L→R 大田紳一郎(Vo&Gu)、吉本大樹(Vo)、徳永暁人(Vo&Ba)

L→R 大田紳一郎(Vo&Gu)、吉本大樹(Vo)、徳永暁人(Vo&Ba)

【doa インタビュー】
このアルバムの曲たちって
どれもどこか切ない

デビュー15周年を迎えたdoa。現在敢行中の全国ツアーも大盛況だ。併せてファンが選んだベスト盤第二弾『doa Best Selection “MIDDLE COAST”』も到着! 彼ら特有のふくよかなハーモニーやウエストコーストを想起させるサウンドが最大限に映えるテンポの曲ばかりな同盤。フレキシブルに重なり絡む三声や、歌詞のテーマの自由さとともに気楽にスッと聴ける内容も印象的だ。

最後までテンポに関係なく
フルパワーでやらせてもらってる

先日より全国ツアーが始まりましたが、さぞかし灼熱なライヴが展開されているのでは?

吉本
今の選曲はかなりロック色が強いですからね。おかげさまで各所かなりの盛り上がりで。お客さんも一緒になって汗だくで楽しんでもらっています。

各所会場的にもかなり密着度も高そうですもんね?

徳永
ここ最近はアコースティックツアー等で着席スタイルも多かったですからね。今回のようなオールスタンディングはやはりエキサイトしますね。ライヴ自体もほぼノンストップでかなり飛ばしている内容だし。
吉本
もう会場全体のパワーがすごい!

そのエネルギーの交歓の光景が目に浮びます。

大田
会場のリアクションも面白いですよ。お客さん各人、どの曲に思い入れがあるのかが手に取って分かります。
吉本
でも、それは僕ら自身にもあって。今回、久々に披露する曲もあるんですけど、“うわっ、歌詞が若い!”とか(笑)、今、改めて歌うとちょっと照れ臭かったりして。歌い方も当初から変わってきた部分もありますからね。
徳永
逆に僕は気持ちはあの頃とまったく変わっていなかったことを実感しました。デビュー曲の「火ノ鳥のように」と「WINDOW」(前作『ROCK COAST』収録の新曲)は歌っていることってあまり変わってないんですよね。もちろんここまで活動してきて充実感は多分にありましたが。

それは?

徳永
いつも“まだまだいけるんじゃねぇの?”“こんなもんじゃねぇだろ?”って思ってやってきましたから。その想いはそれこそdoaを始めた頃とほぼ変わってなくて。だから、昔の歌を歌っていても“いやいやいや、今も変わらず思っているし”ってなっちゃう。まっ、それをお客さんとライヴで共有するのが楽しいんですが。

ライヴでも今回のベスト盤『MIDDLE COAST』からの曲をすでにやっているとお聞きしましたが、アッパーやスローな曲に比べ、より3人のハーモニーの聴かせどころも多いのでは?

徳永
そうですね。ことハーモニーに関しては聴かせどころも多くて。とはいえ、僕らの使っているパワーは速かろうが、遅かろうが、普通だろうが全部一緒で。全力を出さないと歌い切れない曲ばかりなんです。なので、最初から最後までテンポに関係なくフルパワーでやらせてもらっています。
L→R 大田紳一郎(Vo&Gu)、吉本大樹(Vo)、徳永暁人(Vo&Ba)
アルバム『doa Best Selection“MIDDLE COAST”』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」