【『AIR JAM 2016』 】Hi-STANDARD、
ONE OK ROCK、MAN WITH A MISSION、
10-FEET、東京スカパラダイスオーケ
ストラ、BRAHMAN、Crossfaith、WANI
MA、HEY-SMITH、The BONEZ、HAWAIIA
N62016年12月23日 at 福岡ヤフオク!
ドーム

撮影:岸田哲平(Hi-STANDARD)、半田“H.and.A”安政(ONE OK ROCK、東京スカパラダイスオーケストラ、HEY-SMITH、HAWAIIAN6)、瀧本JON...行秀(MAN WITH A MISSION、The BONEZ)、青木カズロー(10-FEET、BRAHMAN、Crossfaith)、Yuji Honda(WANIMA)

 16年振りに発表されたHi-STANDARD(以下、ハイスタ)のニューシングル「ANOTHER STARTING LINE」の表題曲をプレイした瞬間、僕の周囲にいた若い観客がハンドクラップし、激しく体を動かしているさまを見て、心底嬉しくなった。新しい世代にとって、この曲がリアルなアンセムソングとして響いているのだ。

 初の九州開催となったハイスタ主催の『AIR JAM 2016』。開演12時、トップを飾ったのは熊本出身のWANIMAだ。持ち前の元気溌剌さと人心を揺さぶる歌心ですでに満杯のドームをとことん沸かす。続くThe BONEZは爆発力漲る骨太ロックを叩き付ける一方で、雄大なメロディーでも観客を掌握。東京スカパラダイスオーケストラのライヴでは横山健(Gu&Vo/Hi-STANDARD)が飛び入りし、「Punk Rock Dream」「道なき道、反骨の。」をなんと共演! 後者で日本語詞を鮮明に歌い上げる横山のヴォーカルが胸に刺さった。それから頑強なメタルコアを叩き付けたCrossfaithの轟音を浴びた後、ハイスタに憧れ続けてきたHAWAIIAN6が登場。“俺たち、今すげぇ幸せです!”とHATANO(Dr)は歓喜の雄叫びを上げ、フルスロットルの演奏で駆け抜ける。また、HEY-SMITHもハイスタと『AIR JAM』に人生を変えられたと猪狩秀平(Vo&Gu)が興奮気味に語り、この場所で演奏していることが至上の喜びと言わんばかりに切れ味鋭いスカパンクを炸裂させた。そして、BRAHMANはこの日MCはなく、前へ前へ豪快に攻め立てる迫真のステージングでダントツの存在感を発揮。MAN WITH A MISSIONもオオカミの生き様を見せつける熱い演奏で、『AIR JAM』世代の誇りを刻んだ「1997」もプレイ。ONE OK ROCKは威風堂々たる歌と演奏を放ち、Taka(Vo)とKoie(Vo/Crossfaith)によるシャウト対決にも興奮した。トリ前を務めたのは10-FEET。チャブ台を引っくり返す怒濤の熱量で、ハイスタの「START TODAY」のカバーを挟む選曲にもアガった。

 20時14分、ついにハイスタの出番だ。冒頭で書いた新曲は抜群のライヴ映えっぷりで、さらに最新カバーから「You Can't Hurry Love」(The Supremes)、アンコールでは「Happy Xmas(War Is Over)」(John Lennon)も飛び出し、初の冬開催による『AIR JAM 2016』は特別な色合いを帯びる。もちろん難波章浩(Vo&Ba)、横山、恒岡章(Dr)の3人が紡ぐ往年の曲たちにドームは大熱狂。とりわけ名曲「STAY GOLD」は全世代をつなぐ圧倒的なエネルギーを放出し、パンクの底知れぬ可能性を見せつけられた。
Hi-STANDARD プロフィール

現在のパンク/メロコア・シーンを牽引したのは、間違いなくハイ・スタンダードだ。今では取り立てて珍しくないが、英語詞にいち早くアプローチしたことや、当初から海外に目を向けグローバルに活動したことなど、その功績は大きい。
91年、難波章浩“ナンバ”(vo&b)、横山健“ケン”(g)、恒岡章“ツネ”(dr)を中心に結成。94年にミニ・アルバム『ラスト・オブ・サニーデイ』でデビューして以来、オフスプリング/ラグワゴン/ランシド/NOFX/グリーンデイなどと共演を果たし、海外のバンドとのパイプラインを強化した。そうやってライヴ・バンドとしての実力を磨き、その成果を『グローイング・アップ』や『アングリー・フィスト』といった作品にすかさず反映。そして、99年リリースの『メイキング・ザ・ロード』に至っては、約70万枚のビッグ・セールスを記録——今までシーンに縁遠かった層にまで「メロコア」「ハイスタ」の2大キーワードを浸透させたのだ。
彼らが多くの人々に支持される理由は、結成当初から貫き通している熱いパンク・スピリットや、「みんなで歌える」をモットーとした音楽スタイルにあるだろう。それはイコール、社会的な一面をもち合わせた等身大の歌詞、一聴しただけで強烈な印象を残すフックの効いたメロディと言える。また、ナンバのパワフルなヴォーカル、ケンのアグレッシヴなギター・ワーク、ツネのタイトなドラミングといった、3人の絶妙なバランスも忘れてはいけないところだ。
00年8月、『AIR JAM 2000』を最後に活動停止。その後、横山健はBBQ CHICKENSのメンバーとして活動し、04年にはソロ・デビューを果たす。Hi-STANDARD オフィシャルHP(アーティスト)
Hi-STANDARD オフィシャルHP(レーベル)
Hi-STANDARD オフィシャルFacebook
Hi-STANDARD オフィシャルYouTube
Wikipedia

ONE OK ROCK プロフィール

ワンオクロック:2005年結成。エモ、ロックを軸にしたサウンドとアグレッシブなライヴパフォーマンスが若い世代に支持されてきた。07年のデビュー以降、全国ライヴハウスツアーや各地夏フェスを中心に積極的にライヴを行なう。これまでに、日本武道館、野外スタジアム公演、大規模な全国アリーナツアーなどを成功させた。日本のみならず海外レーベルとも契約を交わし、アルバム発売を経てアメリカ、ヨーロッパ、アジアでのワールドツアーを成功させるなど世界基準のバンドになってきている。17年1月にはアルバム『Ambitions』を全世界で同時リリースし、キャリア史上最大となる全世界ツアーを開催した。ONE OK ROCK オフィシャルHP

MAN WITH A MISSION プロフィール

マン ウィズ ア ミッション:頭はオオカミ、身体は人間という5人組のロックバンド。本人たち曰く“究極の生命体”とのこと。“マンウィズ”、“MWAM”の呼称で親しまれる。メンバーはTokyo Tanaka(トーキョー・タナカ、Vo)、Spear Rib(スペア・リブ、Dr)、Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー、Gu&Vo&ラップ)、DJ Santa Monica(DJサンタモニカ、DJ&サンプリング)、Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ、Ba、Cho)。2010年より始動。自主制作盤をライヴ会場限定で販売したのち、同年11月に初の全国流通盤となるミニアルバム『WELCOME TO THE NEWWORLD』を発表。2011年6月に1stフルアルバム『MAN WITH A MISSION』でメジャーデビューを飾った。その独特なビジュアルとエモーショナルかつキャッチーなサウンドをもって、人気はグングン上昇。2011年8月には『SUMMER SONIC』に出演、9月には渋谷CLUB QUATTROで初の自主企画ライヴ『MAN WITH A MISSION presents THE MISSION Vol.1』を開催。2012年7月には2ndフルアルバム『MASH UP THE WORLD』を発表。同作は2013年3月に、全日本CDショップ店員組合による『第5回CDショップ大賞』の大賞を受賞した。2013年5月には、初の日本武道館公演を大熱狂のうちに終了。その後、世界をターゲットにするべく、レーベルを移籍。同年10月に10-FEETのヴォーカル&ギターであるTAKUMAを迎えたシングル「database feat.TAKUMA(10-FEET)」をリリースした。MAN WITH A MISSION オフィシャルHP

10-FEET プロフィール

テン・フィート:1997年に京都で結成。現在も拠点を京都に置いて活動中。シンプルな3ピースという形態ながら、メロコアというジャンルではすでに括ることのできないその音楽性は、ロック、パンク、ヘヴィメタル、レゲエ、ヒップホップ、ギターポップ等のジャンルを10-FEET 流に取り入れて幅広い独自のものを確立、ロックシーンで確かな存在感を示している。また、年間約100 本近い精力的なライヴ活動も、その迫力満載のライヴパフォーマンス、人間味あふれる深いメッセージが込められた歌詞やMC、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振り撒き、エンターテイナー性あふれるその活動スタイルを徹底している。また、2007年から自身で主催する野外フェス『京都大作戦』(2007年は台風の接近のため中止)も大成功におさめている。10-FEET オフィシャルHP

東京スカパラダイスオーケストラ プロフィール

“トーキョー・スカ”と銘打って超ハイ・テンション&ゴージャスなパフォーマンスを繰り広げ、その裏打ちサウンドで老若男女を興奮のるつぼに誘い込む東京スカパラダイスオーケストラ——愛称“スカパラ”。
85年より活動開始。ゲリラ的な路上パフォーマンスやライヴハウス行脚を行い、90年にアルバム『スカパラ登場』でメジャー・デビューを果たした。以降、『グランプリ』(95年)、『トーキョー・ストラット』(96年)、『ARKESTRA』(99年)といった名盤をコンスタントに発表。豪華絢爛なホーンと地鳴りをたてんばかりのリズムが織り成す最高級グルーヴは、いかがわしいエロスとキマリまくりの男気満載だ。また、強烈な殺傷能力をたたえながら、歌モノからインストまでを自在に手掛ける手腕は、さすが長年のキャリアに裏づけされている。
メンバーの加入/脱退、クリーンヘッド・ギムラ(vo)の死去(95年4月)、青木達之(dr)の不慮の事故による急逝(99年5月)といった不測の事態に見舞われながらも、シーンになくてはならない存在として邁進し続ける。東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルHP(アーティスト)
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルHP(レーベル)
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルTwitter
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルFacebook
東京スカパラダイスオーケストラ オフィシャルYouTube
Wikipedia

BRAHMAN プロフィール

ブラフマン:1995年、都内を中心にライヴ活動をスタート。96年に『grope our way』を発表(現在廃盤)。1stアルバム『A MAN OF THE WORLD』がインディーズ史上、異例の60万枚以上のロングセールスを記録。徹底した激しいライヴスタイルとその存在感は他の追随を許さないバンドとして、熱狂的にオーディエンスやバンドから支持されている。2018年2月には日本武道館での単独公演が決定している。BRAHMAN オフィシャルHP

Crossfaith プロフィール

クロスフェイス:大阪府出身の5人組ロックバンド。2006年11月結成。幾度かのメンバーチェンジを経て現在の編成となる。ストリングス/エレクトロニカを随所に織り交ぜ、ドラマティックに展開するユニークな発想を武器に、メタルコアや叙情系ハードコア、スクリーモ要素のあるキャッチーなメロディーをバランスよく楽曲に取り込んだ独自の世界観を造り上げている。この斬新なコンセプトと、数々の共演した海外アーティストをも唸らせる一線を画すパフォーマンスが各方面で話題を呼んでいる。14年10月と11月には自身初となるヘッドライナー全米ツアーならびに全英ツアーを行なう。Crossfaith オフィシャルHP
Crossfaith オフィシャルTwitter
Kenta Koie オフィシャルTwitter
Crossfaith オフィシャルFacebook

WANIMA プロフィール

ワニマ:2010年結成。熊本出身の3ピースロックバンド。14年10月、1stミニアルバム『Can Not Behaved!!』リリース後、11月から全国ツアー『Can Not Behaved Tour』を33カ所で行なう。その後、大型フェスティバルへの出演を軒並み果たし、いくつもの入場規制を記録。15年8月に1stシングル「Think That…」を、同年11月には1stフルアルバム『Are You Coming?』を発表。17年5月にはワーナーミュージックのレーベルunBORDEよりシングル「Gotta Go!!」をリリースし、勢いよく駆け抜けた同年末、『NHK紅白歌合戦』の出演までも果たした。WANIMAオフィシャルHP

The BONEZ プロフィール

ザ・ボーンズ:2012年、RIZEのJESSEを中心に、Pay money To my PainのT$UYO$HI、ZAX、そしてNAKA(ex-RIZE)とともに結成。14年、2ndアルバム『Astronaut』をリリース後、国内外の大型フェスに多数出演し、圧倒的なライヴ力を披露し注目を集める。リリカルな英語詞とメロディックな楽曲がヒットし『NISSAN X-TRAIL』などタイアップも多数。18年、3rdアルバム『WOKE』リリース前にしてツアーチケットが取得困難になり話題沸騰中。現在もっとも注目を集めているバンドだ。The BONEZ オフィシャルHP

HAWAIIAN6 プロフィール

97年にDr. hatano、G/V. yuta、B/CHO. toruにより結成させれた3ピースバンド。もとはHi-STANDARDのコピーバンドとして結成された。
メロコアとパワーポップの間を行くエネルギッシュなサウンド、男もセンチにさせる哀愁帯びたメロディで人気。数枚のスプリット作品を経て00年にリリースされたデビュー・ミニ・アルバム『FANTASY』をリリース。このリリース前後からスタック・インサイド/ネヴァー・グッド・イナフ/STORMらと共に、"シブコア"バンドと呼ばれ、キッズから絶大な支持を受けている。
ベースを担当するtoruは2011年1月をもって脱退予定。その後HAWAIIAN6は新たなベースを迎え活動することになっている。公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント