『2022.6.24&6.25 NEO TOKYO feat MERK & KREMONT』

『2022.6.24&6.25 NEO TOKYO feat MERK & KREMONT』

渋谷CLUB VIZELで開催する
『NEO TOKYO』に
イタリア出身のデュオ
MERK & KREMONTが出演!

渋谷・CLUB VIZELで開催するイベント『NEO TOKYO』に、世界中のトップDJたちからの注目を浴びるイタリア出身のデュオ・Merk & Kremont(メルク&クレモント)が出演する。

メルク&クレモントが登場するのは6月24日、25日の2公演。2022年6月、一時期は逆風の最中にあったフェスなどの音楽イベントがようやく復活の動きを見せているが、その先駆けとして4月から世界のスターたちを東京の中心部に位置する渋谷のナイトクラブ・CLUB VIZELに招聘する大注目イベントが『NEO TOKYO』だ。そしてそこからわずか2カ月で『NEO TOKYO』はTHOMAS GOLD(トーマス・ゴールド)、MAKJ(マックジェイ)、MARNIK(マーニク)と世界の名だたるフェスにも出演する海外アーティストを招聘し続け、それにに続く今回の第4弾発表と怒涛の開催が続けている。

イタリア出身のメルク&クレモントはそれぞれソロでDJ活動をしている中、地元のミラノで出会い、すぐに同じビジョンを持っていることに気づき意気投合。それぞれ、ポップ色とヒップホップ色の強い才能と要素を組み合わせ、2013年に初のオリジナル作品である「Tundra」を世に放ち成功を収める。ハウス・クラシックにまで幅広い音楽の影響を大いに受け、彼らの生み出すサウンドは「グラインド&グルーヴィー」と評されている。

2人はAvicii, Steve Angello, Hardwell, Nicky Romero, Benny Benassiなどの大物の支持を受け、大規模なクラブヒットを放ち続けている。彼らの特徴となるキャッチーなベースライン、ファンキーハウス、エレクトロハウスなどのグルーヴが着実に広がり続け、Aviciiのレーベル“LE7ELS”からもリミックスなども発表。その後も数多くのヒット曲、代表曲となる楽曲を世に放ち続け、着実に世界トップへの道を上り続けている。

CLUB VIZELでは、楽曲の予習をしてもらうべく、オフィシャルプレイリストをSpotifyで公開。イベント当日をより楽しんで頂くためにもぜひ利用してほしい。

NEO TOKYOとは

東京のカルチャーを生み出す渋谷の街、コロナ禍にその産声をあげた注目のナイトスポット「VIZEL」がバーチャル世界に殴り込むべくスタートした「NEO TOKYO」は世界のスターを実際に来日させ開催するリアルイベント。以前は当前のように夜な夜な集い、音楽やその空間を楽しむカルチャーが活発だった東京。その熱を再び体験し、楽しんでもらいたい。そんな思いから2022年春に始動。

2022年4月開催の第1回目にはビルボードTOP10を飾るTHOMAS GOLD(トーマス・ゴールド)を迎え東京は渋谷の中心で約1,000名の集客を記録し東京のナイトライフの復活を祝ったばかり。そんな中、第二回目の開催として5月4日、7日と世界の巨大フェスに出演経験も持つMAKJ(マックジェイ)の来日2公演を発表し、その上、KSHMRとコラボ曲”Bazaar”でお馴染みのMARNIK(マーニク)の来日公演を5月13日に実施。EDMファンのみならずダンスミュージックファン、クラバーたちの間ではざわつきが止まらない。

渋谷VIZEL(ヴィゼル)とは

2019年に渋谷のナイトシーンをより華やかに刺激と衝撃を与えるためにその産声を上げたVIZEL。最大規模、収容人数1,000名を誇る1フロアに煌びやかなVIPシートを完備し、大型 LED パネルに大迫力サウンドシステムを有す。高性能レーザー照明や特殊演出スモークなども。ALLMIXを中心に様々なジャンルが日々楽しめる渋谷の注目ナイトスポット。

『2022.6.24&6.25 NEO TOKYO feat MERK & KREMONT』
Merk & Kremont
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL
CLUB VIZEL

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着