【BUCK-TICK】『TOUR2013 COSMIC DR
EAMER』2013年2月26日 at 赤坂BLITZ

撮影:MASA /取材:ジャガー

 2012年はメジャーデビュー25周年イヤーとして、これまで以上に精力的な活動を行なってきたBUCK-TICK。さらなる飛躍へ向け、1月から開催されてきた “TOUR 2013 COSMIC DREAMER”と題されたツアーも残すところあとわずか。バンドのモチベーション高く、情感たっぷりに紡がれるライヴには毎度感銘を受ける。
  「きらきら星」の音色が鳴り響くと、宴の始まりとあって色めき立つ場内。今宵の幕開けを告げたのは「キラメキの中で・・・」。漆黒のファーと仮面が飾り付けられたマイクスタンドに絡みながら、熱っぽく歌い上げる櫻井敦司(Vo)。スリリングなロックサウンドを紡ぐ「LADY SKELETON」での今井 寿と星野英彦の2本のギターの共鳴に高揚し、楽曲を支える樋口豊(Ba)とヤガミ・トール(Dr)のキレのあるリズムに惚れ惚れする。櫻井が不敵な笑みを浮かべて、“(自身のハートを指して)ここじゃないだろう、(下半身を指して)ここだろ?”と挑発しての「エリーゼのために− ROCK for Elise −」では、強靭さと浮遊感を併せ持った同曲に吸い込まれていった。櫻井が位置するステージ中央の頭上から大雨が降りしきり、歌詞の通り“雨に撃たれた”状態で披露された「残骸」。そして、エッジの効いたロックチューンからミストのような雨に変わるとムーディーな「夜想」へ。一体感を生み出すだけでなく、結び付きをいっそう強固なものへと変えた「BOLERO」のハートウォーミングなひと時も印象深い。最後は“悪い夢も、良い夢も見て…”と締め括り、今井が「きらきら星」のフレーズを奏で、「夢見る宇宙」へと想いを託した。 

セットリスト

  1. キラメキの中で・・・
  2. LADY SKELETON
  3. ONLY YOU − WE ARE NOT ALONE −
  4. エリーゼのために− ROCK for Elise −
  5. 人 魚− mermaid −
  6. Lullaby-III
  7. 絶界
  8. 残骸
  9. 夜想
  10. SANE − type Ⅱ−
  11. BOLERO
  12. MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜
  13. CLIMAX TOGETHER
  14. 夢見る宇宙
  15. <ENCORE1>
  16. INTER RAPTOR
  17. 禁じられた遊び− ADULT CHILDREN −
  18. Alice In Wonder Underground
  19. <ENCORE2>
  20. スパイダー
  21. 君のヴァニラ
  22. Ash-ra
BUCK-TICK プロフィール

日本のロック・シーンが急激に加速し始めた1980年代中頃から活動を続けるワンアンドオンリーなロック・バンドで、現代のアーティストたちにも多大な影響を与え続けている。1985年に結成。自主制作盤の発表やライヴ活動を経て、87年9月にライヴビデオ『バクチク現象 at LIVE INN』でメジャーデビューを果たし、11月にアルバム『SEXUAL×××××!』を発表。89年1月にリリースされた3rdアルバム『TABOO』は、オリコン週間チャート1位を獲得。“バクチク現象”が起きる中、バンドは名実共にトップ・アーティストへ。同年12月には、東京ドームでライヴを敢行し、43,000人を動員する。90年2月、4thアルバム『悪の華』を発表。耽美的な世界観が一気に開花したこの秀作は、オリコンチャートで週間1位に輝く。以降もコンスタントにアルバムをチャート上位に送り込み、ファンを獲得していく。2007年9月には、初となる主催大型ロック・イベント『BUCK-TICK FEST 2007「ON PARADE」』を横浜みなとみらい・新港埠頭特設野外ステージで開催。2012年、不動のメンバーでデビュー25周年を迎え、新レーベル<Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)>を設立。7月にトリビュートアルバム『PARADEⅡ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』を、9月にアルバム『夢見る宇宙』を発表。さらに9月には、トリビュート・アルバムに参加したアーティストと共に『BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE』を千葉ポートパーク内特設ステージにて開催。2013年6月には、デビュー25周年を記念したドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~』を公開する。2013年12月、14年連続となる日本武道館公演を達成。2014年6月、19枚目のアルバム『或いはアナーキー』をリリース。独特なポップ・センスとダークな世界観を深く掘り下げつつ、インダストリアル・ロックの要素を取り入れるなど、今なお進化は止まらない。BUCK-TICK オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント