【doa】『doa 10th Anniversary LIV
E “open_door” 2014』2014年7月5日
at 赤坂BLITZ

撮影:Norikazu Tatsukawa/取材:土内 昇

 吉本大樹(Vo)が例えた通り、“doaの10歳を祝うホームパーティー”のようなライヴだった。メジャーデビュー10周年ということで、doaの歴史が詰まったセットリスト…しかもメドレーもあって、改めてdoaの音楽性だったり、3人の持ち味を実感。見事な三声のコーラスワークやアコースティックを基調とした躍動的なアンサンブルからは、メンバーがバンドを心底楽しんでいる様子が伝わってくるし、ルーツにあるウエストコーストロックを昇華した、聴く者を笑顔にする楽曲にはメッセージもユーモアもあって、観客を巻き込んでパーティーさながらの居心地の良い空間を築き上げていた。ライヴは《To the next ten years》と歌う新曲「Amazing Days」で終幕。同曲の《This song will keep us together》というフレーズで終わったことに、この10周年記念ライヴの意味を感じた。

セットリスト

  1. open_d
  2. 白の呪文
  3. ゼロの気持ち
  4. ノーコントロール
  5. I wish
  6. サザンライツ
  7. シュガー トレイン
  8. はるかぜ
  9. doa 10th Anniversary Special medley
  10. 新世界
  11. ハレ
  12. SALMON JUMP
  13. Come On!
  14. TAKE IT EASY
  15. LOCK MONKEY ROCK!!
  16. GIMME FIVE
  17. どしゃぶり PaperDriver
  18. doa 10th Anniversary Special medley(acoustic)
  19. キャンドル
  20. WANTED
  21. FRONTIER
  22. THIS LIFE
  23. RIDE ON
  24. 君だけに気づいてほしい
  25. Siren
  26. 火ノ鳥のように
  27. Bye-Bye デフレーション
  28. 危険なカーブ
  29. 英雄
  30. FREE WAY
  31. <ENCORE>
  32. 心のリズム飛び散るバタフライ
  33. Amazing Days
doa プロフィール

ドア:2004年7月にシングル「火ノ鳥のように」でメジャーデビュー以降、楽曲ごとにメインヴォーカルが変わるスタイルと三声のコーラスワーク、ウエストコーストロックに影響を受けたサウンドで、さわやかさと深さ、厚みを兼ね備えたミュージックスケープを展開している。doa オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント