【Plastic Tree】『Plastic Tree 男
子限定LIVE「Boys Don't Cry」』201
5年5月23日 at 渋谷GUILTY

撮影:Akihiko Yokoi(DEEP-END)/取材:土内 昇

 “思い出した! ライヴハウスはアツいんだ”(ナカヤマアキラ/Gu)、“アツいわ〜、君たち。今日、やって良かったよ”(長谷川正/Ba)…そんなメンバーの言葉からも今日のライヴの充実感がうかがえる。渋谷GUILTYという小さめのライヴハウスで繰り広げられた、結成21年目にして初の男性限定公演。野郎たちでギッシリの会場に流れていた客入れの交響曲が、暗転の中でMy Bloody Valentineの「Only Shallow」に変わっただけで、いつもとは違う爆発力を秘めた空気が渦巻き始めた。1曲目「Thirteenth Friday」のノイジーで深淵な音像とプロジェクターによる幻想的な映像が会場をPlastic Tree特有のディープな空間に染め上げるが、そこに「涙腺回路」のスリリングなイントロダクションに誘発された野太いオイコールが熱を注ぎ込むと、それに触発されるようにメンバーのステージングもアグレッシブに! 3曲目が終わったところで有村竜太朗(Vo)が“今日はきっと特別な日になるんだろうなと思ってましたが、想像を超えていました”と口にするほど、場内に広がる白い靄が演出のスモークなのか観客の熱気なのか区別がつかないぐらい、室温と湿度が急上昇している。そして、有村がギターをハンドマイクに持ち替えた攻撃モード全開の後半戦に入ると、フロアーではクラウドサーフやモッシュが発生。野郎たちの半端ないボルテージと、それを迎え撃つ4人の緊迫感を伴ったアンサンブルの攻防はとにかくアツい。タイトルに掲げたThe Cureの「Boys Don't Cry」のカバーや観客のひとりが差し入れた樽酒の鏡割など、この日だからこそのスペシャルもあり、今日のライヴが21年の歴史に大きく刻まれる出来事になったことは間違いないだろう。

セットリスト

  1. Thirteenth Friday
  2. 涙腺回路
  3. GEKKO OVERHEAD
  4. みらいいろ
  5. テトリス
  6. リプレイ
  7. Sink
  8. カオスリロン
  9. あバンギャルど
  10. マイム
  11. ヘイト・レッド、ディップ・イット
  12. バンビ
  13. メランコリック
  14. ―――暗転。
  15. <ENCORE1>
  16. puppet talk
  17. ナショナルキッド
  18. <ENCORE2>
  19. Boy’s Don’t Cry
  20. サイコガーデン
  21. Ghost
Plastic Tree プロフィール

1993年12月、有村と長谷川を中心に結成。精力的なライヴ活動で着実にファンを獲得し、97年6月に「割れた窓」でメジャーデビュー。17年にメジャーデビュー20周年を迎え、7月には周年“樹念”で初のパシフィコ横浜公演を開催。同年9月にはトリビュートアルバム『Plastic Tree TriBute~Transparent Branches~』を発売した。19年2月には08年以降に発表した全シングルのカップリング曲を網羅したB面集『続 B面画報』をリリースし、同年7月には結成25周年を記念し、東京芸術劇場にてバンド史上初の試みとなるシンフォニックコンサートを開催した。Plastic Tree オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」