【LAZYgunsBRISKY】LAZYgunsBRISKY
代官山UNIT 2009年9月18日

撮影:Takumi Akuzawa/取材:高木智史

これまで彼女たちに対して硬派なイメージを持っていた。もちろんそういうカッコ良さはあるのだが、この日のライヴでは各々のプレイやヴォーカルに自由度が増し、柔軟さも同居していたように感じた。というのも、「Ring,ring,ring」ではLucy(Vo)がタンバリンを叩き“Clap your hands!”と促す。楽曲のハネたリズムと相成り、観客は応え、ノリノリで踊る。そこにエンタテイメントとしての一面が垣間見れたように感じた。一方、「Gotcha」ではLucyは激情のあまり、マイクを通さず生声で叫び、演奏陣も終始ものすごい熱量で攻めてくる。そんな光景にファンは心を奪われている。そんなメンバー4人の前傾的な姿勢がLAZYの持つキャッチーさなのかもしれない。より思うがままに音を鳴らし、歌うことで、彼女たちのロックはディープになっていくのだろう。
LAZYgunsBRISKY プロフィール

レイジーガンズブリスキー:ビートルズやローリングストーンズ等の60’sの若者ロック文化をルーツに、R&Bやヒップホップなどの音楽スタイルを取り入れ、オルタナティブなサウンドを構築。ライオットガール・ムーヴメントを彷彿させる風貌と激しく感情的なライブパフォーマンスは必見。海外リリースやツアーもこなしワールドワイドに活動。枠に収まりきらないガールズロックバンド。LAZYgunsBRISKYオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」