浅葱、ソロツアースタート「濃厚な和
の世界観をご堪能あれ」

浅葱が1月31日に発売したメジャー1stソロアルバム『斑』を引っ提げ、2月10日(土)新横浜NEW SIDE BEACH!!よりソロツアー<“浅葱”全国単独公演 二〇十八 「斑」>をスタートさせた。
事前に「アルバム全曲を披露する」との予告もあった本ツアー。今年結成15周年を迎えるDでは数100本を越えるライヴを展開してきた浅葱だが、ソロプロジェクトでのフルライヴは今回が初。ライヴ後のブログに綴っていたように、浅葱は初日を迎えるまで眠りの浅い日々を過ごしていたという。
ライブ当日。ステージには和風庭園のようなセットが設置され、豪華な和服の衣装をまとった浅葱と、紋付き袴に身を包んだサポートメンバーの姿が。浅葱が描き出す世界観は、音と視覚、様々な角度からオーディエンスをその渦に巻き込んでいく。最初のMCでは「人生初のソロでのワンマンなのだが、そなたらと共に過ごせて誠に嬉しい。この『斑』の濃厚な和の世界観をご堪能あれ」と、全曲古語で歌詞が綴られた『斑』のイメージに合わせたメッセージを投げかけた。全13曲、アンコールなしのライヴは普段のDのライヴと比べると、時間的には短い。けれど濃厚かつ重厚な世界観とサウンドは、けして物足りなさを感じさせない。これでもかと圧倒させるライヴというよりは、あとから余韻に浸ることができる一遍だと感じる。
今回のツアーは、HIDE-ZOU(D/G)、MiA(MEJIBRAY/G)、亜季(Sadie/AXESSORY/B)、HIROKI(D/Dr)がサポートメンバーとして浅葱を支える。ライヴを終えて楽屋に戻ってきた彼らと浅葱が“課題が生まれた。もっとこうしたらいいかなと思えるところがたくさん発見できた”と笑顔で話していたのも印象的。きっとここから始まるツアーの旅路は、日を追うごとに充実していくに違いない。
アルバム音源は、浅葱が一人で作り上げた世界観をゲストミュージシャンが素晴らしい演奏と表現力で具現化して生まれた“作品”。対してライヴは、浅葱とサポートメンバー、そして観客が共に作り上げていく“生きた世界”。初日公演最後のMCで浅葱は「我らの人生はたった一度きりで、その人生は誰のものでもなく己だけのものです。ここに集まってくれた皆さんは、同じ音楽に共感し、それぞれの夢がここで少しずつ重って、それは今、斑の空を描いています。 さあ、蝶となり飛び立て、自由な空へ」という言葉を残している。
セットリスト


2月10日・新横浜NEW SIDE BEACH!!
SET LIST

-SE(天地(あめつち)行き来る小船)-

1.月界の御子

2.畏き海へ帰りゃんせ

3.花雲の乱

4.隠桜(おぬざくら)

-MC-

5.螢火

6.大豺嶽(おおやまいぬだけ)~月夜(つくよ)に吠ゆ~

7.冬椿 ~白妙の化人~

-MC-

8.白面金毛九尾の狐火玉

9.鬼眼羅(きめら)

10.雲の通ひ路

11.妖刀玉兎

-MC-

12.物の怪草子

-MC-

13.アサギマダラ
<“浅葱”全国単独公演 二〇十八 「斑」>


2月10日(土)新横浜NEW SIDE BEACH!! ※公演終了

2月17日(土)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE ※公演終了

2月18日(日)金沢AZ ※公演終了

2月22日(木)岡山IMAGE

2月23日(金)広島SECOND CRUTCH

2月25日(日)福岡DRUM SON

3月3日(土)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3

3月8日(木)仙台MACANA

3月11日(日)札幌colony

3月17日(土)OSAKA MUSE

3月18日(日)名古屋ell.FITS ALL

【千秋楽】

3月24日(土)新宿BLAZE
※全公演・終演後、握手会決定

※握手会&スペシャルプレゼント「月光石」手渡し会開催
[料金]

前売 ¥4,200(税込)/当日 ¥4,700(税込)※別途ドリンク代必要

※新宿BLAZE公演のみ 前売¥4,700(税込)/当日 ¥5,200(税込)
チケット一般発売中

詳細はこちら

http://www.god-child-records.com/asagi/
[ツアーサポートメンバー]

Gt.HIDE-ZOU(D)

Gt.MiA(MEJIBRAY)

Ba.亜季(Sadie/AXESSORY)

Dr.HIROKI(D)
“浅葱” メジャー1st Full Album『斑(まだら)』


■AL+DVD

品番:YICQ-10401/B

POS:454211410401/5

価格:¥4,000(本体価格)+税

・収録楽曲全13曲

[CD]

1.天地(あめつち)行き来る小船

2.月界の御子

3.畏き海へ帰りゃんせ

4.花雲の乱

5.隠桜(おぬざくら)

6.螢火

7.大豺嶽(おおやまいぬだけ)~月夜(つくよ)に吠ゆ~

8.冬椿 ~白妙の化人~

9.白面金毛九尾の狐火玉

10.鬼眼羅(きめら)

11.雲の通ひ路

12.物の怪草子

13.アサギマダラ

[DVD]

DVD-1.月界の御子 (Music Video)

DVD-2.月界の御子 (Music Video with lyrics)

DVD-3.月界の御子 (Music Video Making)
■CD

品番:YICQ-10402

POS:454211410402/2

価格:¥3,000(本体価格)+税

・収録楽曲全14曲


[CD]

1.天地(あめつち)行き来る小船

2.月界の御子

3.畏き海へ帰りゃんせ

4.花雲の乱

5.隠桜(おぬざくら)

6.螢火

7.大豺嶽(おおやまいぬだけ)~月夜(つくよ)に吠ゆ~

8.冬椿 ~白妙の化人~

9.白面金毛九尾の狐火玉

10.鬼眼羅(きめら)

11.雲の通ひ路

12.妖刀玉兎(※通常盤のみ収録)

13.物の怪草子

14.アサギマダラ

★初回特典:トレーディングカード封入

(全3種類よりランダム1枚)
・GUEST MUSICIANS

※第五弾最終発表

SUGIZOLUNA SEAX JAPAN
※第四弾発表

MiA (MEJIBRAY)
※第三弾発表

TOSHI (Gargoyle
※第二弾発表

千聖 (PENICILLINCrack6

Leda (Far East Dizain

LEVIN (La'cryma Christi
※第一弾発表

aie (the god and death starsgibkiy gibkiy gibkiy / THE MADCAP LAUGHS / KEEL)

亜季(Sadie / AXESSORY)

天野攸紀

岡野ハジメ

K-A-Z (Sads / DETROXSTEALTH / カイキゲッショク)

奏-kanade-

沙我 (A9)

咲人 (NIGHTMARE / JAKIGAN MEISTER)

Sakura-櫻澤泰徳 (gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO)

SYU (GALNERYUS

SHUSE (†яi¢к / La'cryma Christi)

真矢 (LUNA SEA)

Shinya (DIR EN GREYSERAPH

樹威 (GOTCHAROCKA

JUN (GOTCHAROCKA)

淳士 (BULL ZEICHEN 88 / ex. SIAM SHADE

DAITA (BREAKING AROW / BINECKS / ex. SIAM SHADE)

Tsunehito (D)

TERO (†яi¢к)

十夜 (GOTCHAROCKA)

遠海准司 (己龍

Tomoko (HEAVENESE)

中村佳嗣 (Eins:Vier / alcana / 青天の霹靂 / yohiaco)

HIDE-ZOU (D)

人時 (黒夢 / Creature Creature

HIRO (La'cryma Christi / Creature Creature)

HIROKI (D)

藤原いくろう

MOTOKATSU

Motoki (HEAVENESE)

you (Janne Da Arc

燿 (摩天楼オペラ

yo-ka (DIAURA

Ruiza (D)

(50音順、敬称略)

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着