【aiko】『Love Like Pop vol.14』2
011年7月24日 at NHKホール

撮影:金原 誠/取材:石田博嗣

4月からスタートしたツアー『Love Like Pop vol.14』も、東日本大震災の影響で延期となった仙台公演は番外編とのことで、今夜が実質的な最終日。そんなライヴに相応しく、特別セットリストを組んだと語ったaiko。そして、序盤の元気な曲ばかりが続く“汗びっしょりゾーン”から小さな体を大きく動かし、踊って、歌って、笑って、温かい空間を作り上げていく。MCともなれば“よう来たな~、ほんまに”とまるで友達のような親近感で、ツアー中のエピソードを話するなど、ファンとの距離を感じさせないのも彼女のライヴの醍醐味だ。客席からもらった“パンティー”をはじめ、“しましま”や“初めてのライヴ”などのお題を盛り込んで即興で作った「しましまのパンティー」と命名された楽曲を披露するなど、大きな会場が昼休みの教室のようなフレンドリーな空間に変わっていた。しかし、その後にはキーボードの弾き語りでしっとりとバラードを聴かせ、楽曲が描く物語の中に聴く者をいざなうと、アッパーチューン連発の終盤戦“死にかけゾーン”へ! コール&レスポンスや大合唱、ジャンプなど全員参加型のライヴが繰り広げられ、ステージ、ファン、スタッフ、警備員…とにかく会場中に笑顔を咲かせる。約3時間という長丁場ではあったが、ファンがaikoの歌を必要としているように、客席ひとりひとりに歌いかけているaikoもファンの笑顔を必要としていることが垣間見れ、その関係性から生まれている一体感が実に心地良かった。終演後には約2年振りとなるライヴハウスツアー『Love Like Rock vol.5』の開催発表もあったが、そこではよりステージと客席が近いライヴが繰り広げられることだろう。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
aiko プロフィール

アイコ:1975年、大阪生まれのシンガーソングライター。98年にシングル「あした」でメジャーデビュー。3rdシングル「花火」が大ヒットを記録し、全国区で注目の存在に。等身大の目線と心情で描かれた恋愛における微妙な女心が多くのリスナーの共感を呼んでいる。aiko オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。