The Wisely Brothers

The Wisely Brothers

The Wisely Brothers、
team “chua”が企画・制作の
「テーブル」MV公開

The Wisely Brothersが7月17日(水)に発売した2ndアルバム『Captain Sad』より、「テーブル」のミュージックビデオをYouTubeに公開した。

このミュージックビデオでは“移りゆく日常のそれぞれの艶やかな生活の輪郭はテーブルの上から始まる”というコンセプトのもと、team “chua”が企画・制作を担当している。

なお、The Wisely Brothersは7月20日(土)に東京・タワーレコード新宿店でインストアイベント、7月21日(日)に東京・原宿ストロボカフェで『The Wisely Brothers Captain Notes day 1 with DRAWING AND MANUAL「あなたの音を聴かせて 手作り楽器編」』を開催する。詳細はオフィシャルHPまで!

「テーブル」MV

アルバム『Captain Sad』2019年7月17日発売

【ライブ情報】

■『2ndアルバム「Captain Sad」リリース記念イベント』
7月20日(土) 東京・タワーレコード新宿店 10Fイベントスペース
8月03日(土) 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
8月11日(日) 愛知・タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
内容:アコースティックミニライブ&サイン会

■『The Wisely Brothers Captain Notes day 1 with DRAWING AND MANUAL「あなたの音を聴かせて 手作り楽器編」』
7月21日(日) 東京・原宿ストロボカフェ
<ワークショップ>
受付 15:30 / 開始 16:00 (2時間程を予定)
講師:DRAWING AND MANUAL
<ライブ>
受付 18:00 / 開演 18:30
<チケット>
ワークショップ+ライブ: 前売 ¥3,000 / 当日¥3,500(ドリンク代別途)
ライブのみ:前売¥2,500 / 当日¥3,000(ドリンク代別途)

■『The Wisely Brothers Captain Notes day 2 with Cow and Mouse & mimoe & mt school
「あなたのモビール飾らせて マスキングテープ編」』
8月10日(土)兵庫・神戸HOTEL KITANO CLUB
<ワークショップ>
受付 15:30 / 開始 16:00(2時間程を予定)
講師:mimoe
<ライブ>
受付 18:30 / 開演 19:00
<チケット>
ワークショップ+ライブ:前売¥3,000 / 当日¥3,500(ドリンク代別途)
ライブのみ:前売¥2,500 / 当日¥3,000(ドリンク代別途)

■『The Wisely Brothers「Captain Sad Tour」 』
9月19日(木)愛知・名古屋Vio
Guest:Special Favorite Music / and more
9月20日(金)大阪・大阪CONPASS
Guest:Special Favorite Music / and more
9月29日(日)東京・新代田fever
Guest:2 / Special Favorite Music

<チケット>
前売:¥3,000 / 当日:¥3,500 (ドリンク代別)

The Wisely Brothers
アルバム『Captain Sad』
ディスクユニオン限定 オリジナルエプロン

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着