『EYES』を6月にリリースすることが発表された。

2020年第1弾シングル「HEROISM」を4月3日(金)にリリースしたばかりのWONK。以前より予告されてきた新作には、EP『Moon Dance』全曲とシングル「Signal」、「HEROISM」に加え、新曲10曲を含む全17曲収録予定の大作。高度な情報社会における多様な価値観と宇宙をテーマに、様々な作家と共同で架空の映画『EYES』の脚本を作り上げたという。

フィルター・バブルやエコー・チェンバーといった言葉で表現される情報への選択的接触、そして、そうした接触がもたらした社会分断を背景に書き下ろされたオリジナルの物語で、主人公の歩みがアルバム全体を通して描かれているとのこと。

【荒田洸(WONK / Dr.) コメント】

私たちの思う“正義”は、はたして本当に正義なのか。私たちはただ何らかの力、あるいは集団の心が生み出した正義の虚像を見つめ、踊らされているだけなのではないか。
チョー端的に言うと、この作品は、私たち自身の中に“自分だけのものさし”を取り戻そうという思いを込めた作品です。


【リリース情報】

WONK 『EYES』

Release Date:2020.06.17 (Wed.)
Label:EPISTROPH

※完全予約限定版は6月24日(水)リリース
※完全予約限定版:特殊仕様、LPサイズ、CD + ART BOOK付属(約30㎝ × 30cm / 24P予定)
※WONK初となる歌詞、対訳付属
※本パッケージは完全予約限定生産のため、お早目に各ショップ・販売サイトでのご予約をお願いいたします。4月末までにご予約いただきますと確実にお受け取りいただけます。

■ 予約ページ(Universal Music WEBショップ)(https://store.universal-music.co.jp/product/pocs23906/)

※なお、コロナウイルスの影響で生産に遅れが生じる場合があり、リリースまでのお届けに間に合わない可能性がある旨ご了承ください。

■ WONK オフィシャル・サイト(http://www.wonk.tokyo)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着