2021年12月29日 at 日本武道館

2021年12月29日 at 日本武道館

【BUCK-TICK ライヴレポート】
『魅世物小屋が暮れてから
〜SHOW AFTER DARK〜
in 日本武道館』
2021年12月29日 at 日本武道館

2021年12月29日 at 日本武道館
2021年12月29日 at 日本武道館
2021年12月29日 at 日本武道館
2021年12月29日 at 日本武道館
2021年12月29日 at 日本武道館
2021年12月29日 at 日本武道館
2021年12月29日 at 日本武道館
2021年12月29日 at 日本武道館
2021年12月29日 at 日本武道館
 BUCK-TICK恒例の12月29日の武道館公演が“魅世物小屋が暮れてから〜SHOW AFTER DARK〜 in 日本武道館”と題され、2021年も開催された。昨年7月に無観客配信された『魅世物小屋が暮れてから〜SHOW AFTER DARK〜』をベースにした、この日一回限りの公演だ。10月から予定されていたツアーがギターの今井 寿の怪我により中止になっただけに、通常の公演とは違った期待を抱いてオーディエンスは集まっていたのではないだろうか。そんな想いを受け止めるように会場の最寄駅である地下鉄九段下駅から地上に出る通路で、メンバーがひとりずつ写ったポスターで出迎えてくれた。このサプライズから彼らの“魅世物小屋”は始まっていたのだ。

 この公演は感染対策で15分の換気タイムを挟んだ2部構成で、配信ライヴでも使われたレトロな見世物小屋をイメージしたアニメーションで始まった第一幕は、BUCK-TICKならではの妖しい非日常へ誘(いざな)った。オープニングナンバー「DIABOLO」から暗黒祝祭感満載の「夢魔 -The Nightmare」、エキゾチックな「楽園」と選りすぐりの曲が続き、シャンソニエのように表情豊かな歌の「Lullaby-III」、ハードエッジなギターが刺さる「絶界」と、櫻井敦司(Vo)は伸びやかな歌声としなやかな身のこなしで曲のイメージを膨らませていった。

 さまざまな柄の布をふんだんに使ったゴージャスな衣装に身を包んだ今井はソファに腰掛けたりステッキを手に歩いたりしながら、アグレッシブなプレイでステージを加熱していく。今井が自由に動き回れないのを補うように星野英彦がギターを弾きながら前に進んだり、ベースの樋口 豊が一段高くなった定位置を降りてオーディエンスに近づいたりしていたのも、今井を少しでもサポートしようという気持ちのように思えた。彼らをドラムセットからヤガミ・トールが見守っていた。

 換気タイムは可愛らしいピエロが居眠りをするアニメーションでオーディエンスの気持ちを途切らせない。そのピエロが目覚めて始まった第二幕は荘厳な「BABEL」から最新作『ABRACADABRA』の曲を中心に演奏。櫻井の中性的な歌が蠱惑的な「堕天使YOW-ROW Ver.」、今井との歌の掛け合いで怪しさ倍増の「Villain」、櫻井が歌で妖艶に二役を演じる「舞夢マイム」など現在進行形のBUCK-TICKを見せつける。

 デビュー曲「JUST ONE MORE KISS Ver.2021」、ファンには人気の高い「ICONOCLASM Ver.2021」など4曲は配信ライヴでのアコースティックセットを敷衍したものだが、多彩なアイディアを盛り込んだアレンジがまったく新しいイメージを曲にもたらした。本編最後を華やかな「Alice in Wonder Underglound」で盛り上げ、アンコールには最新シングルの「恋」「Go-Go B-T TRAIN」を披露。そして、“今日は少し変わったかたちでやらせてもらいました。今年のことは忘れて、来年たくさんコンサートができたらいいなと思います”と櫻井。1年振りのメンバー紹介で今井は“お待たせしました。いろいろやらかしちゃうのは今に始まったことじゃないんで(失笑)、これからもよろしく”、星野と樋口は笑顔で手を振り、ヤガミはドラムソロで声援に応えた。最後に櫻井が再び口を開いた。“今日はたくさん集まっていただきありがとうございました。来年はもっといい年になると信じております。一緒に参りましょう。みなさんにとっていい年でありますように”。

 ラストナンバーは「独壇場 Beauty -R.I.P.-」。明るくなった客席とひとつになって5人はフィナーレを飾り、演奏を終え手を振るその姿はいつになくステージを去りがたいように見えた。

 2022年は彼らのデビュー35周年。終演後には前述の配信ライヴ映像のリリース、ヤガミ・トール60th Birthday Live、9月からDEBUT 35th ANNIVERSARYプロジェクトの始動、9月23日&24日の横浜アリーナ公演、10月からの全国ツアー、12月29日の日本武道館公演、そして2023年春には待望のニューアルバムのリリースを予定していることが告知された。

撮影:田中聖太郎/取材:今井智子


セットリスト

  1. 【第一幕】
  2. SE
  3. 1. DIABOLO
  4. 2. 夢魔 -The Nightmare
  5. 3. 楽園
  6. 4. 謝肉祭 -カ-ニバル-
  7. 5. Lullaby-III
  8. 6. 絶界
  9. 7. Living on the Net -Acoustic Ver.-
  10. 8. 光の帝国
  11. 9. ユリイカ
  12. 10. 忘却
  13. 【第二幕】
  14. 1. BABEL
  15. 2. 獣たちの夜
  16. 3. 堕天使 YOW-ROW Ver.
  17. 4. Villain
  18. 5. 舞夢マイム
  19. 6. MOONLIGHT ESCAPE
  20. 7. 形而上 流星 -Acoustic Ver.-
  21. 8. JUST ONE MORE KISS Ver.2021
  22. 9. 唄 Ver.2021
  23. 10. ICONOCLASM Ver.2021
  24. 11. Alice in Wonder Underground
  25. <ENCORE>
  26. 1. 恋
  27. 2. Go-Go B-T TRAIN
  28. 3. 独壇場Beauty –R.I.P.-
BUCK-TICK プロフィール

バクチク:1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続ける。不動であり孤高であるその姿は、後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。89年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。BUCK-TICK オフィシャルHP
Lingua Sounda LABEL SITE
BUCK-TICK オフィシャルYouTubeチャンネル
BUCK-TICK 35周年ティザーサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』