FM802とflumpoolがホストになり、KE
YTALK、緑黄色社会、Novelbrightが出
演した配信ライブ『FM802 Live pool
ON LINE!!』

オムニバス配信ライブイベント『FM802 Livepool ON LINE!!』が8月25日(火)Zepp Osaka Baysideにて開催された。FM802とホストバンドのflumpoolが、今最も勢いのある3組を招き対バン形式で行うライブイベント。当初、3月に開催予定だった本イベントだが、新型コロナウイルスの影響を受け延期となっていたが、開催への思いが実り、無観客という形をとりオンライン生配信での実現に至った。
ライブ開演30分前。夕陽に染まる大阪のベイエリアを背にflumpool Vo.山村隆太が登場。自身が担当する番組『FM802 Radio Fields』(毎週土曜日21時〜)出張編と題し、Zepp Osaka Baysideの特設バルコニーブースからミニ番組形式でトークを繰り広げた。トークにはflumpool阪井一生(Gt.)を始め、Novelbright 竹中雄大(Vo.)、緑黄色社会 長屋晴子(Vo.)・穴見真吾(Ba.)が参加。それぞれが3月に番組出演した際のエピソードなどを披露し、和やかな空気に包まれた。またライブ直前の心境やパフォーマンスの見所などについても語られた後、出番直前のKEYTALK小野武正(Gt.)が突如乱入したものの、すぐにステージへと準備へ向かった。山村が「一発目、お祭りバンドがドカンとやってくれるでしょう」のコメントで期待感を高め、いよいよライブのスタートとなった。
KEYTALK
ライブのトップバッターはKEYTALK。お馴染みのSE「物販」が爆音で流れる中、拳を突き上げながらハイテンションの4人が勢い良く登場。寺中友将(Vo.Gt.)の「楽しんでいきましょう!」を合図に、弾けるゴキゲンなメロディの「Love me」で一気にハッピーな空間を作り上げた。
KEYTALK
続く「BUBBLE-GUM MAGIC」ではキレのあるビートに、寺中友将の芯のあるボーカルと首藤義勝(Vo.Ba.)の明るく爽やかなボーカル、彼らの武器であるツインボーカルを乗せて魅せる。小野武正はステージ上を所狭しと駆け回り、時折オーディエンスを煽るような仕草も見せ絶好調だ。
KEYTALK
そんな様子の小野に寺中が「今日気合いすごいね!視界にめちゃくちゃ入ってくるんだけど」と話しかけると「トップバッターですよ!」「そうだね。お祭り騒ぎしていかないと!」と掛け合い、続いてのナンバー『MATSURI BAYASHI」を投下。アグレッシブで激しい中にも、4人それぞれの個性と技巧が光るプレイで盛り上げる。間髪入れず「sympathy」「YURAMEKI SUMMER」と畳みかけた。並々ならぬ熱量のステージ上から、画面の向こうの観客にお馴染みの「ペーい!」のコール&レスポンスを求め、会場は一体感に包まれる。
KEYTALK
ラストは特大のライブチューン「MONSTER DANCE」で熱すぎる祭りを完走した。誰もいないはずのフロアに大歓声をあげ踊り騒ぐ超満員の観客の姿が見えた気がした。
そして、今回のイベントはオンライン配信のメリットを最大限に活かし、転換中にも様々な企画が用意された。
最初の転換中の特別企画は、すっかり日が落ちたベイサイドの特設バルコニーブースから、山村隆太と竹中雄大の弾き語りセッション。山村の提案で実現したセッション。大阪出身のNovelbrightは、先日大阪城ホールでの無観客ライブでメジャーデビューと来年の夏に大阪城ホールでワンマンライブを開催することを発表したばかり。flumpoolと同じように大阪城公園のストリートライブから大阪城ホールを目指し歩んできたバンドだ。おそらく山村はそんな彼らにシンパシーを感じているのだろう。若き日の自分たちを重ねて見ているところもあるのかもしれない。
「僕らの弾き語りが2020夏の思い出になってくれたら」と、選曲はフジファブリック「若者のすべて」。当日初めて音合わせをしたというが、山村のアコースティックギターの音色に竹中は堂々と伸びやかな歌声を乗せていく。山村がボーカルをとるパートでは、竹中が繊細なハモリも聴かせた。ラストパートではお互いの目を見つめ微笑み合いながら声を重ねた。このセッションを通して2人の間に確かな絆が芽生え、特別な思いが受け継がれていくのを感じた。大阪が生んだ2人のボーカリストの美しいハーモニーが、故郷の夏の終わりの夜空に響いた。
緑黄色社会
続いてのステージは緑黄色社会。先日『802 BINTANG GARDEN』番組内でメンバーが特別に制作したFM802ジングルをSEにして登場。超強力なキラーチューン「Mela!」からのスタート。一瞬にして華やかなリョクシャカワールドに連れて行かれる。
緑黄色社会
長屋晴子の突き抜ける歌声とライブならではの臨場感のあるアレンジで引き込んだ後、長屋がギターを手に取り疾走感のあるナンバー「スカーレット」に流れ込んだ。MCでは前日のラジオ出演で山村が「ライバルのよう」と発言したことが嬉しかったと話し、同じステージに立てる喜びを噛み締めた。その後、開けていくサウンドの「夏を生きる」からエモーショナルな「Shout Baby」と続ける。キーボードはカラフルな音を添え、リズム隊がしっかりとしたテクニックで支える。5つの音が長屋の歌と絶妙に融合し、見事なサウンドスケープを生み出している。
緑黄色社会
小林壱誓(Gt.)が「必ずまたライブハウスで会おうという約束の歌を置いていきます」と宣言すると「Brand New World」を演奏。スケール感のある歌で明日に繋がるエネルギーを届けた。長屋のしっかりと前を見据えて歌う姿には意思を感じる。
緑黄色社会
そして「sabotage」で長屋がさらにどこまでも伸びていく歌声を堂々披露し、ラストには「あのころ見た光」を高らかに鳴らすと、その多幸感に溢れたエネルギッシュな空間を閉じて、深々とお辞儀をしステージを去った。
再び、転換中の特別企画へ。
続いてはflumpool 阪井一生(Gt.)とKEYTALK小野武正(Gt.)によるパフォーマンスタイム。その名も「かーくん・たーくんショー」。小野の爪弾くアコーステックギターの音色で始まったショー。その上で阪井がしっとりと歌い出したのは、ヒット中のナンバー、瑛人「香水」だ。メロディをお洒落にアレンジしながら気持ち良く歌う阪井。すると小野はコーラスを誇張して歌い目立とうとしたり、突如エレキギターに持ち替えたと思えば椅子から立ち上がりカメラ前に出て行き全身でパフォーマンス。そんな小野を真っ赤な照明が演出し、さながらワンマンショーとなり、阪井の歌とギターを諸共かき消してしまった。演奏を終えると早速「段取りと違う!」「俺映ってた?」「全部もっていかれた」と阪井のツッコミが炸裂した。
2人は昨年末『FM802 RADIO CRAZY』にて開催した特別企画「THE YELLOW MONKEYトリビュートLIVE」にメンバーとして参加したことをきっかけに意気投合。出会ってまだ日が浅いことが信じられないほど、まるで古い付き合いの親友、兄弟、あるいは漫才コンビ(!?)のような最高のかけ合いで楽しませてくれた。
Novelbright
いよいよ最年少Novelbrightの登場だ。竹中雄大の空を切り裂くような歌声に息を飲む「Walking with you」で幕開け。真っ直ぐなギターサウンドに宿るフレッシュなエネルギーで魅了した。続く「おはようワールド」では、力強いビートを刻むねぎ(Dr.)が頭上でスティックを回したり、沖聡次郎(Gt.)はカメラに向けて投げキッスを飛ばしたりと、それぞれが華麗なパフォーマンスで存在感をアピールした。
Novelbright
MCでは竹中が「初めて買ったCDはflumpoolのデビューアルバムだった」など、昔からのflumpoolファンであることを明かしこのイベントに参加できた喜びを幸せそうに語る。その後「夏にぴったりのバラードを」と「夢花火」を演奏。ドラマティックに伸びていくボーカルを分厚いサウンドで支える。「ここから思いっきりロックをしていきたい!新曲やっちゃっていいですか!」とメジャーデビュー曲「Sunny drop」をライブ初披露。爽やかなメロディに竹中の高音が冴え渡るナンバー。これから開けていく彼らの未来を予感させた。
Novelbright
「Morning Light」でも、竹中は終始メンバーに目線を配りながら、またはメンバーの側に寄り肩を叩き微笑みながら歌ったりと、5人から溢れる笑顔から一体となって演奏を楽しんでいる様子が伝わる。
Novelbright
竹中はこれまでのバンドの歴史を振り返り「しんどい悔しい日々もflumpoolの音楽に支えられた」と話し「次は僕らがflumpool先輩のようになりたい」とこの先も自分たちの信じる音楽を届けていく決意を語り、ラストは「拝啓、親愛なる君へ」に全ての思いを乗せて力強く丁寧に歌い上げた。
次なる転換中の企画は「復活!!FM SAKAI」
flumpoolのメンバーが中学生当時、阪井の自宅で山村とともに遊びでラジカセに吹き込んでいたのが始まりのFM SAKAI。ファンクラブで再現したりとファンにはお馴染みの企画が復活。今回はDJ SAKAIの一人喋りでお届けした。山村がDJを務める『FM802 Radio Fields』の過去の放送回でのスタジオの様子を映像で振り返りながら、DJ SAKAIが副音声で分析と解説。山村のDJスタイルに次々と愛あるツッコミを入れながら、最終的には「僕にディレクターをやらせてもらえませんか?」と申し出てオチをつけた。(実現するのだろうか?期待したいところ!)
flumpool
そして最後のステージは、ホストバンドflumpool。高揚感を高める美しいSEが響く中、サポートキーボード磯貝サイモンを加えた5人が登場。ドラムのカウントから突如目の前に壮大なスケールのサウンドが広がる。山村の「いくぜLive pool!」の威勢のいい掛け声とともに始まったのは「NEW DAY DREAMER」。大地を踏みしめるような確かなビートに乗せた山村の真っ直ぐなボーカルと全員での力強いコーラスが、聴く者を勇気付ける。彼らの新しい希望の歌での幕開けとなった。
flumpool
山村が「みなさん見てくれていますか?Live pool最後までよろしくね!」と語りかけると、メンバー全員がステージ中央に集まり息を合わせるようにしてラブソング「two of us」を演奏開始。間奏では山村と阪井が並び肩を寄せて弾ける笑顔で演奏するシーンも見られた。
flumpool
MCでは、Novelbrightがライブ中に何度もflumpoolについて語ったことを受けて「ありがたいけどプレッシャーがすごい」などとトリを飾る緊張感について話すと、若手バンドのフレッシュさを羨み「うちの楽屋は加齢臭がすごい」などと自虐してみせるメンバー達に山村が「そういうのやめよう。フレッシュでいようよ」などと笑いを交えて話し、結成12年らしい貫禄と渋みのあるトークで楽しませた。
flumpool
そして「どんな状況の中でも散ることを恐れずに咲き誇る、そんな今を生きる花のように自分たちも音楽で何かを伝えられたらいいな、そう思ってデビューした」と当時を振り返り、デビュー曲「花になれ」を披露。山村の艶のあるボーカルは瑞々しく、色褪せない名曲で可憐な花を咲かせた。続いて、包み込むようなイントロダクションから「証」へ。しっとりとした温もりのあるナンバーを聴かせた後は一転、冷たさを纏った「素晴らしき嘘」へと繋げた。赤いドラマティックなライティングの中、阪井のダイナミックなギターソロも冴え渡った。そしてこのクールな空気を打ち破るように8ビートが響き始めると「星に願いを」に突入。山村は<わかってたんだ 幸せってさ>のフレーズに特に力を込め、画面の向こう側の観客の目を見て語りかけた。フルコースとも呼べるような彼らにとっての重要曲を集めたセットリストで、今のflumpoolの「Real」を証明してみせた。
『FM802 Livepool ON LINE!!』
その後スペシャルセッションへ。山村の呼び込みで、各バンドを代表してボーカリスト達が登場。「このコロナ禍だからこそ、人に届けたい。目の前の人に届けたい。だからこの曲をみんなで歌いたい」と全員で「君に届け」を歌唱。それぞれのボーカリストのカラーと持ち味が活かされた素晴らしいセッションとなった。彼らの信じる音楽が「君に届いた」瞬間だった。今だからこそ音楽から届けられるものを、今だからこその方法で私たちは受け取ることができたように思う。
『FM802 Livepool ON LINE!!』
現在、イベントオフィシャルグッズのTシャツとタオルを通信販売中。なお、この日のライブ音源は今週8月29日(土)21:00からの「FM802 Radio Fields」で一部オンエア予定。
配信を見た方も、見られなかった方も、再びラジオからイベントの熱量を感じ取ってほしい。
文=深町絵里 撮影=渡邉一生、小川星奈(FM802オフィシャル提供)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着