山野楽器<ぎんざ演歌まつり>伍代夏
子がトリで出演、軽妙なトークと名曲
の熱唱で魅了

10月16日、東京・銀座の山野楽器本店にて<山野楽器 元祖“ぎんざ演歌まつり2019”秋の部>が開催された。一定期間(8月6日から9月20日)に山野楽器で演歌・歌謡曲商品を購入した人の中から抽選で選ばれた100名の演歌ファンが観覧者として集まった。出演歌手は、松尾雄史、樋口侑希、石原詢子伍代夏子の4組。

ここでは、トリを務めた伍代夏子のコンサートの模様を紹介する。会場では、CDを購入すると色紙とクリアファイルのプレゼント、新曲「暁」(2019年2月発売)の購入者には、色紙とクリアファイルに加えて「暁」ポスターのプレゼント、2,500円以上の購入ごとにサイン入りポスター(先着20名)がプレゼントされるという嬉しい特典付き。会場は、多くの立ち見が出るほどの超満員。舞台袖に伍代の姿が微かに見えただけで、会場には大きな拍手と「なっちゃん!」という興奮気味の声援が起こる中、一曲目の「金木犀」が披露された。「金木犀」は、伍代の24枚目(2006年1月発売)のシングル。「♪路地にこぼれる 金木犀の香り揺れる」と、この季節にぴったりの選曲で、ぐっと観客を引きつける。

“日常生活の話”、“台風の話”、そして、“趣味の話”といった軽妙なトークの後、「私のコンサートはだんだんこういう傾向になってきています(笑)」と伍代。「私、ぐい呑みや切り子を集めているんです」と語りつつ、次の曲「ひとり酒」に流れるようなスムーズさでつなげる。「ひとり酒」は、伍代の7枚目(1994年1月発売)のシングル。「♪女のしあわせ お猪口についで チビリチビリ チビリチビリ」と歌う、その仕草に円熟味が増した色香が漂う。そのまま続けて、伍代の33枚目のシングル「矢車草〜やぐるまそう〜」(2014年9月発売)を披露。歌い終わって、声援が上がった方向へ手を振る仕草も可憐である。トークでは、「カラオケの上達法の1つとして、自分の歌を録音して聴くと良いんですよ」という話題から、「オレオレ詐欺の犯人は録音されるのを嫌うんです。証拠で残るから。“録音します”というメッセージが流れる電話が今、あるんです。また、遠くに暮らす家族と一週間に一回でもいいから電話で話す機会があると詐欺にひっかかりにくくなります」という話につなげて注意を促す場面も。伍代は2018年より、オレオレ詐欺の被害を防ぐために芸能人が結成したグループ「ストップ・オレオレ詐欺47」(SOS47)のメンバーとしても活動中。伍代の夫・杉良太郎や、乃木坂46もメンバーである。「私のコンサートは、覚えて帰ることがたくさんあります」と伍代が言う通り、見聞が広がる時間だ。

4曲目と5曲目は、2曲続けてご当地ソングを披露。4曲目は、伍代の35枚目のシングル「肱川あらし」(2017年1月発売)、5曲目は、伍代の11枚目のシングル「鳴門海峡」(1996年4月発売)。「肱川あらし」は、10月頃から3月頃まで、晴天の日に、愛媛県の南西部に流れる肱川の河川沿いに霧を伴った強い風が吹き抜ける現象「肱川あらし」をモチーフにした曲。「鳴門海峡」は、観光スポットとしも有名な、淡路島と四国の大毛島・島田島の間にある海峡「鳴門海峡」をモチーフにした曲。伍代は、この2曲のご当地ソングを披露した後、「この2曲、被災した地域で歌いにくいんです。私の歌って明るい応援歌がないんですよ。どうしても暗いことを連想する曲が多くて。私、台風(19号)が来た12日、宮城県の気仙沼にいたんです。被災地支援をずっとして参りまして、毎年訪れております。そこでも『鳴門海峡』を歌うのに苦しくなるんですね」と明かした。「ですけど、地元の方が、“なっちゃん、気にしないでどんどん歌ってください。私達も聴きたいから”と言ってくださって、ちょっと勇気が出るんですけども、そんな皆さんのところでも歌える歌を、と思って作っていただいた曲が『暁』です。しみじみと背中を押す曲ではなく、“ぐずぐずしなさんな、とにかく歩き出そうよ!”そういうメッセージです」と呼びかけ、最後は、新曲「暁」を熱唱。情感を込めた歌いぶりに伍代の美しさがいっそう映え、ドーンと背中を押されたように強気になれる迫力溢れる名曲だ。「ありがとうございました!」と去る伍代に大きな拍手と声援が贈られ、トリを飾るにふさわしいステージとなった。

取材・文:仲村 瞳
2019年2月6日発売
MHCL-2797 / 1,300円(税込)
[ 収録楽曲 ]
01. 暁
02. いつか雨上がる
03. 暁(オリジナル・カラオケ)
04. 暁(半音下げ オリジナル・カラオケ)
05. いつか雨上がる(オリジナル・カラオケ)
06. いつか雨上がる(半音下げ オリジナル・カラオケ)

<山野楽器 元祖”ぎんざ演歌まつり20
19”秋の部>

日程:10月16日(水)、24日(木)、28日(月)、29日(火)、30日(水)、31日(木)
会場:東京・山野楽器 銀座本店 7FイベントスペースJamSpot
商品購入者応募抽選による招待制イベント(※応募終了)
出演:
10月16日(水):松尾雄史 / 瀬口侑希 / 石原詢子 / 伍代夏子
10月24日(木):こおり健太 / 山川豊 / 森山愛子 / 岩佐美咲
10月28日(月):津吹みゆ&羽山みずき / 松前ひろ子 / ハン・ジナ / 北川大介
10月29日(火):うさぎ組(永井みゆき上杉香緒里山口ひろみ) / KANA / 真田ナオキ
10月30日(水):水田竜子 / 椎名佐千子 / パク・ジュニョン
10月31日(木):門松みゆき / 走裕介 / 多岐川舞子 / 若山かずさ

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着