取材:高橋美穂

自分が思うままに弾いて歌うことがロッ

今作に向けてのビジョンは何かありましたか?

azu
とにかく違うジャンルの曲を作りたいってやってたんで、バラバラな曲を一曲ずつ詰めて、アルバム全体としても詰めていきました。
Lucy
コンセプトとしては、リズムとビートで。貯めてた曲で詰めたいと思ったものが、リズムとビートが強かったっていう。
azu
リズムっていうとベースとドラムが思い浮かぶと思うんですが、ギターもリズムとして捉えて、違うリズムが入り組んでてもひとつのリズムとして聴こえるっていうものをやりたかったんです。
Lucy
ヴォーカルもメロディーラインは付けてるけど、「Ring,ring,ring」とかは私もリズムの一部っていう気持ちがあったし。
azu
歌モノっていう意識は念頭になくて…「Abbey road」はちょっとそんな感じですけど、自分たちのそのままの音楽がリズムだと思う。
Moe
歌とリズムを別個には考えてないっていうかね。
izumi
でも、キャッチーでありたいとは思いますね。
Lucy
だけど、その中で前作よりも細かいことはやってるんですよ。
Moe
だから、何を求めて聴いても面白いと思う。ポップなものが好きな人も、リズムとビートが好きな人もいるだろうし。
azu
うん。一回聴いただけで分かったような顔されても、ちょっとしっくりこないなっていうアルバムですね(笑)。
Lucy
音楽を追求する楽しさが出てきてるんですよね。

歌詞に関してはどうですか?

Lucy
何か、訴える力を言葉に乗せることができたかなと思います。言いたいことはひとつなんですけど、曲によって表現を変えて、自分の言葉で訴えるってことには成功してるんじゃないかと。 ーー“ロック”という歌詞がたくさん出てくるのが印象的ですけど、みなさんにとって“ロック”とは?
Lucy
ファンクとかヒップホップとかレゲエとか、いろいろ聴いてきて、いろんな曲ができるんですけど、どんな曲もLAZYらしくなるっていうことが、ロックだなぁって思います。
azu
ロックな曲を作ろうとは昔ほどは強く思ってなくて…それよりかはどうやったら自分たちらしいカッコ良い音楽になるかっていうことですね。
izumi
ロックなフレーズを弾くとか歌うとかじゃなくて、自分が思うままに弾いて歌うことがロックなのかなと思うんです。だから、静かな「Abbey road」もロックだと思います。

アティテュードっていうことですよね。また、ライヴが楽しみな楽曲も多くて、特にいろんな楽器が入った「Ring,ring,ring」は楽しげですけど…手数人数が足りないですよね(苦笑)。

Lucy
これからアレンジします(笑)。
Moe
打楽器を適当に買ってきてやったんですよ。

最後にタイトルの意味を教えてください。

Lucy
実際は24分ちょいになっちゃったんですけど、当初トータル26分くらいだと予測されていたので、そこから1分間が26回集まった26分ってことで、聴きどころは一瞬一瞬だから見逃すなって意味です!
LAZYgunsBRISKY プロフィール

レイジーガンズブリスキー:ビートルズやローリングストーンズ等の60’sの若者ロック文化をルーツに、R&Bやヒップホップなどの音楽スタイルを取り入れ、オルタナティブなサウンドを構築。ライオットガール・ムーヴメントを彷彿させる風貌と激しく感情的なライブパフォーマンスは必見。海外リリースやツアーもこなしワールドワイドに活動。枠に収まりきらないガールズロックバンド。LAZYgunsBRISKYオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」