2018年9月7日 at 日本武道館

2018年9月7日 at 日本武道館

【斉藤和義 ライヴレポート】
『KAZUYOSHI SAITO 25th
Anniversary Live 1993-2018 25<26
~これからもヨロチクビーチク~』
2018年9月7日 at 日本武道館

2018年9月7日 at 日本武道館
2018年9月7日 at 日本武道館
2018年9月7日 at 日本武道館
2018年9月7日 at 日本武道館
2018年9月7日 at 日本武道館
2018年9月7日 at 日本武道館
2018年9月7日 at 日本武道館
2018年9月7日 at 日本武道館
2018年9月7日 at 日本武道館
 斉藤和義が、デビュー25周年を記念したツアー『KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-2018 25<26 ~これからもヨロチクビーチク~』の東京公演を9月6日(木)、7日(金)にわたって日本武道館で行なった(両日ソールドアウト!)。ここでは2日目の模様をレポートする。

 1993年8月、シングル「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューした斉藤和義。その25周年を祝うために多くのファンが駆け付け、武道館のアリーナからスタンド、ステージサイド席までが埋まった。斉藤和義のバックを真壁陽平(Gu)、崩場将夫(Key)、山口寛雄(Ba)、河村吉宏(Dr)ががっちりと固め、オンタイムで始まったライヴは理想的なテンションのまま、たっぷり3時間! アンコールではデビュー曲「僕の見たビートルズはTVの中」(“作った頃は世の中が物騒で、ベルリンの壁が壊れたり、天安門事件、湾岸戦争、ソビエト崩壊があったり。でも、日本はバブルでみんなスキーやジュリアナに行ったりしてて、なんだかモヤモヤした気持ちがそのまま曲になった感じ”だという)も披露。素晴らしいパフォーマンスの数々で、まさに大盛況のワンマンだった。なお、この日の模様は10月28日(日)にWOWOWライブでオンエアされる。

 客電が落ちると同時に、遊び心満載のオープニングムービーがスタート! SF映画的大仰BGMに乗せて、斉藤和義の略歴が小ネタ混じりでスクロールしていく。そして、スクリーンに25周年ロゴが真っ赤に映え、「FIRE DOG」のリフで点火。場内を早くも沸き上がらせてみせる。大がかりな仕掛けは最初のみ。ポップカラーの豹柄シャツを着て“NUKE IS OVER”のギターストラップを付けた何者にも縛られない歌うたいが、歌いたいことを良いメロディーでまっすぐに歌う。愛されながら。祝福ムードに包まれて。“せっちゃん25周年おめでとう~!”とファンの声が飛ぶ中、TENGAの差し入れにコメントしたり、バンドメンバーを25年前の写真で紹介する際は“この時はまだ童貞?”といじったり、ゆるい下ネタも適度に。一方で被災地に触れるMCもあって、「男節」のような放浪歌に浸り、「真夜中のプール」にビタースウィートを感じ、「ウエディング・ソング」の多福に酔い、音源化前の新曲「カラー」(映画『かぞくいろ -RAILWAYS わたしたちの出発-』主題歌)を聴ける。そんな時間がなおさら幸せに思えた。「月光」で手を伸ばす観客の姿もグッとくる。「Stick to fun! Tonight!」の途中ではバンドメンバーたちと男5人で荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」を踊り出し、「スナフキン・ソング」で武道館に広がるハッピー。「歩いて帰ろう」の大合唱などを含め、“ベリー ベリー ストロング”に生きる力が漲る一夜だった。さらに、最高の仲間を集めて西日本豪雨復興支援のチャリティーライヴもやってくれるそうです。11月8日(木)はぜひZepp DiverCityへ!

取材:田山雄士


セットリスト

  1. 1.FIRE DOG
  2. 2.Hello! Everybody!
  3. 3.アゲハ
  4. 4.男節
  5. 5.tokyo blues
  6. 6.空に星が綺麗
  7. 7.真夜中のプール
  8. 8.君は僕のなにを好きになったんだろう
  9. 9.ウエディング・ソング
  10. 10.彼女
  11. 11.リズム
  12. 12.ぼくらのルール
  13. 13.カラー
  14. 14.月光
  15. 15.Alright Charlie
  16. 16.ずっと好きだった
  17. 17.Stick to fun! Tonight!
  18. 18.Good Luck Baby
  19. 19.幸福な朝食 退屈な夕食
  20. 20.やさしくなりたい
  21. 21.スナフキン・ソング
  22. 22.歩いて帰ろう
  23. 23.ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~
  24. 24.COME ON!
  25. <ENCORE>
  26. 1.僕の見たビートルズはTVの中
  27. 2.歌うたいのバラッド
  28. 3.月影
斉藤和義 プロフィール

1966年生まれ、栃木県出身。
小学校6年生の時に母親が買ってくれたアコースティックギターがキッカケで音楽に目覚める。中学・高校とギタリストとしてバンド活動を始め、大学生の時に曲作りも始める。21歳で上京し、その間に数々の経験を重ね、93年「僕の見たビートルズはTVの中」でデビューを果たす。
以降リリースした「歩いて帰ろう」や「歌うたいのバラッド」は、現在でも様々なアーティスト、そしてファンに愛される楽曲となっている。また、『ゼクシィ』CMソングとして大ヒットした「ウエディング・ソング」や、タケダ『アリナミン』CMソング「やぁ、無情」など、サウンド・メイカーとしての才能を存分に発揮した名曲を次々と生み出している。
そして、08年8月にはデビュー15周年を迎え、リリースしたベストアルバム『歌うたい15 SINGLES BEST 1993〜2007』は、5週連続TOP5入りの快挙を果たした。公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。