【ライブレポート】back number、ア
リーナツアーに幕「なんか魔法にかか
るよね」

back numberが9月20日、沖縄・沖縄コンベンションセンター展示棟にてアリーナツアー<NO MAGIC TOUR 2019>のファイナル公演を行なった。
3月に発表した最新アルバム『MAGIC』を携え、4月20日静岡・エコパアリーナからスタートした本ツアーは、2018年のドームツアーを上回る、自身最大規模のツアーとして行なわれたもの。35公演で約35万人を動員し全公演即日ソールドアウトを記録した。本来は沖縄・沖縄コンベンションセンター展示棟でのファイナル公演を9月21日に予定していたが、台風17号の接近による悪天候のため中止となり、9月20日がファイナル公演となった。

  ◆  ◆  ◆

ステージを覆う薄い紗幕に映画のオープニングのような映像が流れ始めると、満杯の会場に自然と拍手が沸き起こった。“back number NO MAGIC TOUR 2019”の文字が映しだされると突然幕が落ち、同時に1曲目から意表をつく激しいナンバー「大不正解」で本格的にライブが幕を開ける。両サイドの巨大モニターと激しい照明で一気にフルスロットルだ。「ARTIST」「MOTTO」とシャープでアグレッシブな曲を立て続けに演奏しメンバーと会場のテンションを一気に上げた。
息も整わないうちに清水依与吏(Vo&G)が「back numberです。よろしくお願いします。<NO MAGIC TOUR 2019>来てくれてありがとうございます。もう発表したから知ってる人もいると思うんですが、明日本来ならば<NO MAGIC TOUR 2019>ツアーファイナルになる予定だったんですが、明日中止ということで。結果的に今日がツアーファイナルになったっていうことで。ツアーの一日全部を同じように命がけでやってきたから1曲1曲大事にするさまを、いつも通り今日の分一生懸命やるんでそれを見てどうか楽しんで帰ってください。今日はよろしくお願いします」とあいさつ。続く「泡と羊」では会場が一体となって笑顔で揺れ、この季節にピッタリなかわいらしい曲「サマーワンダーランド」では恋人との夏の思い出をイメージする映像が映し出され、さらに曲に彩を加えていた。
アルバムに先行してヒットしたシングル曲「オールドファッション」をシンプルな映像と照明で聴かせた後、雨の音が会場に響き清水の独り言のような歌から「雨と僕の話」「思い出せなくなるその日まで」と、どっぷりとback numberの世界に浸らせる。ステージの映像と照明、演奏で楽曲の世界を表現しながら「ロンリネス」「エキシビジョンデスマッチ」「003」「SISTER」とロック色の強い曲を披露。メンバーがロンドンを散策する映像から「monaural fantasy」へと続き、「あかるいよるに」では『MAGIC』のジャケットから時間が逆戻りしたようなキラキラが会場を覆いつくした。
「1本1本のライブがステージに上がるのが、これは俺にとって大事だよと、気づけているから震える。まだまだ緊張を楽しめたりとか逆境を糧にとかそんなかっこいい奴じゃないんだけど、多分こうやってこれからも震えながら、こうやってやってくんだなって思います」と話し、「電車の窓から」へ。後半もアルバム『MAGIC』の曲とそれ以前の曲を織り交ぜたセットリストで「HAPPY BIRTHDAY」「瞬き」、最後は「スーパースターになったら」で本編を終了した。

アンコールに応えたメンバーは、おそろいのツアーTシャツに着替えて再登場。栗原寿(Dr)が「誰一人魔法は使えないんだけどこれだけの人が集まるとなんか魔法にかかるよね。すごくいいツアーを回らせてもらって、最後の場所がここでほんとに良かったなと思いました」と語る。清水が「どのタイミングでどの曲かわからないけど見つけてくれてありがとう。今日ここにいたことを自慢になるようなバンドになって帰ってきます。これからもよろしくお願いします。ありがとうございます」と伝え「ハッピーエンド」、支えてくれている人への感謝の歌「手紙」を演奏し終わると全員でステージに並び、「これにて<NO MAGIC TOUR 2019>全行程を終了しました。ありがとうございました」と深く深くお辞儀をして、名残惜しそうにステージをあとにした。
撮影◎佐藤祐介(写真:8月24日大阪・大阪城ホール公演)

<back number NO MAGIC TOUR 2019> セットリスト

01.大不正解
02.ARTIST
03.MOTTO MC
04.泡と羊
05.サマーワンダーランド
06.オールドファッション
07.雨と僕の話
08.思い出せなくなるその日まで
MC
09.ロンリネス
10.エキシビジョンデスマッチ
11.003
12.SISTER
-映像-
13.monaural fantasy
14.あかるいよるに
15.日曜日
MC
16.電車の窓から
17.HAPPY BIRTHDAY
18.瞬き
MC
19.最深部
20.高嶺の花子さん
21.スーパースターになったら
EN1.ハッピーエンド
EN2.手紙

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着