2018年7月22日 at 渋谷 DESEO(ENCORE)

2018年7月22日 at 渋谷 DESEO(ENCORE)

【Mardelas ライヴレポート】
『Mardelas the THIRD
tour -第2幕-』
2018年7月22日 at 渋谷 DESEO

3rdアルバム『Mardelas III』を5月にリリースし、それに伴う東名阪ツアーを“第1幕”と“第2幕”の2回敢行したMardelas。6月の“第1幕”ではTHOUSAND EYESとの対バン形式で、そして7月の“第2幕”はKING RECORDS のレーベルメイトNoGoDとの対バン形式で開催。“第2幕”のファイナルとなるこの日のライヴは、コンセプチャルな『Mardelas III』の世界観を存分に再現しつつ、メンバー4人それぞれのミュージシャンとしての魅力もアピール。さらにアンコールではNoGoDとのジョイント演奏も実現し、“祭り”的な盛り上がりでも楽しませてくれた。

■ NoGoD ■

2018年7月22日 at 渋谷 DESEO(NoGoD)

2018年7月22日 at 渋谷 DESEO(NoGoD)

 まずはNoGoDの登場。歪んだギターが鳴り響くと観客はメロイックサインの手を高く掲げ、メンバーを歓迎する。速いヘドバン曲「心臓」でスタートを切り、その後は歌を聴かせるタイプのハードチューンを数曲。団長(Vo)が“次の曲は黒Tシャツのオジサンでもノリにくいかな?”と挑戦的に紹介した「II-懐疑」は、変拍子や展開がバリバリに入るプログレメタル。会場にはDream TheaterのTシャツを着た観客もいたが、このテクニカルな演奏にはがっちりハートを掴まれたのではないだろうか。

 選曲的には5thアルバム『V』(2013年)と4th『Make A New World』(2014年)の楽曲を軸にしつつ、初期のナンバーから最新シングル「Arlequin」まで、NoGoDの持ち味をバランス良く披露。団長のトークも相変わらず切れ味抜群で“昔からメタルは聴いてたけど歌詞がねぇ…。なんかメタルってドラゴンと戦ってばかりいません?”と笑わせるが、笑いだけでは済ませず“でも、NoGoDは歌詞を大事にしたい。メッセージ性のあるメタルをやりたいと思ってます”ときっちり伝える辺りはさすが。バンドにとって対バンやフェス出演時はファン層を広げるチャンスだと言われるが、そういう意味でもNoGoDの強みを実感した全11曲だった。

セットリスト

  1. 1.心臓
  2. 2.最高の世界
  3. 3.Arlequin
  4. 4.II-懐疑
  5. 5.Carnival
  6. 6.Follow
  7. 7.HATE THIS WORLD
  8. 8.十人十色
  9. 9.万黒深層大サァカス
  10. 10.絶望バイバイ
  11. 11.空の公園
NoGoD プロフィール

ノーゴッド:2005年に団長を中心に結成。ライヴ活動を続けながら、コンスタントに作品も発表し、着実に人気と実力を付けていった。10年 6月にシングル「カクセイ」でメジャーデビューを果たし、同年 8月にはメジャー1stアルバム『欠片』を発表。HR/HMを基調としたサウンドとメッセージ性の強い歌詞、高いエンターテインメント性が話題となり、メジャーシーンでも注目を集めている。NoGoD オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。