宮沢和史がプロデュースする音楽イベント、ペルーで初の海外公演

宮沢和史がプロデュースする音楽イベント、ペルーで初の海外公演

THE BOOM宮沢和史がプロデュースする
音楽イベント初の海外公演、ペールで
大盛況

宮沢和史がプロデュースする音楽イベント『NIPPONIA』初の海外公演が、11月11日(現地時間)にペルー・リマの日秘劇場で開催された。
現地のペルー人ミュージシャンを集め、この日のために結成されたスペシャルバンドとともに、宮沢、アルベルト城間(ディアマンテス)、エリック(アルマカミニイト)、大城クラウディアの4人のボーカリストが「風になりたい」や「島唄」をはじめとした20曲以上の楽曲を披露し、超満員の会場を大いに沸かせた。


帰国後は、今年3月から続けている全県ツアー『寄り道四十七次〜花鳥風月〜』の最終10公演に臨む宮沢和史。
“花鳥風月”というテーマのもと、4つの異なるステージを展開しているこのツアー、弾き語りによる「月」公演に加え、12月8日 茨城はピアニストの塩谷哲、23日 埼玉は宮沢が敬愛する仲井戸“CHABO”麗市をゲストに迎えた「花」公演を行う。年明け1月3日 栃木はツアー唯一の「鳥」公演をピアニストの鶴来正基、土屋礼子カルテット(ストリングス)とともに、ツアーファイナルとなる千葉公演にはTHE BOOMの栃木孝夫、山川浩正、小林孝至もゲスト参加する。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』