【Mardelas】『Mardelas Live Tour2
016 -月に神風 蛇に牡丹-』2016年7月
17日 at 新宿 LOFT

撮影:TAPPEI/取材:土内 昇

 2ndアルバム『Mardelas II』を引っ提げて回ったツアーの最終公演。アルバムで見せた成長と進化は、ツアーを経たことでより確かなものとなり、その自由度も破壊力も増したサウンドは圧巻! 何倍もバンド力が大きくなっていることを実感した――。

 客電が落ち、SEの「Uptown Funk」(Leo Moracchioli)が流れる中、クラップに迎えられてメンバーが登場。フロアーでは高揚感がじわじわと溜まりつつあったが、ドラムのカウントが鳴り、オープニングナンバー「神風」のイントロのギターリフが炸裂すると、会場内を緊張感が駆け抜けた。そして、観客のテンションを着火。瞬時に熱いオイコールを発生させる。ライヴが始まってしまえば、もうそこはMardelasの独擅場だ。hibiki(Ba)&弓田“Yumi”秀明(Dr)の強者コンビが抜群の安定感と重厚感を作り上げ、蛇石マリナがシャウティングスタイルで力強いハイトーンヴォイスを響かせ、及川樹京がスリリングかつテクニカルなギターを聴かせる。

 そして、イントロで突き上げられた観客のメロイックサインが、歌に入ると一斉に拳に変わり、オイコールを巻き起こした「Nostphilia」。そのままドラムソロへと雪崩れ込み、打ち鳴らされる一打が一打が観客のボルテージを蹴上げていく…が、Yumiがセンターマイクの前に立ったと思うと、相方のhibikiと始めたのは、なんと漫才。その十分に和んだ場に、今作『Mardelas II』の中でもフックとなっている「HA☆NA☆BI」が初披露される。ポップに弾けたファンキーなサウンドであり、早口のヴォーカルやベースのスラッピングが観客を盛り立て、フロアーでグッズのうちわが揺れるといった、アットホームな空間が生まれていた。

 その後はバラード「a little star」でマリナの圧倒的なヴォーカリゼーションと深みのあるアレンジで観る者を魅了し、8ビートのシャッフルが軽快な「Cheers!!」ではテクニカルなギターと饒舌なベースがバトルを繰り広げ、本編ラストを飾った「蛇に牡丹 -snake & peony-」では歌謡曲のエッセンスを含んだ艶やかでドラマチックな音世界が会場を飲み込んだ。それら『Mardelas II』の楽曲たちはMardelasだからこその表情でありつつ、新たな色彩を放っていたのが印象深い。

 “遊び心を入れる余裕があった”。これは『Mardelas II』について語った及川の言葉。リズム隊の漫才はご愛嬌としても、その余裕がこの日のライヴにも表れていたと言える。各人のテクニックは申し分なく、それを遺憾なく発揮できるサウンドもアルバムで構築されている。それをどう表現するかという部分で、4人の意識であったり、互いの距離感だったりが、楽曲をより生き生きとさせていたように思う。それがマリナがインタビューで“言葉では言い表せないMardelasの空気感があるんですよ。そういうところ感じてほしい”と言っていた、バンドの空気感であり、現在のモードなのだろう。バンドはここからさらに面白くなる!

セットリスト

  1. 神風
  2. 千羽鶴 -Thousand Cranes-
  3. Loner
  4. 4 Dice
  5. Moonlight Mirage
  6. MOONSTONE
  7. Nostphilia 〜 Dr ソロ
  8. HA☆NA☆BI
  9. Waves
  10. Crossroads
  11. a little star
  12. Phantasia
  13. Cheers!!
  14. Daybreak
  15. Eclipse
  16. D.G.L.
  17. 蛇に牡丹 -snake & peony-
  18. <ENCORE>
  19. D.D.C.
  20. Sword of AvengerⅡ
Mardelas プロフィール

蛇石マリナのソロプロジェクトとして2014年に活動を開始。及川樹京、hibikiが参加し、同年8月に名古屋E.L.L.にてMardelasとしてデビューライヴを行なう。15年1月、サポートを務めていた弓田“HOT”秀明が正式加入してバンド形式となり、同年4月にアルバム『Mardelas I』でメジャーデビューを果たす。16年6月にはアルバム『Mardelas II』を発表、17年5月にhibikiが脱退。11月にはhibiki脱退後、サポートを務めていた本石久幸がバンドへ正式加入し新体制となる。18年5月に新体制第一弾となる待望のニューアルバム『Mardelas Ⅲ』をリリースした。Mardelas オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」