【TOTALFAT、ROTTENGRAFFTY、04 Lim
ited Sazabys】『PUNISHER'S NIGHT
2015』 2015年2月1日 at Zepp Tokyo

撮影:AZUSA TAKADA/取材:石田博嗣

 6年目の開催となる主宰イベント『PUNISHER'S NIGHT 2015』も名古屋と大阪を終え、いよいよファイナルとなる東京公演を迎えた。まずは4月リリースのアルバムでメジャーデビューすることを発表したばかりの04 Limited Sazabysが登場。1曲目「Buster Call」のイントロのアカペラで観客の意識を惹き付けると、アッパーに展開していくサウンドが一瞬にして場内を爆発させる。言うまでもなく、クラウド・サーファーが一斉に群がり、早くもステージ前は人が入り乱れてグチャグチャに。GEN(Vo&Ba)の中世的なハイトーンヴォーカル、メロディックかつ爽快で軽快なナンバー、そして“若さ”と“勢い”を武器にフロアーをひとつの熱の塊に変えていくさまは痛快。トップバッターとしての役割を十分すぎるほどに果たし、次のROTTENGRAFFTYへとバトンを渡した。

 登場SEから会場が沸き、のっけから屈強なバンドサウンドを叩き付け、床ごとフロアーを揺らしたROTTENGRAFFTY。その一声が、一音が、一打が重たく響き、熱気が会場を完全制覇するのに、さほど時間を要しなかった。百戦錬磨のライヴバンドとしての圧巻のパフォーマンスを展開し、クラウド・サーフ、シンガロング、サークルを何度も発生させる中、“今日は人間臭い感じでいこうと思う。俺らと、お前らの歌を、ここに残して帰るからな”と語ったN∀OKI(Vo)。矢継ぎ早に繰り出される一曲一曲が、体温を感じるほどに人間臭いのも彼らのライヴの醍醐味ひとつである。パワフルに攻め立てるだけでなく、観客一人一人との感情のパイプを作り、トリのTOTALFATへとつなげた。

 “とんでもない日にしようぜ、東京!”とJose(Vo&Gu)が叫び、オープニングナンバー「Room45」から大合唱を誘ったTOTALFATのステージ。04 Limited Sazabysがひとつにし、ROTTENGRAFFTYが観客一人一人と向き合わせたフロアーに、精神開放のためのビート、リフ、メロディー、言葉が放たれ、音楽を介した心の対話がなされていく。さらに、外は真冬であっても場内は灼熱!とばかりに「夏のトカゲ」「Summer Frequence」とサマーチューンを連続投下。夏の爽快感や開放感を伴ったナンバーが観客のボルテージを焚き付けると、続く「Call It Love」ではROTTENGRAFFTYのツインヴォーカルNOBUYA&N∀OKIが加わり、04 Limited Sazabysのメンバーもステージに…となれば、客席も楽しんだ者勝ちとばかりに、拳を掲げ、声をあげる。その後も全力で音を放ち、メッセージを届け続けるTOTALFATと、それを全身で受け止め、熱を返し続けるオーディエンス。その喧噪は凄まじさと熱気を増し、ステージの両脇にあるスピーカーの出音よりも客席からの声のほうが大きいとShun(Vo&Ba)が思わずもらしたほど。そして、オーラスの「Place to Try」では会場の壁を震わせるほどのシンガロングが巻き起こり、そこにはあふれるほどの笑顔も広がっていた。

 TOTALFATらしく、熱くて温かいイベントとなった『PUNISHER'S NIGHT 2015』。同公演を大成功に終えたことで、15周年を駆け抜けるための最高のスタートダッシュがかけられたことは間違いない。

セットリスト

  1. 【04 Limited Sazabys】
  2. 1.Buster Call
  3. 2.Remember
  4. 3.Do it Do it
  5. 4.Chicken race
  6. 5.swim
  7. 6.nem...
  8. 7.labyrinth
  9. 8.ghost
  10. 9.hello
  11. 10.midnight cruising
  12. 11.monolith
  13. 【ROTTENGRAFFTY】
  14. 1.世界の終わり
  15. 2.This World
  16. 3.響く都
  17. 4.銀色スターリー
  18. 5.D.A.N.C.E.
  19. 6.STAY REAL
  20. 7.Familiarize
  21. 8.金色グラフティー
  22. 【TOTALFAT】
  23. 1.Room45
  24. 2.Highway Mark4
  25. 3.The Naked Journey
  26. 4.Invention〜Good morning, my treasures〜
  27. 5.夏のトカゲ
  28. 6.Summer Frequence
  29. 7.Call It Love
  30. 8.Hello & Goodnight
  31. 9.PARTY PARTY
  32. 10.World of Glory
  33. 11.Just Say Your Word
  34. 12.Good Fight & Promise You
  35. <ENCORE>
  36. 1.DA NA NA
  37. 2.Place to Try
ROTTENGRAFFTY プロフィール

ロットングラフティー:1999年、響く都・京都にて結成。13年に発売した4thアルバム『Walk』がバンド史上最高セールスを記録し、結成15周年となる17年は東名阪ワンマンを含めた『tour"ROTTENGRAFFTY"』を開催し、Zepp Tokyoなど各地でSOLDOUT。また、結成当初から実施している主催イベント『ポルノ超特急』は16年には京都パルスプラザにて2日間開催するなど(合計3万人以上を動員)、冬・京都の一大イベントとして不動地位を確立させている。ROTTENGRAFFTY オフィシャルHP

04 Limited Sazabys プロフィール

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。17年2月11日には初の日本武道館ワンマンライヴを即日完売と大成功を収めた。バンド結成10周年を迎える18年、4月7日&8日には地元・名古屋にて3回目となる自身主催の野外イベント『YON FES 2018』、4月から5月にかけてはバンド初の東名阪アリーナツアーを開催した。04 Limited Sazabys オフィシャルHP

TOTALFAT プロフィール

トータルファット:2000年結成。04年にKubotyが正式メンバーとして加入し、現在のメンバー構成となる。精力的なライヴ活動の他、グッド・シャーロットやオフスプリングの来日公演オープニングアクトなどでも話題となり、10年にメジャーからアルバム『OVER DRIVE』をリリース。今年、RX-RECORDSへ移籍。海外のメロディックハードコアを背景にした音楽性が、幅広い層の支持を集めている。TOTALFAT Official Website

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント