DVD『BACKSTREET BOYS: SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』

DVD『BACKSTREET BOYS: SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』

バックストリート・ボーイズ、ドキュ
メンタリー作品のDVDが12月16日に発
売決定

バックストリート・ボーイズのドキュメンタリー作品『BACKSTREET BOYS: SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』のDVDが、12月16日にリリースされることがわかった。
1990年代から2000年代にかけて、全世界を虜にしたアメリカ出身の5人組ポップ・アイドル、バックストリート・ボーイズ。成功による名声や苦悩、詐欺事件、ドラッグ、セックス、アルコール依存症、メンバー同士の確執、脱退や復帰など様々な試練に直面するメンバーたち。それでもなお、同じ高みを目指し、メンバー同士の絆を深め、前進していく姿を2年以上に渡り密着した感動の作品が完成した。

本作は、バックストリート・ボーイズ結成20周年を記念し製作され、結成当時から現在までの彼らの真実に迫る、初のドキュメンタリー。特典として劇場未公開シーンを約20分収録しているほか、映画シーン&オリジナル写真による12Pのブックレットも同梱される。

また、10月15日からはTOWER RECORDS先行予約期間がスタート。この先行で予約すると、『BACKSTREET BOYS: SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』とTOWER RECORDSがコラボしたオリジナルハンドタオルが特典として贈られるので、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

DVD『BACKSTREET BOYS: SHOW ‘EM WHA
T YOU’RE MADE OF』

2015年12月16日発売
AMDVD-0001/¥3,900+税
<収録内容>
本編約104分+特典約20分
<DVD特典>
・映画シーン&オリジナル写真によるブックレット12P
・劇場未公開シーン約20分

【オリジナルハンドタオル概要】

2015年12月16日(水)発売のDVD『BACKSTREET BOYS: SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』をタワーレコードにて先行予約をしてくださった方全員に、映画とTOWER RECORDSがコラボしたオリジナルハンドタオルをプレゼント! ハンドタオルといっても35cm×35cmのたっぷり大きめサイズ!  日本製で、さらに高品質で有名なタオルの産地である今治で作ったものです。綿100%で使い心地GOOD! 真ん中の映画タイトルロゴを凸凹に織ってあるジャガード織仕様。

【TOWER RECORDS 先行予約期間】
2015年10月15日(木)~(締切日は各店舗にご確認ください)
※店舗により期間が違う場合がありますのでご了承ください
※先行予約特典はTOWER RECORDSの店舗およびオンラインショップのみ
※詳細はTOWER RECORDS各店舗にお問合せください
※プレゼントの内容は、事前の予告はなく色やデザインなど変更になる場合があります。予めご了承ください。

■TOWER RECORDS『BACKSTREET BOYS: SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』予約サイト
http://tower.jp/item/4100878/SHOW-'EM-WHAT-YOU'RE-MADE-OF
DVD『BACKSTREET BOYS: SHOW ‘EM WHAT YOU’RE MADE OF』

アーティスト

タグ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着