【LAZYgunsBRISKY】LAZYgunsBRISKY
下北沢SHELTER 2009年3月30日

撮影:阿久澤 拓巳(AKUZAWA TAKUMI)/取材:高木智史

文章を書くという仕事をしていながら、こんなことを言うのはNGかもしれないがLAZYgusBRISKYの音楽、ライヴには言葉なんていらないと思う。もう理屈抜きでカッコ良いのだ。歓声に沸く会場の中、SEに合わせて出てきたLucy(Vo)はすでにリズムを体に刻み、歌となると恍惚の表情、苦悶の表情…と感情を露出し、シャウトする。azuはグルービーなベースを響かせ、izumi(Gu)はクールな出で立ちとは真逆の爆音を放ち、Moe(Dr)も破壊的な音圧で攻めてくる。新曲を含む全10曲。間断なく放たれたそれらにオーディエンスは個々に暴れ、踊り、そんな光景にLucyは“踊りたいなら踊ればいいさ”とひと言だけ告げる。あくまで自由なのだ。これがロックだと思いませんか?
LAZYgunsBRISKY プロフィール

レイジーガンズブリスキー:ビートルズやローリングストーンズ等の60’sの若者ロック文化をルーツに、R&Bやヒップホップなどの音楽スタイルを取り入れ、オルタナティブなサウンドを構築。ライオットガール・ムーヴメントを彷彿させる風貌と激しく感情的なライブパフォーマンスは必見。海外リリースやツアーもこなしワールドワイドに活動。枠に収まりきらないガールズロックバンド。LAZYgunsBRISKYオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」