学園ラブコメのバイブル!「とらドラ!」を観なきゃ人生損してる!

学園ラブコメのバイブル!「とらドラ!」を観なきゃ人生損してる!

学園ラブコメのバイブル!「とらドラ
!」を観なきゃ人生損してる!

「とらドラ!」とは?

画像引用元 (Amazon)
アニメ『とらドラ!』の原作は、竹宮ゆゆこによるライトノベルです。
イラストはヤスが担当、アニメのプロデューサーにも名を連ねている湯浅隆明が、担当編集者です。
2006年から2009年にかけて電撃文庫(メディアワークス及びアスキー・メディアワークス)より本編全10巻、スピンオフ『とらドラ・スピンオフ!』全3巻が刊行されました。
恋愛や家族関係など、それぞれに悩みを抱えた高校生たちの学生生活を描いたラブコメディ。2007年にはライトノベルアワードのラブコメ部門賞を受賞しています。
メディア化として、2007年7月に漫画化、2008年9月にインターネットラジオ化、2008年10月にテレビアニメ化され、ドラマCDやゲームも発売されました。
これぞ青春!これぞラブコメ!
画像引用元 (Amazon)
偶然から、お互いに相手の親友が好きだと気づいた、大河と竜児。
可愛らしい容姿とは裏腹に、凶暴な性格で敬遠される逢坂 大河(あいさか たいが)。
ナイーブなのに、目つきの凶暴さから敬遠される「高須 竜児」(たかす りゅうじ)。
「お互いの恋を応援する共同戦線」を張った2人は、ほぼ四六時中一緒にいるようになります。
しかし、2人の恋愛作戦は、いつも空回りとトラブルを巻き起こしてしまいます。
青春時代の心の葛藤が描かれ、学園ラブコメディーらしい魅力にあふれている『とらドラ!』。
主人公・大河と竜児の恋愛を軸に物語が展開されますが、その他にも友人関係や家族関係など、様々な要素が含まれています。
周囲の印象と本当の自分、友情と恋愛、恋から愛へと変わる想い、自分を捨てた父親への想いを乗り越える姿など、成長していくキャラたちの姿が描かれているのです。
演出はコミカルで面白く、終盤は怒涛の展開。
コンプレックスを抱えたキャラたちが、傷つきながらも成長する姿は、涙なしには見れませんよ。
等身大の高校生の問題が数多く取り上げられ、胸に突き刺さり、つい夢中になってしまいます。
全24話が、本当にあっという間ですよ。
釘宮病が発生するほどの人気!
画像引用元 (Amazon)
アニメ『とらドラ!』は『とあるシリーズ』を手掛ける、J.C.STAFFがアニメーション制作を担当。
監督が『とある科学の超電磁砲T』を手掛ける長井龍雪、シリーズ構成が『荒ぶる季節の乙女どもよ。』を手掛けた岡田麿里。
キャラクターデザインは『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を手掛けた田中将賀が担当しています。
▲「とらドラ! Complete Blu-ray BOX」CM
≪キャスト一覧≫
逢坂大河:釘宮理恵
高須竜児:間島淳司
櫛枝実乃梨:堀江由衣
北村祐作:野島裕史
川嶋亜美:喜多村英梨
釘宮理恵を愛する熱狂的なファンが発症するという「釘宮病」。
その中でも、この『とらドラ!』の逢坂大河にメロメロにされた者は「釘宮病 ti型ウィルス」と言われているそうです。
OP「プレパレード」は中毒曲!
画像引用元 (Amazon)
アニメ『とらドラ!』最初のOP主題歌『プレパレード』は、作詞が渡邊亜希子、作曲は大久保薫、編曲は鈴木光人が担当。
歌っているのは逢坂大河・櫛枝実乃梨・川嶋亜美(釘宮理恵・堀江由衣・喜多村英梨)です。
軽快なテンポ、ピコピコした電子音とメタリックな変声音に、早口言葉のような歌詞。
耳から離れない中毒性がありますね。
フレーズごとに3人の声優がヴォーカルを分け合うというスタイルもいいです。
のちに「サビのあまりの早口に苦労した」と釘宮理恵は語っていますよ。
プレパレード 歌詞 「逢坂大河(釘宮理恵)・櫛枝実乃梨(堀江由衣)・川嶋亜美(喜多村英梨)」
https://utaten.com/lyric/yb19071809
ED「バニラソルト」は大河の想い!
画像引用元 (Amazon)
アニメ『とらドラ!』のED主題歌『バニラソルト』は、作詞がSatomi、作曲がFunta7、編曲が中塚武
歌っているのは、声優でありアーティストでもある堀江由衣です。
▲【「BEST ALBUM」9月20日発売!】 「バニラソルト」/堀江由衣 コメント
テクノポップなメロディに、透明感のある美しい歌声が耳に残りますね。
歌詞は、ツンデレ。
好きな気持ちに素直になれない、天邪鬼な女の子の心が歌われていて、『とらドラ!』のヒロイン大河にピッタリの歌です。
バニラソルト 歌詞 「堀江由衣」
https://utaten.com/lyric/jb50909163
心を打つ名曲ED「オレンジ」!
画像引用元 (Amazon)
アニメ『とらドラ!』2つ目のED主題歌『オレンジ』は、作詞が渡邊亜希子、作曲がFunta3、編曲は橋本由香利が担当。
歌っているのは逢坂大河・櫛枝実乃梨・川嶋亜美(釘宮理恵・堀江由衣・喜多村英梨)です。
『オレンジ』は、「平成アニソン大賞」で「選考員泣きの1曲」に選出されました。
タイトルの『オレンジ』は、竜児のイメージカラー・オレンジを意味しているのでしょう。
誰がどの歌詞を歌っているのかを確認しながら聞くと、心に響いて切なくなります。
「やっぱりそういう気持ちだったんだ」と、聴いているだけで思わず涙しますよ。
3人の歌声も美しく、『とらドラ!』を代表する名曲です。
オレンジ 歌詞 「逢坂大河(釘宮理恵)・櫛枝実乃梨(堀江由衣)・川嶋亜美(喜多村英梨)」
https://utaten.com/lyric/yb19071808
人気は続くよ、どこまでも
画像引用元 (Amazon)
『とらドラ!』は、原作終了から10年以上たっても、衰え知らずの人気ぶり。
作画・絶叫による、漫画・最新刊の第9巻は、2019年6月に発売されました。
原作小説だけでなく、アニメオリジナルのストーリーも漫画化されているのがいいですね。
また、プレイマットやZIPPO、モバイルバッテリーなどのグッズも販売されています。
まだまだ『とらドラ!』から目が離せません。

TEXT 有紀

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着