【ビッケブランカ】『Take me Take out TOUR 2017』
    2017年5月25日 at TSUTAYA O-WEST

    各地でゲストを迎えた東名阪ツアー。ファイナルとなる東京公演のゲストはビッケブランカ曰く“好きなアーティストは他にもいるけど、彼らには特別な敬意みたいなものを感じている”という人気上昇中の4人組、BRADIOだった。ファンキーなパフォーマンスで満員の観客にステップを踏ませた、その彼らから観客の気持ちを奪い返すため、ビッケブランカは1曲目の「Moon Ride」(新曲)からぶっ飛ばした。ちなみにバンドの衣装は『Slave of Love Tour 2017』の囚人服風から、料理長とコックとウェイトレスと皿洗いを意識したものに。ファルセットを交えた力強い歌声を武器にファンキーなポップナンバーを畳み掛け、序盤からぐいぐいと盛り上げて観客も大喜びだ。まだまだ荒削りなところはあるものの、ピアノを連打したかと思えば、マイク片手にステージを飛び回るハイテンションかつエネルギッシュなパフォーマンスの勢いが今は頼もしい。中盤、切ないバラードの「SPEECH」と「ソロー*ソロー」をじっくりと聴かせると、新しいライヴアンセム「Take me Take out」から再びテンポアップ。真骨頂と言える「Slave of Love」を含むアンセムの連打に観客は狂喜しながら声を上げる。そして、本編最後の「ファビュラス」では歓喜に満ちたシンガロングが客席全体を包み込み、アンコールではBRADIOと「Take me Take out」をセッションして、ダメ押しで客席を沸かせた。全曲がキラーチューンの1時間。それはソングライティングのポテンシャルの高さを、改めて実感させるものであった。

    撮影:星野健太/取材:山口智男


    セットリスト

    1. 1.Moon Ride
    2. 2.ココラムウ
    3. 3.追うBOY
    4. 4.Bad Boy Love
    5. 5.Natural Woman
    6. 6.SPEECH
    7. 7.ソロー*ソロー
    8. 8.Take me Take out
    9. 9.アシカダンス
    10. 10.Slave of Love
    11. 11.ファビュラス
    12. <ENCORE>
    13. Take me Take out
    ビッケブランカ プロフィール

    ビッケブランカ:1987年11月30日愛知県生まれ。美麗なファルセットヴォイスと緻密なコーラスワークを独創性に富んだ楽曲に昇華させ、ポップとロックの間を自在に行き来する、新しいタイプのシンガーソングライター。人懐っこいキャラクターと爆発的な瞬発力でドラマチックに展開されるライヴも高く評価され、メジャーデビュー後の全国ツアーは全カ所ソールドアウトするなど、注目度が高まっている。“ビッケブランカ”とは“純真無垢な下っ端の海賊”という意味を持つ。ビッケブランカ オフィシャルHP

    0コメント