オペラ歌手、プラシド・ドミンゴのセ
クハラ

※大手レコード会社の洋楽部門での豊富な経験を持つ筆者によるブログ「洋楽天国」提供記事をお届けします。
オペラ歌手、プラシド・ドミンゴのセクハラ
世界的なオペラ歌手のプラシド・ドミンゴ(78歳)から長期間にわたってセクハラを受けていた8人の女性シンガーと1人のダンサーが告発したとAP通信が伝えた。
80年代の後半から始まったという。仕事をちらつかせて、性的な関係を持つよう、女性達に圧力をかけたそうだ。ドミンゴのセクハラは「オペラ界では有名だった」という。AP通信にドミンゴは、「今と過去では基準が異なる」と答えている。
一オペラ歌手ならまだしも、ドミンゴは2011年からIFPI(国際レコード産業連盟)の会長を務めている。IFPIは全世界のレコード会社が参加する非営利団体。このまま何事も無かったではすまないだろう。
>>2019年8月14日「洋楽天国」より

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。