【Plastic Tree】『Plastic Tree 20
13 年末公演 ゆくプラくるプラ』201
3年12月27日 at TOKYO DOME CITY HA
LL

取材:土内 昇

 年末恒例の『ゆくプラくるプラ』。BGMが雅楽だったり、ステージセットが鳥居だったりと年末感が演出されているが、ライヴが始まってしまえば、深淵なサウンドが場内をプラトゥリの世界に染め上げる。

 甘さと儚さと切なさを持ち合わせるヴォーカルが滑らかなメロディーを歌い、力強いビートを繰り出すドラムと存在感のあるフレーズを唸らすベース、ノイジーでエッジーなギターが絡み合いながらクールで淡い音像を構築。その一方で、ゆる〜いMCや幕間のショートムービー『土曜プラトゥリ劇場』で笑いを誘うシーンも。この緩急もプラトゥリの世界。幻想的なものから攻撃的なものまでさまざま表情を描き、オーラスはエモーショナルな「リセット」で客席を焚き付け、最後は一本締めで終幕。年末公演らしく無礼講で弾けまくったライヴだったと言える。

セットリスト

  1. 幻燈機械
  2. うつせみ
  3. 1999
  4. 理科室
  5. 冬の海は遊泳禁止で
  6. くちづけ
  7. デュエット
  8. アイラヴュー・ソー
  9. メランコリック
  10. ー幕間映像ー
  11. 不純物
  12. 瞳孔
  13. スピカ
  14. てふてふ
  15. 絶望の丘
  16. 涙腺回路
  17. ナショナルキッド
  18. puppet talk
  19. クリーム
  20. <ENCORE>
  21. 雪蛍
  22. バンビ
  23. リセット
Plastic Tree プロフィール

プラスティック・トゥリー:1993年12月、有村竜太朗と長谷川正を中心に結成。精力的なライヴ活動で着実にファンを獲得し、97年6月に「割れた窓」でメジャーデビュー。作品は攻撃的なギターロックからポップなものまで多岐にわたり、有村の特徴的な歌声とバンドの持つ独特な世界観で、唯一無二の存在として確固たる地位を確立。その世界観は海を越え海外でも人気を集め、ワールドツアーを敢行するなど世界的にも評価は高い。17年にメジャーデビュー20周年を迎え、7月29日には周年“樹念”で初のパシフィコ横浜公演を開催。同年9月にはトリビュートアルバム『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』を発売した。Plastic Tree オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント