プロデューサー/ビートメイカーが謎
の部屋よりライブ配信する『HOMEWOR
K PROGRAM』 次回はKΣITO登場

4月より突如スタートした新たな配信プログラム『HOMEWORK PROGRAM』が5月15日(金)21時より配信される。
『HOMEWORK PROGRAM』は、謎の部屋の中で行われるプロデューサー/ビートメイカーによるライブ配信プログラム。課されたホームワーク・キーワードをアーティストたちがそれぞれ解釈し、ライブ・パフォーマンスを披露する様子を毎週不定期で配信。これまでにpavilion xool、荘子it(DosMonos)、SUNNOVA、Quarta330、PARKGOLFが出演を果たしている。

運営は5月末に開催予定だった『CAVE TOUR2020』チームを中心に構成され、映像ディレクターは Rai Hashimoto(http://instagram.com/iitoyo_8) が担当。気鋭のネオン・アーティスト、 taisho ichikawa(https://www.instagram.com/taisuou/) の作品を演出として使用し、ロゴは GraphersRock(http://graphersrock.com/) こと岩屋民穂が手がけている。

第6回目となる今回は、東京発の“Gqom”パーティ『TYO GQOM』の主催や、テンテンコとのユニット・幡ヶ谷ちっちゃいものクラブ、7人組テクノ・ユニット・テクノウルフのメンバーなどでも知られるKΣITOが登場。AKAIのパッドを用いてビートをリアルタイムに打ち込むスタイルで知られる彼が、ホームワーク・キーワード「Tradition」を独自に解釈したパフォーマンスを行う。
KΣITO
【配信情報】

『HOMEWORK PROGRAM DAY.4』

日時:2020年5月15日(金) 21:00〜
配信URL: HOMEWORK PROGRAM YouTubeチャンネル(https://youtu.be/JS6ZuS9U5VQ)
出演:
KΣITO

■HOMEWORK PROGRAM: YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCWmXyRai0iTv-UMsDl2vvGQ) / Twitter(https://twitter.com/HW_PROGRAM_CAVE)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着