【Mrs. GREEN APPLE】『Variety is
Variety』2015年7月20日 at Shibuya
eggman

撮影:hajime kamiiisaka/取材:宮本英夫

大森元貴(Vo&Gu)が大好きなバンドと慕うHOWL BE QUIETが一番手を飾った、ミセスの新作リリースパーティー。期待に応えて1曲目「PERFECT LOSER」からめちゃ明るく元気よく、もしかしてワンマンよりもリラックスしてる?という攻めのライヴを敢行する。中盤では初披露の新曲(アップテンポの情熱的な曲!)あり、後半では感動のバラード「A.I.」ありと、竹縄航太(Vo&Gu&Pf)の切ない歌声を生かした美しい世界をたっぷりと魅せてくれた。

 こうなるとミセスも燃えないはずはなく、「リスキーゲーム」「我逢人」「HeLLo」と猛烈なスピードでロケットスタート。若井滉斗(Gu)、髙野清宗(Ba)、キーボードの藤澤涼架までステージ前に飛び出して煽りまくり、山中綾華のパワフルなドラムを中心に、複雑なリフの応酬をばっちり決める。抜群にポップなメロディーとメッセージ性の強い歌詞が注目されるミセスだが、ライヴバンドとしての実力も十分だ。骨太なミクスチャー風の「藍」やループするビートの「L.P」などダンサブルな曲調ではグッとエモく、ソフトタッチの「ゼンマイ」、センチメンタルなバラード「日々と君」など、スローな曲では目をつぶり感情を込めて歌う元貴。終盤は「ナニナニヲ」「StaRt」など、リズム、メロディー、リフ、観客の手拍子が一体となって突っ走り、本編16曲はあっと言う間だ。そして、最後の最後、“音楽で世界は変えられないかもしれない。でも、人の心の支えにはなれる。こんな世界だけど生き抜いていこう”と言って歌った「道徳と皿」の素晴らしさ。18歳にして骨太な思想と音楽を持つ男、元貴がヴォーカル&詞曲を務めるMrs. GREEN APPLEが大器であることを再確認した。

セットリスト

  1. 【HOWL BE QUIET】
  2. 1.PERFECT LOSER
  3. 2.ステレオライダー
  4. 3.千年孤独の賜物
  5. 4.クローバー
  6. 5.GOOD BYE
  7. 6.孤独の発明
  8. 7.新曲
  9. 8.ライブオアライブ
  10. 9.A.I.
  11. 10.From Birdcage
  12. 【Mrs. GREEN APPLE】
  13. 1.リスキーゲーム
  14. 2.我逢人
  15. 3.HeLLo
  16. 4.WaLL FloWeR
  17. 5.スターダム
  18. 6.藍
  19. 7.L.P
  20. 8.アンゼンパイ
  21. 9.No.7
  22. 10.ゼンマイ
  23. 11.日々と君
  24. 12.愛情と矛先
  25. 13.VIP
  26. 14.ナニヲナニヲ
  27. 15.StaRt
  28. 16.パブリック
  29. <ENCORE>
  30. 1.CONFLICT
  31. 2.道徳と皿
Mrs. GREEN APPLE プロフィール

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、15年7月にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。18年4月に発表した3rdアルバム『ENSEMBLE』はオリコン初登場3位を記録。アルバムを提げてのワンマンツアーはファイナルの幕張メッセ国際展示場2デイズまで全公演即日完売。シングルと同時発売で最終公演の模様を収めたDVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』をリリースする。Mrs. GREEN APPLE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着