【DOPING PANDA】『DOPING PANDA 20
12/4/19』2012年4月19日 at TOKYO D
OME CITY HALL

撮影:橋本塁/取材:ジャガー

“ここがゴールになったことは申し訳ないと思う。でも、みんないつか分かってくれる日が来ると思う。本当にありがとう”と解散を惜しむ人々に向かってYutaka Furukawa(Vo&Gu)は投げかけた。常に理想を追い求めてきたDOPING PANDAの歴史が幕を閉じる。1曲目の「Introck」からオイコールが沸き起こり、Taro Houjou(Ba&Cho)の野太いベースが合図となって歓喜した「Lost & Found」など、序盤はバンドサウンドを前面に押し出したナンバーが続く。ライヴの完成度を気にして“熱くなんないようにしないとね”と口にしたものの、いざ曲が始まれば“本当のロックを見せてやる”と豹変し、感情剥き出しのステージングで会場を踊らせる。インディーズ時代の懐かしいナンバーからライヴで鉄板の曲まで、申し分ない贅沢な構成。このライヴで全てを出し切るんだというメンバーの強い意志が感じられた。
 アンコールではFurukawaがひとり舞台に立ち、「the anthem」「Moralist」を弾き語りで聴かせた。頭を空っぽにして全身で優しい音色に耳を傾ける心地良いひと時。その後、再びメンバーそろったところで、Hayato(Dr&Cho)は“解散することを決めてから一度も後悔してません”と語る。誰よりもこのバンドを愛し、愚直なまでの誠実さで向き合ってきた3人だからこその答えなのかもしれない。彼らの決意を受け止めたオーディエンスとともに、渾身の熱を注いでの「MIRACLE」で締め括り。何もかも忘れて大暴れするフロアの熱狂ぶりを満足げに眺めるメンバーの姿が今も胸に焼き付いている。

セットリスト

  1. Introck
  2. Blind Falcon
  3. nothin'
  4. Lost & Found
  5. It's my life
  6. Crazy
  7. Just say good bye
  8. mayonnaise on my toast
  9. Fine by me
  10. start me up
  11. Mr.Superman
  12. We won't stop
  13. Majestic Trancer
  14. Go The Distance
  15. ギターソロ
  16. Don't stop your melodies
  17. Lovers Soca
  18. YA YA~ドラム&ベースソロ~YA YA
  19. The Fire
  20. I'll be there
  21. crazy one more time
  22. Hi-Fi
  23. Transient Happiness
  24. beautiful survivor
  25. beat addiction
  26. the miracle
  27. MIRACLE
  28. the anthem
  29. Moralist
  30. Stairs
  31. Everything under the sun
  32. Candy house
  33. Uncovered
  34. GAME
  35. Crazy
  36. MIRACLE
DOPING PANDA プロフィール

FURUKAWA(vo&g)、HOUJOU(b)、HAYATO(ds)からなる3ピース・ロック・バンド。クラブ・ミュージックの要素を大胆に導入したダンス・ロックが彼らの持ち味である。
97年の結成直後はメロディック・パンクなイメージが強かったが、ディズニーのカヴァー・コンピレーション・アルバム『DIVE INTO DISNEY』参加などの活動を経ていく中で、徐々にその雑食性を露にしていく。05年には『High Fidelity』でメジャー・デビュー。06年には“m-flo loves DOPING PANDA”として「she loves the CREAM」でm-floとの共演も実現。
ヴォーカルのFURUKAWAは、自身を「ロック・スター」または「スター」と自称し、それが愛称にもなっている。また、DOPING PANDAのファンは「ドーパメイニア」および「メイニア」と呼ばれており、一種のファン・シーンが形成されていると言えよう。
05年作『High Pressure』に続き、07年には“High”3部作シリーズ完結編となるアルバム『High Brid』をリリース。“ハイパー・ポップ・ロック”との呼び声も高い本作は、一度聴いたら忘れられないそのバンド名同様、非常にキャッチーかつエンターテイメント精神溢れる音楽を構築している。DOPING PANDA Official Website
DOPING PANDA Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着